ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2012年05月31日 (17:51)

カープ観戦も乳がん検診も

 乳がんの早期発見と治療を呼び掛ける「ピンクリボンdeカープ」が6月10日、広島市南区のマツダスタジアムでの広島東洋カープ対オリックス戦である。無料検診などを実施。30日、実行委員会(川瀬啓子委員長)のメンバーが同スタジアムで会見した。

 内野自由席に招待する協賛入場券(1500円)を千枚用意。購入者のうち100人は球場前のマンモグラフィー(乳腺エックス線撮影)車で無料検診が受けられる。要予約。

 会見に同席した木村昇吾選手(32)は「いつもサポートしてくれる妻にも検診を勧めたい」。6月11日に三次市のみよし運動公園野球場でのオリックス戦でもPRイベントがある。実行委=電話082(249)6172。

スポンサーサイト

2012年05月31日 (14:08)

「異常な事態」学会で発表 / 胆管がん調査の准教授

大阪市にあるオフセット校正印刷会社の元従業員が高頻度で胆管がんを発症し男性4人が死亡した問題で、実態を調査していた産業医科大(北九州市)の熊谷信二准教授が31日、名古屋市で開かれている日本産業衛生学会で症例の概要などを発表し「明らかに異常な事態だ」と指摘した。

 熊谷准教授によると、同社の校正印刷部門に勤めていた男性従業員33人のうち少なくとも5人が胆管がんを発症し、4人が死亡した。発症年齢が25~45歳と若く、発症率は日本人平均の約600倍と高かった。

 同社は、大量に印刷する前などに少部数を印刷して誤植や発色などを確認する校正印刷を専門とする会社だった。

2012年05月31日 (11:25)

胆管がん調査の准教授、「異常な事態」学会で発表

 大阪市にあるオフセット校正印刷会社の元従業員が高頻度で胆管がんを発症し男性4人が死亡した問題で、実態を調査していた産業医科大(北九州市)の熊谷信二准教授が31日、名古屋市で開かれている日本産業衛生学会で症例の概要などを発表し「明らかに異常な事態だ」と指摘した。同准教授によると、同社の校正印刷部門に勤めていた男性従業員33人のうち少なくとも5人が胆管がんを発症し、4人が死亡した。

2012年05月31日 (09:42)

乳がん検診でろっ骨骨折 市が損害賠償、和解

昨年11月に能代市の乳がん検診を受けた同市の60代女性が、マンモグラフィー撮影の際に胸部を圧迫され、ろっ骨を骨折していたことが30日、分かった。斉藤滋宣市長が定例会見で明らかにした。

 市によると、女性は検診から4、5日後に「痛みが取れない」と市に相談。市の勧めで受診したところ、骨折と診断された。撮影装置の板で胸部を圧迫したのが原因とみられる。市は損害賠償として治療費と慰謝料計約15万円を支払うことで女性と和解した。

 市健康づくり課は「女性にはつらい思いをさせてしまった」と陳謝する一方、「検診を担当した技師の話では、胸部への圧迫は特段強いものではなく、検査は通常通り適正だった。検査前にも必要な注意説明は尽くしていた」と話した。

 斉藤市長は「痛みの伴う検査であり、注意を払ったつもりだったが、このようなことになりおわびしたい。今後このようなことがないようにしたい」と述べた。

2012年05月26日 (12:38)

ステージ4 がんと生きる 池田省三 <手術>3週間ぶり喜びの味

2012年05月26日 (10:37)

トンデモ“結婚詐欺”の女、末期ガンと大ウソ

結婚を前に、末期がんに冒されていると大ウソ言って寄付を集め、だまし取ったとして、詐欺罪などに問われていた米ニューヨーク州の女が24日(日本時間25日)までに、禁錮約2カ月の判決を言い渡された。

 米メディアなどによると、この新手ともいうべき“死ぬ死ぬ詐欺”の女はジェシカ・ベガ被告(25)。ベガ被告は結婚式を前にしながら末期がんで余命1年未満との話をでっち上げ、2010年1月から6月にかけ、市民やウエディングドレス店などから多額の寄付を集めた。

 そのおかげで、同年5月に豪華な結婚式を挙げ、指輪を手にし、さらにはカリブ海へ2週間の新婚旅行に行くこともできた。寄付金の額は不明だが、総額数千ドルにのぼるとみられている。

 ところが、一向に病状が悪化しないどころか、ますます元気いっぱいの女に不審を抱いた夫が調べると、医師の診断書などは偽物と判明。つまり夫もだまされていた。そしてベガ被告は今年4月に逮捕、起訴となった。

