ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2007年02月25日 (22:12)

個人輸入のサリドマイド、厚労省が使用状況監視へ

血液のがんの一種、多発性骨髄腫(しゅ)などの治療薬として海外から大量に個人輸入されている催眠鎮静剤「サリドマイド」について、厚生労働省は個人輸入をする医師に、インターネットを使って薬の使用・管理状況、治療経過などを登録してもらい、安全に使われているか監視するシステム(SMUD)の運用を来月中旬にも始める。

 サリドマイドを個人輸入するために必要な「薬監証明」という許可を厚生労働省から受けるために、SMUDへの登録が必要になる。薬の使用状況を一元的に把握でき、薬害の防止に役立ちそうだ。

 SMUDは、厚労省の研究班(主任研究者=久保田潔・東京大助教授)が作り、東大病院にある「大学病院医療情報ネットワーク研究センター」が管理・運営を担当する。サリドマイドを処方する医師や薬剤師がSMUDに患者のイニシャル、生年月日、診断名、投与開始日のほか、副作用などについて入力する。
スポンサーサイト

2007年02月21日 (22:11)

運動する男性 大腸がんリスク3割減

日常的に仕事やスポーツで体を動かしている男性は、あまり運動しない男性に比べ大腸がんになる危険度が約3割低いことが、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が20日発表した疫学調査で分かった。運動によるがん予防効果が改めて裏付けられた形だ。

 研究班は平成7年から14年まで、全国9府県で40~69歳の男女約6万5000人を調査。1日の運動量に応じて参加者をグループ分けし、大腸がん発症との関係を調べた。

 その結果、男性のうち運動量が多いグループほど大腸がんリスクが低くなることを確認。肉体労働や激しいスポーツを日常的にしている人は、ほとんど運動しない人に比べ、発症の危険度が約30%低下していた。うち結腸がんは40%以上少なかった。

 女性では今回、同様の傾向が確認できなかった。研究班は「家事に対する質問が不十分で、女性の身体活動量をうまく評価できなかった可能性がある」としている。

2007年02月19日 (22:10)

<がん告知>衝撃少なく 全国で医師対象に講習会

患者の精神的ダメージを最小限にとどめる「がん告知」を目指し、07年度から医師を対象にした講習会が全国規模で開かれることになった。がん患者の精神的ケアをする医師らでつくる「日本サイコオンコロジー学会」(代表世話人・内富庸介国立がんセンター東病院精神腫瘍(しゅよう)学開発部長)が準備を進めてきた。厚生労働省も07年度予算案に約2500万円を計上し、バックアップする。
 がん告知は、患者や家族にとって精神的な負担が極めて大きい。しかし、大学の医学教育などには、患者の感情や生活の質(QOL)を重視する十分なカリキュラムが組まれていない。このため、医師の心ない発言で患者が傷つくケースが相次いでいる。例えば「まだ、生きられると思っていたんですか」(暴言型)「抗がん剤でも民間療法でも、あなたの好きな方でいいですよ」(責任放棄型)などだ。医療関係者の間でも告知の技術向上が課題となっていた。
 国立がんセンター東病院精神腫瘍学開発部は昨年9月、患者の意向調査の結果を踏まえ、告知の技術習得のためのテキストを作成した。「相手の目を見て話をする」などの基本的動作から、告知を伝える環境設定、「悪い情報」の伝え方、患者の情緒的支援の方法まで網羅されている。すでに講師を務める医師、臨床心理士8人を確保した。
 講習会はこの8人が中心となり、07年度は東京、大阪、福岡など7カ所で開く予定。内富氏は「告知の成否はその後の治療にも大きく影響する。患者の意向に沿った医療の実現に全国講習会はきっと役立つと思う」と話している。

2007年02月17日 (22:08)

