ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月28日 (23:23)

マルチビタミンの過剰摂取で前立腺癌(がん)リスク増大

マルチビタミンを過剰に摂取すると男性の前立腺癌(がん)リスクが増大するという報告が、米国立癌研究所(NCI)発行の医学誌「Journal of the National Cancer Institute」5月16日号に掲載された。

 週7回を超えてマルチビタミンを摂取すると、全く摂取しない男性に比べて進行前立腺癌のリスクが32%増大し、前立腺癌による死亡リスクは約2倍になるという。この関係は、前立腺癌の家族歴のある男性や、セレン、ベータカロテン、亜鉛など微量栄養素のサプリメント(栄養補助食品)を個別に摂っている男性に特に強くみられた。

 NCIのMichael F. Leitzmann博士らが行った今回の研究は、男性約30万人を対象に、過去12カ月のマルチビタミン摂取について質問表に記入してもらい、その後被験者を6年間追跡して前立腺癌全体および重篤なタイプの前立腺癌の発症について調べたもの。どの程度まで過剰摂取するとリスクが増大するのかは明確にされておらず、Leitzmann氏は、このような疫学的な研究ではマルチビタミンの使用に関係するほかの因子を排除することが難しいと述べている。

 同じ号に掲載された論説では、サプリメントの多くが強い抗酸化作用をもつことが指摘されており、今回の研究により抗酸化ビタミン剤の利益に対する疑問がさらに深まったほか、抗酸化サプリメントがヒトの健康に予期せぬ結果をもたらす可能性も浮き彫りになったとされている。ただしNICは、マルチビタミンの使用について新たな勧告を行う予定はないという。

 今回の結果は、2年前に米国癌協会(ACS)が実施した大規模研究の結果とも一致する。この研究は男性約50万人を18年間追跡したもので、月15回以上マルチビタミンを摂取する男性の前立腺癌による死亡率が、摂取しない男性よりわずかに高いことが示されている。両研究ともサプリメントを多く摂る男性ほどリスクが大きく、全体的に所見は類似している」とこの研究を行ったVictoria Steven氏は述べている。

 Steven氏によると、マルチビタミンに対して社会はすでに否定的で、標準的指針ではマルチビタミンの使用は推奨されていない。ビタミン類は天然の食品から摂取するのが最善だが、妊婦をはじめとしてビタミン剤を摂る必要のある人は、バランスのとれたベーシックなマルチビタミン・サプリメントを使用するべきだと同氏は述べている。

スポンサーサイト

2007年05月21日 (23:26)

癌(がん)細胞に薬剤を直接送達する新技術

 細菌を利用して、周囲の組織を傷つけずに癌(がん)細胞に直接、抗癌薬を送達する方法をオーストラリアの研究グループが開発した。オーストラリアのデイリーテレグラフ紙によると、この技術に用いる細菌は疾患を引き起こすことがないように改変されているという。

 従来の化学療法は薬物で全身をあふれさせるようなものだが、今回の方法は細菌を薬剤の運搬役とし、これが癌細胞に直行するようにしたのが画期的だと、研究を実施したJennifer MacDiarmid氏は述べている。

 同紙によると、このナノテクノロジーを用いた独特の薬剤送達システムは特定の癌マーカーを認識して、標的となる癌細胞を直接捕らえることができ、その後、薬剤が腫瘍内に放出されるという。

 この方法によって、生存率が上がるほか、癌患者を化学療法による過酷な副作用から解放することも期待できると研究グループは述べている。年内にはこの治療技術についてヒトを対象とした臨床試験が実施される予定。

2007年05月15日 (23:28)

要約: 韓国がんセンターで陽子線がん治療システム運用開始=欧IBA

がん診療・治療システム開発のベルギーのイオン・ビーム・アプリケーションズ(IBA)は、同社が韓国国立がんセンター(NCC)に納入した陽子線がん治療システムの運用が始まったと発表した。納入額は358億ウォン(約3800万ドル)。同システムは、NCC陽子治療センターで年間900人以上の患者に使用される見込みで、乳がん、小児がん、肝臓がん、肺がん、脳腫瘍、前立腺がんなどの治療を行う。IBAの陽子線治療システムの設置から稼働まで約20カ月を要した。NCC陽子治療センターは、韓国初の陽子線を使用したがん治療施設で、これにより陽子線治療を必要とする患者は、従来のように日本まで行かなくても韓国内で治療が受けられるようになった。