 公判では罪を認め、一部被害者に約1万3368ドル(約107万円)を弁済。判決では禁錮刑のほか、5年間の保護観察と社会奉仕300時間が言い渡された。当然といえば当然だが、夫とは離婚しているという。

2012年05月25日 (20:46)

がん患者、4分の1が失職=自営に比べ、被雇用者高率-山形大調査

 がん患者が診断後に失職する割合は、被雇用者では4分の1に上り、自営業者と比較して高いことが、山形大医学部の調査で25日、分かった。仕事に復帰した患者は自営業者が58.9%なのに対し、被雇用者は43.0%。依願退職や解雇により失職する割合は、派遣や契約などの非正規雇用の人では4割近くを占め、正規雇用の人に比べ高い傾向があるとしている。
 がん患者の就労状況や社会復帰に関する本格的な調査はこれまで例がなかったという。調査に当たった山形大の学長特別補佐を務める嘉山孝正国立がん研究センター前理事長は「医師は会社に病状を説明する役割があり、会社としても(就労支援の)制度設計をする必要がある」と述べた。

2012年05月25日 (12:10)

がんと偽り寄付募る 結婚式の費用に 米の女性

米ニューヨーク州の女性が、がんを患っていると偽って寄付金を募り、結婚式などの費用をまかなっていたとして禁錮約2カ月の判決を受けた。

 女性は2010年に結婚。式のほか、指輪や、カリブ海の島への新婚旅行の費用まで善意の寄付に頼っていた。

 女性は法廷で謝罪し、1万3千ドル(約104万円)以上を返済した。(AP)

2012年05月17日 (20:01)

【続報】山田邦子、西川のりお追悼コメント

タレントの山田邦子(51)が17日、胃がんのため16日に都内の病院で亡くなったお笑いトリオ「ヒップアップ」のメンバーで、俳優の小林すすむさんを追悼し、文書でコメントを発表した。

 2人は1980年代にテレビのバラエティー番組で共演して以来、親交を深めていた。
 山田は、小林さんが2月に倒れた際のこと、共演者が見舞いに来たこと、お笑いの仲間が治療・入院費をカンパしたことなどを、伝えている。

 コメントは以下の通り。 

 2月に倒れた時にはすでに余命2週間の状態でしたが、最後までがんばったと思います。「みんなに迷惑をかけるから」と、病状を内緒にしていましたが、本人から携帯に、いき絶え絶えの電話が入り、病院に飛んで行き、スーちゃん(小林さん)に確認した上、最後まで撮影していた「踊る大捜査線」や「花より男子」の方々に連絡しました。 
 井上真央ちゃんや、松本潤くん、小栗旬さんが3人でお見舞いに来てくれてすごく喜んでいました。
 また、ヒップアップ・島崎俊郎や赤信号・渡辺正行らと相談して、ひょうきん族のメンバーでお金を集め、治療、入院費用を届けに行きました。 

 58歳。早いお別れになりました。 

 最期は奥さんの昭子さんや事務所の方々にみとられ、穏やかに眠るように逝きました。 
 私とラサール石井と明石家さんまさんが到着した時は、病室できれいに処置が行われ、みんなで家に帰る用意をし、スーちゃんは夜中に自宅に戻りました。

 「葬式はしないでほしい」と言っていたので、密葬にして、後日お別れ会を、と考えています。 
 優しい人でした。肝臓も悪かったので、去年後半あたりに、やたら「くたびれた」を連発していたころ、少しでも早く治療していれば、と悔やまれます。

 また、番組で共演していたお笑いタレントの西川のりお(61)も、所属事務所を通じてコメントを発表した。
 「怒っているところを見た事がないとても優しい人間だった。僕の言うことにいつも笑ってくれてたのが印象に残っています。苦楽を共にしたひょうきんファミリーの盟友がまた一人いなくなってしまいとても寂しく思います。俳優としても活躍していただけに58歳とは若すぎます…ご冥福をお祈りします」

2012年05月17日 (19:16)

“ヒップアップ”小林すすむさん急死…58歳、スキルス性胃がんで

お笑いトリオ「ヒップアップ」の一員で、脇役俳優として活躍していた小林すすむさん(本名・小林進)が16日午後10時45分、スキルス性胃がんと肝硬変のため東京都三鷹市の病院で死去した。58歳だった。突然の発症で、最後の1週間は「オレたちひょうきん族」時代のお笑い芸人仲間が病床に駆けつけたという。