<終末期がん治療>患者より家族意向…46%が回答

がんの治療方針や急変時の延命処置などを決定する際、患者本人が意思表示できる場合でも、まず家族の意向を優先している病院が約半数の46.6%に上ることが、厚生労働省研究班(主任研究者、松島英介・東京医科歯科大助教授)の調査で分かった。家族の意向を優先する理由として半数以上の54.6%は「家族とのトラブルを避けるため」と回答しており、患者の意思が十分尊重されていない実態が浮かんだ。【大場あい】
 がん患者やその家族は、手術や抗がん剤など治療方法の選択、急変時には人工呼吸器や心臓マッサージなどの延命処置をするかどうかなどの決定を迫られる。調査は、余命6カ月以内と診断された終末期のがん患者が入院している可能性の高い全国4911の一般病院(産科、リハビリ専門などを除く)を対象に昨年11~12月に実施し、1499施設から回答を得た(回答率30.5%)。
 患者が意思決定できる場合に限定し、治療方針などを決める際に誰の意思を確認するか尋ねたところ、「(患者本人に意向を尋ねるかどうかも含めて)先に家族の意向を確認」と回答したのが46.6%(有効回答中の割合、674施設)。最多は「患者、家族双方に確認」(同48.7%、704施設)で、「患者本人だけで十分」としたのは0.8%(11施設)にとどまった。
 家族の意向を尊重する理由(複数回答)は、「本人の意思決定だけで判断すると家族から不満を言われる」(70.6%)、「家族とのトラブルを避けるため」(54.6%)など。65.9%の病院は患者本人に病名を伝えており、告知の有無にかかわらず、家族との摩擦を恐れる傾向がうかがわれた。「患者の意思を直接聞くことは終末期という状況になじまない」(24.8%)という回答もあった。

2007年02月12日 (18:00)

がん治療の理想継ぐ 故土屋医師の妻が活動再開 郡山

 クオリティー・オブ・ライフ(生活の質)の観点からがん患者の診断や治療方針を再評価し、手術以外の道も考える相談会社「キャンサーフリートピア」(東京)を創設した福島県郡山市の土屋繁裕医師=2005年死去、享年(49)=の遺志を継ぎ、妻の広見さん(41)が同社の活動を再開した。広見さんは「『あきらめるな』が口癖だった夫の思いを中途半端にしたくなかった」と話している。

 土屋医師は癌(がん)研究会付属病院(東京)で外科医として勤務後、2000年に父親が経営する郡山市の土屋病院に移り同年、「フリートピア」を開設した。病状や診断を再評価するだけでなく、患者の人生観や死生観も考慮して今後の治療を考える「双方向のセカンドオピニオン」を実践した。

 著書で土屋医師は「辻斬(つじぎ)りのように切り捨てる(手術する)医者がおり、患者は肉体的・精神的損害を被っている」「心のケアなしのがん治療はあり得ない」と自戒を込めて指摘。フリートピアは、患者本位の最適な治療をコーディネートするという理想を実現させる場だった。

 会員患者は200人を数えたが、05年秋に土屋医師がくも膜下出血で急逝し、運営を休止した。「夫を亡くして途方に暮れる私を、患者さんたちが『お互い頑張りましょう』と手紙で励ましてくれた。何とかしてフリートピアを続けたいと思った」と広見さんは振り返る。

 土屋医師は言葉や態度で医師が患者の心を傷つける行為を「ドクターハラスメント」と名付け、撲滅を訴え続けたことでも知られる。皮肉にも、その夫の死の際に広見さんが受けたドクハラが、フリートピアの再開を決意させた。

 「入院先の東京の病院が、手術で外した夫の骨を無断で捨てていた」と広見さんは話す。病院は広見さんの抗議で後に謝罪したが、「夫があれほど訴えてきたのに、これが現実だと痛感した。だからこそ、フリートピアを続ける意味がある」と気持ちを固めた。

 後任の医師探しは難航したが、土屋医師の癌研病院時代の同僚が引き受けてくれた。06年春にフリートピアは運営を再開し、広見さんは新たに取締役に就き、サポート役に徹している。広見さんは「土屋のカラーを引きずる必要はない。患者中心という夫の信念を新たな形で発展させてほしい」と願っている。

2007年02月09日 (13:26)

子宮内膜がん、早期手術なら卵巣温存手術が可能

【ソウル8日聯合】子宮内膜がん(子宮体部がん)は卵巣摘出が不可避とされてきたが、45歳以前に早期発見した場合卵巣転移率は非常に低く、卵巣を切除せずに手術を行ってもがんの再発はないとの臨床結果が出た。ソウル大学病院産婦人科の金載元(キム・ジェウォン)教授チームが8日に明らかにした。

 子宮内膜がんは妊娠、出産の経験がない女性のほか、肥満、糖尿病、女性ホルモン分泌異常の女性に発生しやすく、糖尿病・高血圧とも関連があるとされる。国内女性がん患者の1%~2%、婦人がん患者の16%を占めている。主に50代初めの患者が多いが、40代未満で発症するケースも10%に達する。これまでは卵巣を通じたがん細胞の転移を防ぐため、年齢に関係なく子宮、卵巣、卵管を切除する手術が行われてきた。

 金教授チームは1992年から2004年までに子宮内膜がんで手術を受けた患者260人のうち卵巣温存術を適用した35人を平均76か月間にわたり調査したが、がんが転移したり卵巣に悪性腫瘍(しゅよう)が発見された患者は1人もいなかったという。

