ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年05月29日 (20:13)

来月乳がん手術の麻倉未稀、大ヒット曲「ヒーロー」に励まさる「奇跡を信じないと」


 来月に左乳房全摘手術を行う予定の歌手・麻倉未稀(56)が、29日放送のフジテレビ系「バイキング」(月曜~金曜・前11時55分)にVTR出演し、乳がんの手術への思いを語った。

 4月に番組で人間ドックを受診し、がんが分かった。がんの告知を受けた時は「悪性だとどうなるんだろう。今後の歌手活動に不安がよぎった」という麻倉は、告知後の3日後に自身の大ヒット曲「ヒーロー」を歌う機会があったといい「歌いながら、第3者的に励まされた。奇跡を信じないと、傷ついた時にこそ歌える」と歌うことで前向きになれたと語った。

 「ヒーロー」について「みなさんが励まされるとおっしゃってくれていることを、すごく実感した」。今後は「完治して、完全復帰して頑張りたい」と話し、7月14日に都内のライブレストラン「音倉」で行われる庄野真代(62)とのジョイントライブで復帰予定。
.
スポンサーサイト

2017年05月29日 (20:00)

がんゲノム医療、中核拠点病院指定へ 今年度7施設ほど


 個人の遺伝子情報に基づき最適な治療法を選択するがんゲノム医療について、厚生労働省は29日の有識者懇談会で、実行計画をまとめた報告書案を示した。今年度中に「中核拠点病院」を7施設ほど指定してゲノム医療の普及を促す。

 がんは、細胞の遺伝子変異によって引き起こされる。ゲノム医療でがんの原因となる遺伝子の変異を調べ、最適な薬などを選ぶことで、効果が高く副作用の少ない治療が期待される。ゲノム医療は欧米では国家プロジェクトとして進むが、国内で実施しているのは一部の病院にとどまるという。

 計画は中核病院の要件として、▽遺伝子検査の技術がある▽結果を医学的に評価できる▽遺伝カウンセリングができる――などをあげる。現状は公的医療保険の対象ではない遺伝子検査に保険を適用できるよう、検査機器を優先して薬事承認することを検討する。

 また、全国の病院からデータを集めて分析する「情報管理センター」も新設。効果的な薬や治療法の開発につなげる方針という。(黒田壮吉)
.
朝日新聞社

2017年05月29日 (19:45)

海老蔵 妻・麻央の一時帰宅を報告「おかえり」


歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)が29日、自身のブログを更新し、乳がんで闘病中の妻・小林麻央(34)が一時帰宅したことを明かした。

 海老蔵は「今日実はまお」のタイトルで「帰ってきました 家に おかえり」とつづった。

 午前中には入院先の病院へ出発したことを報告しており、そのまま、医師の許可を得て、2人で帰宅したようだ。

 麻央はしばらく自宅で療養していたが、4月22日に再入院。その際は麻央が「短期間入院することにしました」と報告していたが、その後、体調はすぐれず、体重が減ったことなどを明かしていた。
.

2017年05月29日 (19:25)

過信の怖さ…がん公表の麻倉未稀&中村獅童、「再発」や「転移」気にしながら生きることに

【芸能ニュース舞台裏】

 歌手の麻倉未稀(56)が乳がん、歌舞伎俳優の中村獅童(44)が初期の肺腺がんであることを公表した。

 「麻倉はテレビ番組の企画で5年ぶりに人間ドックを受けて分かったそうです。芸能人は半年に1度受けている人もたくさんいます。それでも初期の段階で見つかった獅童は幸運。初期過ぎるがんは発見するにも医師の腕がいる。いい医師に当たったということです」(情報番組デスク)

 会見で獅童は「がんと闘っていきます」と神妙に語った。

 「驚いたのは、2年前に脳動脈瘤の手術をしていたこと。それでもまだ自分の体に過信がある。今回はさすがに懲りたようで、たばこはやめるようです。父親も胃がんで亡くしていますからね」(前出情報番組デスク)

 いくら初期とはいえ、自分の体質はがんができるんだと突きつけられるのががんの怖さ。麻倉も獅童も「再発」や「転移」を気にしながら生きることになる。

2017年05月29日 (19:09)

小林麻央が退院 1か月ぶりの自宅に「最高の場所」

がんのため闘病中のアナウンサー小林麻央(34)が29日、先月より入院していた病院から、自宅に戻ったことをブログで報告した。

ブログで小林は、花のかんむりをかぶりグラスに注がれたニンジンジュースを手にした写真と共に「退院致しました。皆様、たくさん祈って下さり、ありがとうございました」と報告。喜びをかみしめるように「一ヶ月ぶりの 我が家の香り」とつづった。
.

