ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2007年04月29日 (23:30)

野菜や果物が癌(がん)を撃退

野菜や果物の摂取により、さまざまな癌(がん)のリスクが減少することを示した3つの研究が、米ロサンゼルスで開催された米国癌学会(AACR)年次集会で報告された。

 1つは、米国立癌研究所(NCI)のニール・フリードマン氏らによる研究。成人49万802人を対象に、果物および野菜の摂取量と頭頸部(けいぶ)癌の発生率を比較した。

 追跡した5年間に頭頸部癌と診断されたのは787人だった。

 喫煙およびアルコール摂取などの危険因子(リスクファクター)を調整後、1日1000キロカロリー摂取につき果物または野菜を6皿分摂取する人は、1.5皿しか摂取しない人に比べ頭頸部癌リスクが29%低く、1皿分追加するだけでも6%のリスク低下が認められた。果物よりも野菜の方が高い予防効果がみられたという。

 また、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究グループは、ブロッコリーと大豆蛋白(たんぱく)による乳癌および卵巣癌に対する予防効果のメカニズムについて、実験室レベルでの研究成果を報告した。

 ブロッコリーが消化されるとジインドリルメタン(DIM)という物質が、大豆が消化されるとゲニスインという物質が形成される。今回、これらの物質が、乳癌および卵巣癌の細胞の運動性に作用し、癌の拡散を抑制することがわかった。しかし、大豆にはエストロゲン様の作用があるため、エストロゲンにより促進される癌のある人は注意が必要だという。

 3つ目は、米ハワイ癌研究センターの研究グループによるもの。カリフォルニアおよびハワイ在住の18万3518人を対象に、フラボノール摂取量と膵(すい)癌リスクを比較した。

 フラボノールは、タマネギ、リンゴ、ベリー類、ケールおよびブロッコリーなどに含まれる物質だ。検討の結果、フラボノール摂取量が最も高い人では膵癌リスクが23%低いことがわかった。喫煙者ではこの効果はさらに大きく、フラボノール摂取量が高い人は膵癌リスクが59%低いことが判明した。

 以上の3研究から、「さまざまな種類の植物性食品を摂取することが癌予防には最良であるといえる」と、米国癌研究協会(AICR)のメラニー・ポーク氏は述べている。農家の直売所へ行ったり、食料品店で時間をかけて野菜を吟味したりするほか、野菜をおいしく食べられる料理法を見つけるなどの工夫も必要だとしている。

スポンサーサイト

2007年04月18日 (23:32)

がん対策に数値目標

厚労省協議会 「喫煙率半減」議論
 厚生労働省のがん対策推進協議会(会長=垣添忠生・国立がんセンター名誉総長)は17日、「がん対策基本法」の具体的な目標などを定める「がん対策推進基本計画」に、喫煙率の半減や、がんによる死亡率を今後10年間で20~25%削減するなどの数値目標を盛り込む方針を打ち出した。

 1日に施行された同法は基本計画策定にあたり、がん患者や家族、学識経験者でつくる同協議会の意見を反映するよう明記している。

 このため、協議会は患者からの要望の高い在宅医療や緩和ケア、がんの予防などの個別テーマについても、可能な限り具体的な数値目標を設定する方針だ。

 柳沢厚生労働相への答申は、5月下旬を予定。ただし、国民の健康運動の指針として策定された「健康日本21」で、厚労省は昨年末、喫煙率を減らす数値目標を入れようとしたが、たばこ業界などの反発で断念した経緯があり、喫煙率低減の数値目標を今回の基本計画に盛り込めるかどうかは不透明だ。

(2007年4月18日 読売新聞)

2007年04月05日 (23:33)

子宮温存で手術成功/豊見城中央病院 県内初

子宮を摘出する手術が標準とされてきた「IB」期の子宮頸がんに対し、子宮を残してがんを切除する「広汎子宮頸部摘出手術」にこのほど、豊見城中央病院が県内で初めて成功した。患者は糸満市の三十一歳の未婚女性。三月二日に手術を受け二十六日に退院。生理も順調に来ており、将来は妊娠・出産も可能という。
 子宮頸がんは進行に応じ「0期」から「Ⅳ期」に分けられる。「0期」「IA期」は体への負担が比較的少ない手術が可能だが、腫瘍が肉眼で確認できる「IB期」からは、子宮を全部取る手術が一般的に行われてきた。

 だが患者の年齢が若かったことや「IB期」でも腫瘍が二センチ以下と小さかったため、女性の将来や精神的負担などを考慮し、本人や家族と相談。院内の倫理委員会で承認を得て、子宮頸部を大きく切除し、子宮体部を残す手術に踏み切った。

 前濱俊之産婦人科部長によると、子宮の入り口がないため早産・流産の可能性が高まるが、「最近は若い患者も増え、子宮を残したいとの希望も強い。今後も積極的に実施していく。県内でも手術できることを知ってほしい」と話す。

 手術は、組織を切断し再度つなぐことや、がんの進行具合を確認しながら行うことなどから七―十時間かかる。

 欧米では一九八七年から実施されており、日本では二〇〇五年までに全国六施設で九十二例。再発率は3・1%と子宮全摘と変わらず、欧米では手術後の妊娠・出産は約七割と報告されている。

 女性は毎年、定期検査を受けていたが約半年間の不正出血があり、昨年末の検査で陽性となった。前濱部長は「若いため、がんの進行が早かったが、腫瘍が二センチ以下だったので手術できた」と早期発見・早期治療の重要性を強調する。

 産婦人科に行く時間がなかったり、診察に行きづらい女性には、自宅で膣分泌液を採取し郵送する検査キットの利用も始まっている。取り寄せは同院のホームページから。前濱部長は「早期発見が大切。問い合わせや注文も増えている」と利用を呼び掛けた。
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