2007年05月09日 (23:28)

がん遺伝子から有益物質…阪大グループ

血管新生 殺菌効果 皮膚潰瘍治療に応用も

 がんに関連する遺伝子の一部から、血管をつくる作用や強い殺菌効果のある新しい物質を合成することに、大阪大医学系研究科の中神啓徳助教、金田安史教授らが成功した。本来は“悪玉の一味”に見られている遺伝子も、使い方次第ではまったく別の機能を持ち、有益に利用できることを示した初のケース。遺伝子の隠れた能力として注目される。

 人の心臓細胞から取り出された遺伝子やその断片1000万個を、血管の培養細胞に1個ずつ組み入れて機能を調べ、血管細胞を増やすなど最も「優秀」な機能を持つ遺伝子断片を検出した。この断片はがん細胞の表面に現れるたんぱく質をつくる遺伝子の一部で、そこから、たった30個のアミノ酸からなる新物質を合成した。本体のたんぱく質自体には血管細胞を増やす作用はなかった。

 この物質をマウスに注射すると、7日後には正常な血管ができた。足の動脈を縛って血行を悪化させたマウスに注射した場合は、4週間後に血流が回復した。黄色ブドウ球菌や緑のう菌の溶液に入れると、従来の抗菌物質より10~20倍も殺菌効果が強かった。

 研究グループは、床ずれなど治療が難しい皮膚潰瘍(かいよう)治療への応用を検討。塗り薬の加工にも成功している。

 たんぱく質など体内のさまざまな機能をつかさどる物質は、DNAに書き込まれた遺伝情報をもとに合成される。通常、一つの遺伝子がつくるたんぱく質は一つだけで、別の物質をつくることはないとされていた。

(2007年5月9日 読売新聞)

2007年05月01日 (23:29)

癌(がん)ワクチンの有望性を裏付ける研究が多数報告

致死率の高い膵癌および頭頸部癌に対するワクチンについて、複数の研究で有望性が認められ、ロサンゼルスで開催された米国癌学会(AACR)年次集会で発表された。

 米ピッツバーグ大学(ペンシルベニア州)医学部のAndrew Lepisto氏らは、免疫細胞を利用した膵癌ワクチンの第I相試験の結果を報告した。膵癌のうち外科手術の対象となるのは約20%で、手術後の5年生存率はわずか20%である。今回の研究では、手術を受けた患者12人にワクチンを投与した結果、5人が長期生存し、5年生存率は42%以上に上昇した。

 同大学助教授Sanjay K. Srivastava氏らによる研究では、ハーブ系サプリメント(栄養補助食品)の「トリファラ」(3種類の果実を乾燥させ粉末にしたもの)の抽出物にマウスの膵癌細胞を死滅させる作用のあることが突き止められた。トリファラに、正常な細胞を損傷せずに膵癌細胞のアポトーシス(プログラムされた細胞死)を誘発する作用があることを示したもので、膵癌の予防および治療のための新薬開発につながることが期待できるという。

 このほか、同大学教授Theresa Whiteside氏らのチームは、腫瘍の成長を抑制する蛋白(たんぱく)p53を標的とするワクチンを開発し、頭頸部癌の細胞に用いた結果を報告。癌になるとp53に変異が生じるが、p53細胞の変化しない部位を標的とするワクチンを用いて免疫作用を活性化させることによって、腫瘍細胞を破壊するキラー細胞を産生させ、さらにキラー細胞の作用を助ける「ヘルパー細胞」も増大させることに成功したという。この研究に基づいて、頭頸部癌患者を対象とする第I相臨床試験が開始されている。

 同集会では、子宮頸癌ワクチンの有効性を示す2研究も発表された。

トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。