 これからは在宅医療に切り替え、「自宅で点滴など続けながら、在宅医療の先生、看護師さんそして何より 家族に支えてもらいながら生活していきます」とのことで、「退院前は、これから家族へかけてしまう負担が怖く、退院が近づくたび不安でしたが、やはり我が家は 最高の場所です」と安堵する小林。自宅では母親の介護を受けることになり、「点滴の処置も練習して覚えてくれました」と感謝。ブログの更新時点では、長女の麗禾ちゃん、長男の勸玄くんは公園に出かけており、「早く 会いたい」と胸中を告白した。
.

 一方、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)も同日、ブログで小林の帰宅を報告。隣り合って座る麗禾ちゃんと小林の写真と共に、「2人とも幸せそう、、カンカンはZZZ」と報告している。(西村重人)

2017年05月27日 (19:26)

市川海老蔵、小林麻央に桃「少しの笑顔でも、幸せ」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が26日、ブログを更新し、乳がんで闘病中の妻小林麻央(34)を支えるにあたっての、心構えをつづった。
「支える側としては支える側はより元気に強靭になり支えなければならない!という私の考えです。元気無くなるわけにはいかないし落ち込む暇もない、前向きに何事も取り組むことを日々学ばさせていただいております。日々に感謝」(原文のまま)

 海老蔵は22日のブログに「まおのところへいくと私はお笑い担当なんす笑笑よ笑笑」ともつづっている。

 また海老蔵は26日のブログの中で、妻の病室に桃を持って行ったと報告。「喜んでくれた 嬉しい。ほんの少しの笑顔でも、幸せになれる関係に感謝です」(コメントは全て原文のまま)と妻への思いをつづった。

2017年05月27日 (12:02)

がん切除後の食道狭窄に「細胞シート」 世界初、東京女子医大と沖縄2病院が臨床研究へ


 豊見城中央病院と中頭病院、東京女子医科大学の代表者らは25日、沖縄県庁で記者会見し、早期食道がんで内視鏡手術を受けた患者が食道狭窄(きょうさく)を発症した際、その後の治療過程で生じる裂傷に同大学が開発した「細胞シート」を貼り付ける手法の臨床研究を近く開始すると発表した。細胞シートの再生医療技術による食道がん切除後の食道狭窄に対する研究は世界初のケース。来年5月までに6人の患者を治療し、結果を分析・検討する。

 食道がんを内視鏡手術で切除すると、患部が収縮し食道が狭くなる後遺症が起こりやすい。バルーンと呼ばれる拡張術を施すと、食道に裂傷が生じ、傷が原因で狭窄が再発するケースもあり、拡張術を何度も繰り返す患者も多いという。

 拡張術後にできた裂け目に細胞シートを貼り付けて食道を再生し、狭窄の再発を予防することで患者の負担軽減につながる。今回の研究では患者の口の粘膜から採取した細胞を培養して作ったシートを使う。

 豊見城中央病院と同大学は2015年、再生医療に関する連携協定を締結。国内初の事例として食道再生のための細胞シート培養技術の移転などに取り組んできた。今回の臨床研究に向けては中頭病院への細胞シートの輸送実験のほか、細胞シートを扱う医師の研修などを実施してきた。

 豊見城中央病院の加藤功大・先端医療研究センター長は「当院で作った細胞シートを輸送すれば県内のどこの病院でも治療ができるようになり、県内全体のメリットになる」と話した。東京女子医科大学が開発した細胞シートは心臓、角膜、軟骨などの疾患に対する臨床応用が進んでいる。同大学先端生命医科学研究所の清水達也所長は「食道に関しては新たな試みであり期待している」と話した。

 豊見城中央病院は国家戦略特区制度による再生医療の専用病床が整備されており、同研究は同制度を用いて実施する最初の取り組み。同研究は県の先端医療実用化推進事業の支援を受けている。
.

2017年05月27日 (11:47)

がん患者の「治療と仕事」 実態調査

大規模な実態調査を始める。
国立がん研究センターは、がん患者が、治療と仕事をどのように両立しているかについて、スマートフォンのアプリを使った大規模な実態調査を始めると発表した。
働きながら、がん治療を受ける患者が増加する中、治療の副作用などが、仕事にどのような影響を与えるかは、くわしくはわかっていない。
国立がん研究センターは、スマホのアプリを26日に立ち上げ、がん患者に、その日の体調や勤務時間などを入力してもらうという。
実態を明らかにすることで、治療の見直しや、職場での理解を深めることにつなげたいとしている。
がん患者の就労をめぐっては、自民党の大西英男衆議院議員が、「がん患者は働かなければいい」などと発言し、謝罪した。

2017年05月27日 (11:45)

国立がんセンター、がん治療者の労働生産性を研究するアプリ「がんコル(QOL)」

2人に1人は何らかのがんにかかるといわれている。現在はがんの治療も多様化し、通院しながら治療する人も増えてきているという。しかし、治療開始後の労働生産性やQOLの指標との相関などは明らかになっていない。

