ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2007年01月27日 (01:54)

【未承認薬検討会議】2品目を了承

 厚生労働省の「未承認薬使用問題検討会議」は22日、ワーキンググループ(WG)から提出された国内未承認薬、[1]アレムツズマブ(効能・効果=B細胞性慢性リンパ性白血病)[2]タルク(悪性胸水)――の2品目に関する検討結果報告書を了承した。これを受けて厚労省は関係企業に対し、早期に承認申請や治験を開始するよう要請する。

 アレムツズマブはヒト型抗CD52抗体。米国では、アルキル化剤による治療経験があり、フルダラビンによる治療に失敗したB細胞性慢性リンパ性白血病の適応で承認されている。

 同剤は、フルダラビンとは作用機序が全く異なるため交叉耐性がなく、フルダラビン無効例でも有効性が報告されている。WG報告書では、点滴反応や免疫不全からくる感染症の有害事象はあるものの、予防法が確立されていることから、難治性難反応性の慢性リンパ性白血病に有用性があるとし、B細胞性慢性リンパ性白血病に対する治験の早期開始が望まれると指摘。さらに将来的には、日本で比較的多いT細胞リンパ腫への評価もなされるべきとした。

 タルクは、日本薬局方に収載され、錠剤等の賦形剤、滑沢剤等として使用されているが、治療目的で体腔への投与は承認されていない。しかし欧米では近年、粒子の大きさを調整した滅菌タルクが、悪性胸水(癌性胸膜炎)の再発減少を適応とする薬剤として承認された。

 WGの報告書では、▽悪性胸水の治療に用いる既存の薬剤に比べ、奏功率が高く、有害事象も軽度である▽欧米で標準的に使用され、臨床試験のエビデンスも多く、一般臨床でも安全性が認められている――などを挙げ、国内でも早期に治験が開始されるべきとした。

 なお、この日の会合では、2006年10~12月に欧米4カ国いずれかの国で新たに承認された医薬品のうち、[1]ボリノスタット:皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)の皮膚症状(二つの全身療法を実施中または実施後の進行性、持続性または再発の場合)、米国で06年10月6日承認[2]テルビブジン:慢性B型肝炎(ウイルス増殖を伴い、血清アミノトランスフェラーゼの持続的上昇または組織学的に活動状態にある場合)、米国で06年10月25日承認――の2品目について、WGが次回会合までに検討し、報告することにした。

 一方、子宮頸癌の予防ワクチン「ヒトパピローマワクチン」は、保険収載を前提とした検討に馴染まないとして、WGの検討品目から外された。また、患者団体から検討要望のあった抗てんかん薬「ビガバトリン」は、視野狭窄の副作用が起きることから国内では開発中止になったが、一部患者のQOLを高めるために必要との意見もあるため、引き続きWGで検討することとなった。

スポンサーサイト

2007年01月25日 (01:59)

ソウル大、隠された大膓癌発病メカニズム究明

ソウル大研究チームが世界で初めて、システム生物学研究を通じて、隠された大膓癌が発病するメカニズムの究明に成功した。ソウル大医大チョ・クァンヒョン教授チームは、細胞内にある信号伝逹システムのうち「ウィントゥ」と「オーク」というふたつの信号伝逹経路が、互いに干渉し大膓癌を発生させる可能性があるという事実を明らかにした。チョ教授チームのこのような研究結果は、22日にネイチャー出版グループの癌専門ジャーナルである「オンコジーン」インターネットオンライン版に掲載された。今回の研究は、これから新しい大膓癌治療薬品を開発することに大きく寄与することが期待されている。システム生物学は、工学とライフサイエンスが融合された学問分野で、疾病に関連する特定細胞因子を究明するライフサイエンスとは違い、細胞因子間の相互作用を研究する分野だ。

2007年01月18日 (01:58)

鶏の遺伝子組み換えで卵からガン治療薬を生産

クローン羊ドリーを誕生させた英ロスリン研究所が、今度はニワトリの遺伝子組み換えを行い、癌治療薬を卵に分泌させることに成功した。

 エジンバラにあるこの研究所の研究チームによると、遺伝子操作されたこれらのニワトリは、卵白部分に癌治療薬を含む卵を産むという。この薬には、人工的につくり出された単クローン性抗体と、癌やその他の症状の治療に使われるヒトの免疫抗体を構成するたんぱく質が含まれる。研究結果は、全米科学アカデミーの会報に発表される予定だ。