 この研究結果をまとめた論文は、婦人科腫瘍学分野の国際学術誌最新号に掲載された。

2007年02月06日 (13:14)

ぼうこうがん治療に道 岩手医大、ワクチン開発

岩手医大泌尿器科学講座の藤岡知昭教授らの研究グループは1日、ぼうこうがんの増殖にかかわる腫瘍(しゅよう)抗原遺伝子を発見し、がんを抑制するワクチンを開発したと発表した。2月中に付属病院で患者への投与を始め、2年後のワクチン治療法確立を目指す。

 東大ヒトゲノム解析センターの中村祐輔教授との共同研究。発表によると、研究グループは2年前、ぼうこうがん患者の8割ほどに現れ、がん増殖にかかわる2種類の抗原遺伝子を発見した。遺伝子を基に、リンパ球を刺激してぼうこうがん細胞だけを攻撃するワクチンの開発にも成功した。

 従来のぼうこうがん治療は切除手術などが主で、再発率が高かった。ワクチン治療法が確立されると、患者負担は大きく軽減される。新治療法は、ぼうこうがん患者全体の5割ほどに適用できる見込みという。

 昨年12月、学内の倫理委員会が臨床研究を承認した。年内6例を目標に安全性を確認する検証に取り組む。

 記者会見で藤岡教授は「遺伝子発見もワクチン開発も世界で初めて。新治療法は人間の免疫力向上を促す治療法であり、副作用がなく、有効性が高い」と話した。

2007年02月05日 (13:39)

メディビックグループ、米国で抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始

当社グループが共同開発中のGlufosfamideの米国における第II相試験の開始について
~薬剤に感受性の高い再発小細胞肺がんの患者を対象~


 このたび、当社グループが共同開発を行っている、抗がん剤Glufosfamide(グルフォスファミド)について、米国にて臨床試験を実施しているThreshold Pharmaceuticals,Inc.(スレッシュホールド社)が、薬剤に感受性の高い、再発小細胞肺がんの患者を対象とした、用量、安全性、および薬物動態を評価する第II相試験の開始を、以下の通り発表しましたのでご報告いたします。


 米国KarmanosがんセンターのJohn C.Ruckdeschel博士によれば、再発小細胞肺がんの致死率は不幸にも非常に高く、現在の第二選択化学療法からは非常に限られた恩恵しか期待できないとのことであり、この治験はこれらの患者への他の治療法の選択肢となるとしています。

 現状で、薬剤感受性の高い再発小細胞肺がんの標準的な治療法には、topotecan,cyclophosphamide,doxorubicin,vincristine,irinotecan,ifosfamideやcisplatinなどのさまざまな薬剤で、単一の薬剤による治療及びそれらの組合せによる併用療法があります。

2007年02月05日 (01:53)

メルク、結腸直腸癌治療薬アービタックスの製造販売承認を申請

メルク株式会社、結腸直腸癌治療薬アービタックス(R)を申請


 ドイツの医薬品・化学品メーカーMerck KGaAの日本法人であるメルク株式会社(本社:東京都、社長:クラウス・ディール)は、米国イムクロン社と共同でこのほど進行・再発結腸直腸癌治療薬アービタックス(R)(一般名:セツキシマブ)の製造販売承認を申請いたしました。アービタックス(R)はEGFR(Epidermal Growth Factor Receptor)を標的としたIgG1モノクロナール抗体です。

 日本では過去50年間に結腸直腸癌の患者は増え続けており、年間の症例発生数は95,650人であり、109,780人の胃癌についで2番目です。ちなみに3番目に症例発生が多いのは66,450人の肺癌です。また死亡原因別に見ると最も多いのが肺癌の56,370人、次いで胃癌の54,420人、結腸直腸癌の38,200人となっています。これらのうち、約25%の患者が進行性と言われています。

 日本での申請には、国内での臨床試験に加えて、欧州で実施した2種類の臨床試験成績が用いられています。

2007年02月04日 (13:40)

ファイザー、医療関係者向けウェブサイトに「消化管質腫瘍・腎細胞癌に関する情報」を新設

医療関係者向けウェブサイトに
「消化管質腫瘍・腎細胞癌に関する情報」を新設


 ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岩崎博充、資本金:648億円)は、同社ウェブサイトhttp://www.pfizer.co.jpの医療関係者向けウェブサイト「医療関係の方へ」に新たに「消化管間質腫瘍・腎細胞がんに関する情報」のページを2007年1月26日から新設いたしました。