 関係者によると、小林さんは映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」(9月公開)を撮り終えたばかりだったが、体調不良から病院で診察を受けたところ、進行が速いスキルス性胃がんで「余命2~3週間」と告げられていたという。葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻、昭子(あきこ)さん。

 1979年に島崎俊郎(57)、川上泰生(58)とトリオを結成。80年代の漫才ブーム当時に人気を二分した「コント赤信号」のラサール石井(56)は17日早朝、ツイッターで「いつも柔らかい笑顔の心底いい奴でした。誰も真似のできないフワリとした味のあるいい役者でした」と小林さんの死を悼んだ。

 また、石井は「山田邦子が皆に知らせたお蔭で、最後の一週間は(ヒップアップで)相棒の島崎(俊郎)をはじめ、ひょうきん族の仲間や花より男子の出演者達が見舞いに来てくれて、とても嬉しそうでした」と明かし、「最後は痛みも苦しみもなく、穏やかに召されていきました。安らかに眠っておくれ」と伝えている。

 小林さんは長野県上田市出身。90年代からは名脇役として「踊る大捜査線」シリーズや「花より男子」など多くのドラマ、映画で活躍した。

2012年05月17日 (16:50)

俳優の小林すすむさん死去 「ひょうきん族」で人気

小林すすむさん(こばやし・すすむ=俳優、本名小林進)が16日、肝硬変と胃がんで死去、58歳。葬儀は近親者のみで行う。喪主は妻昭子(あきこ)さん。

 1980年代、お笑いトリオ「ヒップアップ」のメンバーでバラエティー番組「オレたちひょうきん族」などで人気に。近年は俳優として活動していた。9月に公開予定の映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」が遺作となる。
.

2012年05月17日 (15:00)

小林すすむさん死去…踊る大捜査線最新作が遺作に

俳優・小林すすむさんが16日、都内の病院で死去した。58歳だった。

 小林さんは島崎俊郎、川上泰生らとともに、お笑いトリオ『ヒップアップ』を組みバラエティー番組『オレたちひょうきん族』に出演するなど、1980年代に一世を風び。90年代には俳優へ転身し、ドラマ『ロングバケーション』や映画『踊る大捜査線』などで名脇役として親しまれた。

 17日付のスポーツ報知が報じており、関係者によるとスキルス性胃がんと肝臓がんを患っていたといい、今年2月、映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』の撮影終了後、病院で「余命2~3週間」の診断を受け入院していたといい、最期は家族に看取られたという。

2012年05月17日 (13:27)

がん骨転移に新薬

がんが骨に転移して起きる病的骨折などの骨病変を抑える新しい分子標的薬、デノスマブ(製品名・ランマーク)が第一三共から発売された。多発性骨髄腫の骨病変にも適用される。骨転移が特に多いのは前立腺がん、乳がん、肺がん。デノスマブは、骨を吸収する破骨細胞の活動を活発化させる仕組みを妨げ、骨の破壊を防ぐ。1カ月に1度、皮下注射する。がんの骨転移で生じる骨病変には、骨粗鬆(こつそしょう)症治療に使われる骨吸収阻害剤ビスフォスフォネートだけだった。比較試験で、ビスフォスフォネートを上回る効果が確認された。

2012年05月17日 (10:03)

血液でがん検査、インドで事業化 金大が開発

金大が開発し、血液の遺伝子解析によって消化器系がんの有無を判定できる検査法が、インドで事業化される見通しとなった。同大発のバイオベンチャー企業「キュービクス」(野々市市)が16日までに、インドの企業と事業提携契約を結んだ。今年中に臨床性能試験を実施し、来年にも検診事業を開始する。
 この検査法は「マイクロアレイ血液検査」と呼ばれ、がんに関係する遺伝子を載せた「DNAチップ」を使い、患者の血液から抽出した遺伝物質を解析する。金大医薬保健研究域医学系の金子周一教授のグループとキュービクスが共同で研究開発し、特許を取得した。国外の企業との提携はドイツに続き2例目となる。

 キュービクスによると、検査法は昨年8月に商品化され、石川県内では金沢市の北陸病院、七尾市の恵寿総合病院、白山市の公立松任石川中央病院、加賀市の山中温泉医療センターなどが導入している。砺波市の砺波総合病院などと合わせて国内24施設で約200例の実績がある。

 今回契約を結んだのは、インドのバイオベンチャー企業「アベスタージェン」。米国で2010年に開催された展示会をきっかけに、技術移転機関「金大TLO」を通して交渉が進められ、今年3月に締結した。

