ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2014年03月18日 (19:50)

癌ではない方へ

ここ数十年、いくつかの新しい抗がん剤や、サイバーナイフなどの新しい放射線治療が出てきておりますが、
まだまだ5年生存率の大きな改善などには至っていないのが現状です。
活性リンパ球療法、ウイルス療法などの治療法も余命改善を裏付けるようなデータはなく
あくまでもQOLの改善程度の実績しかないのが現状です。
遺伝子治療などは臨床試験を考えると10年以上先になるのは確実と見られているため、
あまり現実的ではありません。
まずは癌にならないように、早めの検査、食生活の見直し、生活習慣の見直し、ストレス、環境などを注意することが必要です。
スポンサーサイト
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2013年01月01日 (18:09)

フコイダン療法

  適応の癌
ほぼ全ての固形癌に適応


海藻から抽出されたヌルヌル成分。がん細胞だけを選択的にアポトーシスすると言われています。
正常細胞にはダメージを与えないため副作用無く、病院とと治療も平行して行うことができます。
機能性食品では、代替医療の場では今、最も注目を浴びています。


関連ページ
http://solweed.jp
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2013年01月01日 (18:09)

フコイダン療法

 適応の癌
ほぼ全ての固形癌に適応


海藻から抽出されたヌルヌル成分。がん細胞だけを選択的にアポトーシスすると言われています。
正常細胞にはダメージを与えないため副作用無く、病院と治療も平行して行うことができます。
機能性食品では、代替医療の場では今、最も注目を浴びています。
抗がん剤の副作用を軽減したり、単独でガンが縮小したという声もあります。


フコイダン療法の解説ページ
http://solweed.jp


導入病院
国内数箇所のクリニック・医院



全ての固形がんに適応するフコイダン療法に関しては、上記のページを閲覧下さい
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2011年03月29日 (19:00)

接種費用補助で説明会 子宮頸がん予防ワクチン

和歌山県みなべ町は2011年度、中学1年生から高校1年生を対象に子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種費用を補助することから、町内各地で小中学生や保護者らを対象とした説明会を開いた。対象者には4月に案内状を出す予定で、自己負担はゼロになる。

 子宮頸がん予防ワクチンは2009年に国内で認可されたが、必要とされる3回の接種費用が計約5万円と高額なため、接種率は低い。国は10、11年度に原則として中学校1年生から高校1年生までとそれに相当する年齢の女子を対象に接種費用を半額補助しており、同町では残り半額を補助する。

 みなべ町の説明会は「十分な知識を得た上で接種を行ってほしい」として、3月中に町内4カ所で開いた。

 同町東本庄の町保健福祉センターで開いた際には、小中学生や保護者ら計約130人が参加。子宮の入り口部分にできる子宮頸がんは30代が発症のピークであることや、日本では1日に約10人がこの病気で亡くなっていることなどを紹介した他、原因は「発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染で、予防ワクチンを接種することで感染を防ぐことができると説明。担当者が「任意接種なので、希望する方は家族で十分話し合って接種してもらえたら」と呼び掛けた。

 町保健福祉センターによると、町は今後、4月中に予診表や受診券などを同封した案内状を対象者に郵送。町内では出口産婦人科(同町北道)、森上医院(同)で接種を行うことにしており、対象者に予約を入れてもらって、ワクチンが入荷し次第、接種を行う。全国的にワクチンの量が不足していることから、1回目の接種は7、8月ごろになる見通しという。

 国が、12年3月末までに1回目の接種を行った場合、高校2年生になっても残り2回の接種費用を補助の対象とするとしていることから、同町では現在の高校1年生についても今月1日から先行して実施している。

 問い合わせは町保健福祉センター(0739・74・3337)へ。

●印南町は対象拡大 

 印南町も11年度に、子宮頸がん予防ワクチンの接種費用を全額補助する事業を行うが、対象を高校3年生までに拡大。中学1年生~高校1年生については国からの補助があるが、高校2、3年生分については町が単独で負担する。