 国立研究開発法人国立がん研究センターは5月26日、がん患者の労働生産性を含めた療養状況の実態を把握し、今後の療養の向上に向けて治療開発における指標を構築するための研究を開始すると発表した。

 研究には、iPhoneアプリ「がんコル(QOL)」を使用する。国立がん研究センターが開発したもので、App Storeから無料でダウンロードできる。

 患者がアプリを使って定期的にアンケートに答えることで、がん治療と仕事のパフォーマンスなど、患者の生活の質について実態を明らかにし、療養環境を改善する新たな指標構築を目指す。

 質問は、毎日2分程度、6つの質問に回答すると毎日の体調を記録できる。さらに、毎週、2つの質問に回答すると週単位の労働状況を記録でき、4週ごとに9個の質問に回答すると、月単位の労働状況とパフォーマンスを記録できる。

 質問には、グローバルで使用されている評価ツールを使用。日々の体調には、生活の質の尺度として幅広く用いられている「EQ-5D-5L質問票」を使用する。2週、4週の質問は、世界保健機関(WHO)が公開している「健康と労働パフォーマンスに関する質問紙(WHO-HPQ:短縮版)」を用いて評価する。

 質問に答えることで、アプリ参加者の同じような状態(同年代、同疾患など)の人のパフォーマンスが見られるしくみも入れ込んだ。

 治療中の副作用は、患者さん自身による主観的評価として記録するため、米国国立がん研究所より発行されたPRO-CTCAE日本語版を使用。このPTO-CTCAEは、がんの臨床試験において、通常用いられる有害事象の評価方法に適応し、自己評価に基づく有害事象を測定するためのツールだとしている。

 国立がん研究センターは、この評価を数値化したデータを収集して解析し、研究に活用する。なお、収集データに個人情報は含まない。

 日本では、毎年100万人が新たにがんと診断されており、そのうち約3分の1は就労世代(65歳以下の成人)という。がんの治療と就労の両立は、社会的な課題でもある。

 診断されてから治療を開始し、化学療法や支持緩和ケア、手術などを行う中で、仕事のパフォーマンスはどう変わるのかを調査したデータはまだ少ない。

治療しながら働けるかは、生活の質(QOL)の指標

 このアプリを考案した国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科/先端医療科の近藤俊輔医師は、「外国でも研究しているが十分とは言えないし、経過がわかっているわけではない。アプリを使うことで、いろいろな治療の傾向が分かれば、ひとつ大きな情報」と説明する。

 患者自らがツールを用いて自己評価し、結果を主治医と共有することで、治療にも役立てられるという。「(一般的に医師が診るのは)薬が効いたのか、効かなかったか。副作用に関して自宅での体調も聞くようにしているが、不十分。薬の量を減らした方がいいのか、投与の期間を変えるべきか。そもそもその治療に意義があるのか。新薬の開発で求められるのは安全性と有効性だが、それは本当に患者を幸せにしているのか、多角的に見なくてはいけない」と提言する。
 また、「労働ができているかどうかは生活の質(QOL)の指標なのではないか。(調査によって)いい治療ができているのか、その指標にしたい。がんと就労の問題は社会でも取り上げられている。周りはどうサポートしたらいいのか。どういう状況ならその治療を受けてよかったと言えるのかを投げかけるものになればいい」と語った。

 なお、がんコルは、Appleが医療分野の研究者向けに提供している医学研究のためのAPI「ResearchKit」を用いて作られている。

 アップルによれば、日本は米国に続いてResearchKitを使用したアプリを多く公開している国だという。「アップルがテンプレートを用意することで、デザインやプログラミングに時間をとられず、短い工数で開発できる。見た目的にも統一感のあるアプリケーションに仕上がる」と説明した。

 ResearchKitを用いて作られたものとしては、東京大学が糖尿病患者や予備軍を対象にした調査アプリ「GlucoNote」を出しているほか、順天堂大学はぜんそくやパーキンソン病、インフルエンザなど11の調査アプリがある。

2017年05月27日 (10:07)

大腸がん闘病中の大島氏「癌が小さく」検査結果喜ぶ

大腸がんで闘病中の元日本ハム監督で、プロ野球解説者の大島康徳氏(66)が、CT検査を受け「癌が小さくなってる」との結果が出たことを報告した。
大島氏は27日にブログを更新。先日受けた血液検査とCT検査の結果を主治医から伝えられ、「血液検査は大きな変化なく安定した状態でした。今回変化があったのがCT画像。癌が小さくなってる!って。その他にも癌の形に変化がみられる!って。先生からそう説明を受けました」と報告した。

 その結果に「治療の効果が出てるんだ!と、気持ちが明るくなりました」と大島氏。「応援だったり、共感だったり 癌の先輩方のアドバイスだったり、皆さんからのコメントに励まされていることを、日々感じています。皆さん本当にありがとうございます」と感謝した。
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