 計画では、インド国内で約300例の臨床試験を実施し、性能を確認する。アベスタージェン社の支店がある中近東やシンガポールでの展開も目指す。キュービクスはDNAチップを輸出するほか、検査や解析の手法を指導する。

 キュービクス社の丹野博社長は「インドは巨大な市場。富裕層を中心に健康診断への関心は高い」と期待する。今後は消化器系のほか、肺や乳房、子宮、前立腺などのがんも一度に発見できる新検査法の開発も目指す。

2012年05月17日 (09:42)

「世界一の蝶々夫人」オペラ歌手のビエッシュさん死去

モルドバのオペラ歌手、マリア・ビエッシュさんが16日、首都キシニョフの病院で死去した。数年前からがんを患っていた。76歳。ロシア主要メディアが報じた。

 35年、当時のソ連モルダビア共和国南部ボロンチロフカ生まれ。キシニョフ国立音楽院を61年に卒業後、62年にソプラノ歌手としてオペラデビュー。67年には東京で開催された「三浦環賞・第1回マダムバタフライ世界コンクール」で優勝、「世界一の蝶々夫人」のタイトルを獲得。ソ連邦人民芸術家の称号も授与された。ソ連のほか、日米欧など世界中で公演した。(共同)

2012年05月04日 (11:04)

SOPHIA、約2年ぶり全国ツアー完走

 人気ロックバンド「SOPHIA」の約2年ぶりとなる全国ツアーのファイナル公演が4日、東京・渋谷公会堂で行われた。

 2010年3月にメンバーの都啓一(40)が、ろ胞性悪性リンパ腫(血液のがん)であることを公表。同年4月の公演をもって、グループは活動を休止していたが、同年11月にがんの寛解(がんの徴候と症状が減少、または消失すること)が明らかになり、2011年6月から活動を再開した。

 この日は東京2days公演の最終日で、楽曲「街」など19曲をファン2000人に披露。ボーカルの松岡充(40)は「2年前に都の病気が発覚して、まさかこうやって全国ツアーができるとは夢にも思わなかった。今こうしてライブができるのは目の前にいるファンのみんなのおかげです。SOPHIAがファンのみんなにとっての青春になればいいなあと、みんなの帰る場所になってくれたらいいなあと思っています。そういえば、夏の終わりにシングルをリリースする予定なので、出たらみんな聴いてな」と感謝の気持ちを込めて告知。

 都も「本当に皆さんには心配をおかけしました。本当に申し訳ない。でも、ステージに戻ってこられて、きょうのような最高な日をみんなと作れて本当に感謝しています。それまでは俺らも負けないし、みんなにもいろいろなことがあると思うけど、頑張ってほしい。きょうは本当にありがとうございました」と万感の思いで呼びかけた。

2012年05月04日 (09:26)

がんセンターとリハセンの黒字化目標 県が前倒し

 県立3病院の経営改善に取り組む県保健福祉部は3日までに、がんセンター、とちぎリハビリテーションセンター(いずれも宇都宮市)の黒字化目標について最大5年前倒し、がんセンターは2015年度、リハビリセンターは17年度とすることを決めた。11年度決算で黒字化が見込まれる岡本台病院(宇都宮市)は黒字継続を目指す。同部は「県立病院改革プラン」にこれらの目標を盛り込んだ。

 県立3病院は、同プランに基づき09年度から経営改善に取り組んでいる。プランは11年度に終了する予定だったが、同部は改革をさらに進めるため13年度まで2年間、計画期間を延長した。

 3病院ともプラン開始後の3年間で収支改善が順調に進んだことから、同部は当初見込みよりも早く黒字化達成が可能と判断した。09年度時点での黒字化目標は、がんセンターが20年度、リハビリセンターは19年度だった。

 県立3病院の医療サービス面での収支(収益的収支)は11年度、岡本台病院が4年ぶりに200万円の黒字となる見通し。

 これに対し、がんセンターは5億8千万円、リハビリセンターは1億9千万円の赤字が見込まれる。「民間が採算面などで参入しにくい分野を手掛けている」(同部)ことが理由という。ただ、プラン開始前の08年度に比べ、赤字額はがんセンターで約2億4千万円、リハビリセンターで約4千万円、それぞれ減少している。

トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

患者を繋ぐRelay for Life

閲覧は動画の真ん中をクリック




末期がん克服の体験談

gan


↑↑クリック↑↑
国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
ガン完全克服掲示板
ガン完全克服チャット
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