 問い合わせは町保健センター(0738・43・8060)へ。




【町保健福祉センターで開かれた子宮頸がん予防ワクチンの説明会(和歌山県みなべ町東本庄で)】

(2011年03月29日更新)

カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2010年05月10日 (16:22)

「乳がん検診受けて」母の日にアピール

母の日の9日、乳がん検診を呼びかける「母の日キャンペーン」が静岡市葵区呉服町の青葉公園で開かれた。マンモグラフィー(乳房X線撮影)検診や乳がんのしこりを体験できる視触診モデルに、多くの女性が足を止めた=写真。


 乳がん経験者でつくる「あけぼの静岡」の会員らが「早期に発見できれば、完治もできる」とアピール。静岡市健康づくり推進課によると、08年度の静岡市の受診率は12・6%で、市内の40歳以上の女性8276人が乳がん検診を受けたという。「あけぼの」の新川由利子副代表は「乳がんが怖いのではなく、乳がんであることを知らないことが怖いこと」と検診の重要性を訴えている。
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2010年03月03日 (19:51)

セミナー:膵臓がん、最新治療は 知識普及目指し--6日、松山 /愛媛

難治性がんの代表とされる膵臓(すいぞう)がんの診断・治療に対する正しい知識の普及を目的としたセミナー「すい臓がん啓発キャンペーン パープルリボン2010キャラバンin松山『膵臓がんに光をあてる』」が6日、松山市三番町6のコムズで開かれる。活動の中心で、膵臓がんの啓発・撲滅を目指すNPO法人「パンキャンジャパン」(東京都)の眞島喜幸理事は「セミナーを通じて、患者やその家族、医療者らが情報や問題を共有できれば」と話している。

 日本では年間、推計で2万人以上が膵臓がんと告知されているという。膵臓がんは、進行するまで自覚症状が分かりにくいことが多いために早期発見が難しく、治療が難しいがんとされている。

 セミナーでは、四国がんセンター(松山市)の医師3人が、診断、外科治療、抗がん剤治療の最前線をそれぞれ紹介。その後、「研究から治療へ:早期診断・早期治療の最前線」と題して、医師3人と眞島さんがパネルディスカッションをする。

 セミナーは午後0時半から(開場は正午)。参加無料で定員は140人(定員になり次第締め切る)。申し込み方法や内容についての問い合わせはNPO法人「キャンサーネットジャパン」の事務局(03・5840・6072)へ。【柳楽未来】

カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2007年11月05日 (23:56)

多くの女性が誤った癌(がん)情報をインプット

米国女性の63%が癌(がん)の家族歴がなければ、癌になる可能性は低いと考えていることが、米国産科婦人科学会(ACOG)の委託で行われた調査で明らかになった。ACOGによると、癌になった大部分の人では癌の家族歴はなく、女性において癌の予防や早期発見についての知識と理解の向上が必要であることを浮き彫りする調査結果となった。

 調査では、癌について多くの勘違いがあるにもかかわらず、対象となった女性の76%が癌リスクを低減する方法を知っていると回答した。しかし、リスク低減のため何かをしている女性は52%のみで、10%は過去に何もしておらず、17%はライフスタイルの変更が癌リスクの低減につながるとしてもスタイルを変えないと答えた。癌がみつかることを恐れて検診を受けたくないという女性も多く、20%は癌であっても知りたくないと回答した。

 定期的な受診が癌リスク低減に有用とする女性は77%であったが、前年に受診した女性は56%、定期的に受診しているか前年にPapテスト(膣粘膜塗抹標本試験)やマンモグラフィーを受けた女性は29%に過ぎなかった。これらの検査については18%が不要、7%が受ける方法を知らない、7%が時間の無駄と考えていた。37%の女性は医師にかかる余裕がないと答えた。

 ACOG前会長で米ウィスコンシン大学医学公衆衛生学部のDouglas W. Laube博士は「癌に関する女性の知識には憂慮すべき誤解があることが判明した」と述べている。また、米国癌協会(ACS)のMichael Stefanek氏は、リスクのある女性に注意喚起の必要性を訴えるとともに、米国で1993~2002年に平均1.1%減であった癌死亡率が、2002~2004年には2.1%減に改善したのは癌スクリーニングの向上と早期発見によるところが大きいとしている。

