ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2007年07月26日 (18:41)

癌(がん)抑制蛋白(たんぱく)が老化も防ぐ

癌(がん)抑制蛋白(たんぱく)として知られるp53および細胞調節因子Arfに、老化を遅らせる働きのあることがスペイン国立癌研究センター(マドリード)Manuel Serrano氏らの研究で示され、英科学誌「Nature」7月19日号に掲載された。

 癌研究者にとって、p53蛋白はなじみ深い物質である。p53は生体で作られ、悪性化するリスクの高い細胞を除去する働きがあり、Arfはp53に除去すべき細胞を知らせることにより、その働きを助けているとされる。Serrano氏らは、p53およびArfを過剰に発現するよう遺伝子操作したマウスを何年も研究に用いるうちに、このマウスの寿命がほかのマウスよりも長いことに気付いた。

 今回の研究では、p53/Arf過剰産生マウスから採取した細胞を詳細に検討。老化マーカーを調べた結果、老化の遅延が認められ、癌抑制効果を考慮してもなお寿命の延長がみられることが明らかになった。

 Serrano氏は、p53およびArfにより老化が抑制されるのは、癌が抑制されるのと全く同じ理由であるとの見解を述べている。老化は細胞の欠陥が蓄積して生じると考えられているが、p53およびArfはいわば細胞の「品質管理」を担うもので、p53の多いマウスほど細胞が厳しく管理され、癌になりにくく老化も緩やかであるとSerrano氏はいう。

 米国立加齢研究所(NAI)のFelipe Sierra氏によると、どの哺乳類でも寿命が終わりに近づくと急激に癌の発症率が上がるが、その理由もp53によって説明できるという。80年近く生きるヒトの場合、それだけ長期間にわたり癌を防ぐ必要があり、p53がそれを助けている。若いうちはp53/Arfが癌を防いでいるが、年を取るとその効果が衰えると同氏は考える。老化と癌に密接な関係があるのは誰もが感じていたが、今回の研究はその根拠を示すものだという。

 しかし、不老不死の薬のようなものをすぐに期待してはいけない。生体内のp53を増大させる数々の化学物質が大手の製薬会社により開発されているが、まだごく初期の試験段階で、p53の作用を精密に調整するのは容易ではないとSerrano氏は指摘。Sierra氏も同意見で、あくまでも基礎的なメカニズムが明らかになっただけで、その操作を論じるのは時期尚早で、「若さの泉」はすぐそこにはないと述べている。
スポンサーサイト

2007年07月03日 (21:12)

抗がん剤インドロカルバゾールの骨組みを構築する 酵素の立体構造を解明 - 放線菌がインドロカルバゾールを作り出すメカニズムの一端が明らかに -

土壌中にはカビや細菌など多種多様な微生物が生息しています。中でも細菌の一種である放線菌は、土壌1グラム中に数百から数万個も存在し、物質循環の分解者の役目を果たしているだけでなく、結核治療薬として知られるストレプトマイシンなどの抗生物質や農薬などを作り出す、人類にとって極めて有用な微生物です。
 この放線菌の生産する化学物質“インドロカルバゾール”は、抗がん剤や白血病、糖尿病性眼疾患の治療薬として国内外で期待が高まっています。 2002年に富山県立大学の尾仲宏康講師がこの注目の化学物質を作り出す一連の酵素を発見し、そのなかでシトクロムP450StaPが骨格構造をつくる重要な段階に関与していることを突き止めました。しかし、この酵素が骨組みを作り上げる仕組みはナゾのままでした。
 理研播磨研究所の城生体金属科学研究室は、同講師と共同で、シトクロムP450StaPがインドロカルバゾール骨格材料のクロモピロリン酸(CPA)と結合した複合体を結晶化し、大型放射光施設SPring-8を使って構造を解明しました。その結果、酵素はインドールカチオンラジカルという特殊な中間体を経由し、目的の骨格を作り出すことが明らかとなりました。この立体構造の解明で骨格形成の仕組みが詳細にわかるようになり、さらに改良型シトクロムP450StaPを設計することで、薬理効果の高い新たなインドロカルバゾール系抗がん剤などの創製に貢献すると期待されます。

トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