 消化管間質腫瘍や腎細胞がんにおいては従来の治療薬が奏功しない場合、選択肢が少ないため日本で未承認の薬剤が医師により個人輸入され、治療が行なわれている場合があります。個人輸入は自己責任において行うものであり、弊社は個人輸入には一切関与できませんが、弊社としては個人輸入した未承認薬剤の使用を考えている医療関係者の方々に注意喚起を行う必要があると考え、ウェブサイトを新設して情報提供するものです。

 この「消化管間質腫瘍・腎細胞がんに関する情報」では、弊社の消化管質腫瘍および腎細胞がん治療薬のスニチニブの臨床試験の説明、よくあるご質問と答え、海外安全性データ、日本における安全性データなどが紹介されています。詳細に関しましては、http://www.pfizer.co.jpをご覧ください。

 スニチニブは米国で2006年1月に承認され、現在、欧州を含む世界40ヶ国以上で承認されており、日本では、2006年12月25日に消化管間質腫瘍及び腎細胞がんの治療薬として製造販売承認の申請をいたしました。

2007年02月03日 (13:38)

遺伝子に基づく癌(がん)研究は解釈ミスが多い

「遺伝子マイクロアレイ」と呼ばれる方法に基づいた癌(がん)研究の多くで、その分析方法や結論に重大な不備があることが示され、米医学誌「Journal of the National Cancer Institute」1月17日号に掲載された。これらの研究結果を癌患者治療のベースに用いた場合に、有害な結果を招く恐れもある。

 マイクロアレイとは、1枚のスライドガラス上で数千の遺伝子の発現状態を一度に調べることができるツール。癌研究では、ある腫瘍に独特の遺伝子パターンの調査、新しい薬剤標的の発見、治療法選択のための腫瘍の分類などに利用されているが、得られるデータが膨大で、解釈を誤りやすいという問題もある。

 今回、米国立癌研究所(NCI)のRichard M. Simon氏らは、マイクロアレイによる遺伝子のプロファイリング(解析)結果を、病状などの医学的結果と比較した研究のうち、2004年末までに発表された90研究について調べた。

 2004年に発表された42研究の統計学的方法および報告に着目したところ、半数の研究で1つ以上の基本的な誤りが認められた。遺伝子と転帰(病気が経過し別の状態になること)との関連についての23研究のうち9研究では、偽陽性の結果を招く不適切な方法が用いられていた。13研究では、結果の分類について裏付けのない主張がされていたほか、転帰を予測する28研究のうち12の研究で予測の正確さの評価に偏りがみられた。

 この問題を解決するには、生物学者、医師、統計学者の協調が必要だが、異なる分野どうしの学際的協力は依然としてうまくいっていない。もっと統計学者が関与することが必要だとSimon氏は述べている。

 米国癌協会(ACS)のLen Lichtenfeld博士によると、遺伝子データは癌の治療法決定に大きく関わっており、例えば乳癌患者が補助化学療法を受けるかどうかの決定にも利用されている。しかし医師の多くは遺伝子データの評価にあまり精通しておらず、論文の著者、査読者および掲載誌そのものに依存している。優れた医学専門誌でも不正確なデータの解釈をそのまま掲載しているようだという。

(HealthDay News 1月18日)

2007年02月02日 (15:17)

イレッサ、優位を証明できず…厚労省審議会で報告

重い副作用が問題となっている肺がん治療薬イレッサ(一般名ゲフィチニブ)について、既存の抗がん剤と比較して延命効果がより高いことを証明できなかったことが、国内の市販後臨床試験で明らかになった。

 1日開かれた厚生労働省の審議会で報告された。

 対象者は、非小細胞肺がんと呼ばれる肺がんで、手術など他の治療が難しいと判定された患者490人。全体をイレッサを投与する群と、別の抗がん剤タキソテール(一般名ドセタキセル)を投与した群に分け、投与開始から死亡までの延命期間や安全性を調べた。

 その結果、投与開始から1年後の生存率は、イレッサ48%、タキソテール54%で、投与から1年半を過ぎると、イレッサ服用者の生存率が上回った。しかし、いずれも大差はなく、延命効果が優れている証明はできなかった。安全性については、副作用の間質性肺炎を起こしたのはイレッサ14人、タキソテール7人で、死亡した3人はいずれもイレッサ服用者だった。

 イレッサは海外の臨床試験で、偽薬と比較しても延命効果が証明されなかったが、非喫煙者、東洋人などでは延命効果を認めた報告がある。02年7月のイレッサ販売以降、間質性肺炎など副作用による死者は昨年9月末現在で676人に上っている。

(2007年2月1日22時34分 読売新聞)
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

患者を繋ぐRelay for Life

閲覧は動画の真ん中をクリック




末期がん克服の体験談

gan


↑↑クリック↑↑
国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
ガン完全克服掲示板
ガン完全克服チャット
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