 ACOGでは、女性に対し癌のリスクに関連するライフスタイルの理解を深めるために、新しいウエブサイト「Protect & Detect: What Women Should Know about Cancer(予防と発見:癌について女性が知っておくべき事柄)」を10月末に立ち上げるとともに、50歳以上の女性に10年に1回結腸鏡検査を受けることを勧める新しい大腸癌(結腸直腸癌)スクリーニングのガイドラインを作成した。

 ただし、結腸鏡検査の奨励に対しては、別の専門家は、大腸癌の家族歴や既往がある女性以外では、バーチャルCT結腸鏡検査、便潜血検査やS状結腸鏡検査などの方法もあるとしている。
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2006年02月01日 (22:39)

ノバリス

ノバリス関連掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/31365/1170425175/


適応の癌
全ての固形癌


総合定位放射線治療システム ノバリスは,定位放射線治療を目的に開発された専用システムで,頭頚部はもちろん,全身の治療に適応可能です。腫瘍に高精度・高線量を照射する一方,周囲の正常細胞への線量を最小限に抑えることができます。
治療時間も短く,低侵襲性で通院治療が可能なため,患者への負担が軽く,また手術が困難な症例の代替治療としても,患者リスクの低減を実現します。



関連資料
http://nagoya-central-hospital.com/approach/pdf/novaris.pdf(PDF)


導入病院
・京都大学医学部附属病院
新潟県立がんセンター病院
奈良県立医大病院
浅ノ川総合病院
名古屋セントラル病院
熊本放射線外科
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2006年01月31日 (04:27)

骨セメント療法

骨セメント療法関連掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/31365/1170187354/


適応の癌
骨腫瘍


外傷や癌の転移などが原因で、脊椎(背骨)が骨折を起こす(潰れる)と、強い痛みが生ずることがあります。
骨折した脊椎に針を刺し、その針を通して特殊なペースト状セメント(骨セメント)を注入することで、骨折部を安定化する治療方法です。脊椎骨折を骨セメントで補強することにより、痛みを緩和することが出来ます。 
統計では約9割の人に痛みを軽減する効果があると言われています。



関連資料
無し


導入病院
旭川厚生病院
岩手医科大学病院
茨城県立中央病院
栃木県立がんセンター
群馬大学病院
聖路加国際病院
聖マリアンナ医科大学病院
信州大学病院金沢大学病院
愛知県がんセンター
滋賀医科大学病院
大阪市立大学病院
兵庫県立成人病センター
岡山大学病院
福岡大学病院
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)

2006年01月31日 (04:27)

ゾメタ

ゾメタ関連掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/31365/1170187222/


適応の癌
骨腫瘍


ビスフォスフォネート剤は骨転移治療に幅広く用いられ、増加するエビデンスからは、これらの化合物は2次的に骨に転移した乳癌患者に大いなる利益をもたらしているといえる。ビスフォスフォネートは、炭素原子が酸素の中心原子に置き換わった内因性ピロ燐酸塩のアナログ(類似物)である。生体内実験で、ビスフォスフォネートは骨表面のハイドロキシアパタイトに強く結合し、骨形成や骨吸収の増加した場所へ選択的に運ばれる。それらは破骨細胞による骨吸収の強力な阻害剤であり、悪性腫瘍に起因する高カルシウム血症患者の血清カルシウム濃度を下げるのにも効果を発揮する。ビスフォスフォネート治療はまた、骨格の疾患を大きく減少させ、骨転移した乳癌患者のQOLを向上させた。



関連資料
http://www.cancerit.jp/archive3.html


導入病院
全国の医療機関
カテゴリ : 治療法記事のURL トラックバック (0)
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

患者を繋ぐRelay for Life

閲覧は動画の真ん中をクリック




末期がん克服の体験談

gan


↑↑クリック↑↑
国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
ガン完全克服掲示板
ガン完全克服チャット
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