 これらの薬は、研究所で製造するのが難しい。「単クローン性抗体など治療に使えるヒトのたんぱく質の多くを生成するには、工業用の生物反応器が必要となる。だが、そうしたシステムを設置するには時間もお金もかかる」と、研究者たちは報告に記している。

 そのため、科学者たちは動物の体を“工場”として使えるようにならないかと、良い方法を模索してきた。動物の体内では、同種のたんぱく質が自然に生成されるからだ。

 これまでに、牛や羊、ヤギの遺伝子を操作して、その乳の中にインシュリンや嚢胞性繊維症の治療薬を含むたんぱく質を分泌させる研究が行われてきた。だがロスリン研究所のチームは、それらの動物と比べてライフサイクルが短く、大量の卵を産むニワトリも使えるのでは、と考えた。

 そこで、ロスリン研究所のヘレン・サング博士率いるチームは、雌のニワトリのオボアルブミン(卵白の半分を構成するたんぱく質)の遺伝子に、治療に使えるたんぱく質の遺伝子を注入して、遺伝子組み換えまたは遺伝子移植を施したニワトリをつくり出した。たんぱく質は、卵白のみに分泌されるように操作した。

 研究では、早期段階のニワトリの受精卵をウイルスに感染させた。ウイルスにより、新たに産み落とされる卵の受精卵のDNAに、遺伝物質が注入される仕組みだ。これらのニワトリの卵を孵化させ、精液に新たなDNAが組み込まれた雄のニワトリが誕生した。これらを、今度は普通の雌のニワトリと交配させ、誕生したニワトリの中で2つの新たな遺伝子を受け継いでいるものがいることを確認した。現時点までに、治療薬を含むたんぱく質を生成できるニワトリ数百羽が飼育されているという。

 研究は、米国のバイオ技術会社ビラゲンとオックスフォード・バイオメディア社の系列会社で、スコットランドに拠点を置くビラゲン社と共同で行われた。

 他の企業でもこれまでに、ヒトや動物のたんぱく質やワクチンを生成する動物や植物が開発されている。


2007年01月05日 (00:56)

緩和ケアにカウンセラー 広島大病院

 広島大病院(広島市南区)は四月一日から、がん患者などを担当する緩和ケアチームに、心理カウンセラーを専属で配置する。同日付で施行となる「がん対策基本法」に合わせた試みで、治療の痛みだけではなく、心の負担も軽減するのが狙いだ。通常は精神科や小児科に配置されるケースが多く、がん治療現場への配置は中国地方の国立大病院では初めてとなる。(門脇正樹)

 配置されるのは、臨床心理士の資格を持つ南佳織さん(27)。広島大大学院で臨床心理学を修めた後、大竹市内の精神科病院で患者のカウンセリングに当たっていた。二〇〇六年十二月に広島大病院の地域連携室の職員として赴任、緩和ケアチーム・アドバイザーでもある同病院総合診療科の佐伯俊成助教授(46)についてカルテのチェックや病棟回りを続けている。

 四月以降は週五日間、面談室で、がんや、エイズウイルス(HIV)感染者らの不安や悩みを聞き、チームメートや主治医、医療ソーシャルワーカーらと一体となって、心身の痛みを和らげる。

 同病院は〇六年二月、精神科医師や看護師、薬剤師ら五人でつくる緩和ケアチームを、浅原利正病院長の直属の組織として設立。八月には、国の「がん診療連携拠点病院」に指定されたほか、患者からメンタルケアの充実を求める声が寄せられるなどしたこともあり、専従カウンセラーの配置を決めた。

 南さんは「自分の家族でも安心して託せるような、こまやかなケアを提供したい」と意気込んでいる。

 <がん対策基本法> 国内最大の疾病死因である、がん対策の充実を目指し、2006年6月の国会で成立。予防や早期発見、患者の療養生活の向上、研究推進などを基本施策に掲げる。厚生労働省に、患者や遺族代表、医師らでつくる対策推進協議会を設置し、基本計画の策定などを審議する。07年4月1日施行。

トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

患者を繋ぐRelay for Life

閲覧は動画の真ん中をクリック




末期がん克服の体験談

gan


↑↑クリック↑↑
国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
ガン完全克服掲示板
ガン完全克服チャット
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