ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2012年10月31日 (13:05)

県南のがん検査拠点に つくば画像検査センター

筑波大病院に開設
県南地域の高精度のがん検査の拠点として、つくば画像検査センターが30日、つくば市天久保の筑波大学付属病院の敷地内に開設された。陽電子断層撮影装置(PET)とコンピューター断層撮影装置(CT)を組み合わせたPET-CTを導入し、11月1日から検査を開始する。県内の医療機関でPET-CTを導入するのは、日立製作所日立総合病院(日立市)、県立中央病院(笠間市)に続き3番目。

ガンマ線を用いて細胞の働きを見るPETの検査だけでは、5ミリ以下のがんを発見することは難しかった。エックス線を使って形を鮮明に映し出すCTと組み合わせることで、より高精度の診断が可能になる。

同センターには、さらに磁気共鳴画像装置(MRI)とCTも備える。医師3人を含むスタッフ約15人が常勤し、1日16人までの検査が可能。がんと診断を受けた保険適用となる患者を中心に受け入れる。保険適用を受ければ、検査実費負担は約3万円弱になるという。

また、放射性アイソトープを作るサイクロトロンを設置し、PET検査に使用する薬剤を製造する。今後、創薬の研究拠点としても期待されている。

同センターは2階建てで延べ床面積1440平方メートル。同センターを運営する医療法人社団豊智会(東京都中央区)が総工費約14億円を掛けて完成した。

スポンサーサイト

2012年10月31日 (10:32)

直木賞作家の藤本義一さん、肺がんのため死去

直木賞作家でテレビ番組「11PM」の司会でも知られた藤本義一(ふじもと・ぎいち、本名=藤本義一=ふじもと・よしかず)さんが30日午後、肺がんのため亡くなった。79歳だった。

 大阪府堺市出身。大阪府立大学経済学部在学中からシナリオなどを手掛け、ラジオドラマ「つばくろの歌」で昭和32年度芸術祭文部大臣賞を受賞。卒業後は宝塚映画に入り、シナリオを執筆。映画監督、川島雄三に師事し、37年から放送作家として独立して「法善寺横丁」などを執筆した。40年から読売テレビ系の深夜番組「11PM」の司会者を務め、平成2年の最終回まで25年、2520回にわたって出演した。

 昭和44年から大阪弁と上方的な発想を生かした軽妙な作風の小説を発表し、49年に「鬼の詩」で第71回直木賞を受賞。また、漫才集団「笑の会」を主宰し、上方の若手漫才師や漫才作家の育成にあたった。その一方、平成7年の阪神大震災で親を亡くした遺児の心のケアにも取り組み、11年、兵庫県芦屋市にケア施設「浜風の家」をオープンし、理事長を務めた。

 他の主な著作に「生きいそぎの記」「元禄流行作家-わが西鶴」「殺られ」「白い血が流れる」「はぐれ刑事」「贋芸人抄」など。日本放送作家協会関西支部長も務めた。

 藤本さんは数年前からがんを患っていたが、容体が悪化。約1カ月前から西宮市内の病院に入院していたが、30日朝に急変したという。(産経新聞)

2012年10月30日 (18:16)

小児がん体制を整備へ/県の対策推進計画素案

香川県はこのほど、策定中の第2次県がん対策推進計画(2013~17年度)の素案を明らかにした。75歳未満のがん死亡率を17年度末までに20%減とする全体目標を設定した上で、新たに小児がん医療の体制整備や、県内全ての中学校でがん教育を実施するとしている。

 高松市番町の県社会福祉総合センターで開かれた県がん対策推進協議会(会長・森下立昭県医師会会長)で了承された。

 素案では、国の指針に基づき、小児がんを扱う医療機関で、患者やその家族が安心して治療や相談を受けられるよう支援体制の整備に努めることや、休校を除く県内全ての78中学校でがん教育を実施することを新たに盛り込んだ。

 「がん予防・早期発見」に関する数値目標については、禁煙・分煙認定施設を現在の821施設から1300施設にすることや、がん検診受診率を50%以上とすることとした。

 同計画は、国の「がん対策基本法」に基づいて策定を進めており、県は来年3月までに計画を決定する予定。

2012年10月30日 (16:10)

ピロリ菌で幹細胞に逆戻り 胃がん発症に関与か

胃がんの原因とされるピロリ菌には、胃の細胞を幹細胞のような未分化な細胞に戻す能力があるとする研究成果を、東京大の畠山昌則はたけやま・まさのり教授(病因・病理学)らがまとめ、29日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。胃がんの予防法開発につながる可能性があるという。

 畠山教授によると、ピロリ菌が作り出すタンパク質が胃の細胞に侵入すると、「CDX1」という遺伝子が働いて別の2種類の遺伝子を活発化させた。すると胃の細胞が、消化管のさまざまな細胞に成長する幹細胞のような状態に変化することが分かった。

 ピロリ菌感染で慢性胃炎が続くと胃の粘膜に腸の細胞が現れることが知られている。幹細胞のような状態になった細胞が腸の細胞を作っていると考えられるという。

 畠山教授は「幹細胞はさまざまな細胞に成長できる一方で、がん化しやすい性質も持っており、胃がんの発症に関わっている可能性がある」としている。

2012年10月30日 (15:21)

がんで直面するお金の問題…「障害基礎年金」利用も

 がんになって直面する現実問題は、収入の減少だ。お金がなければ満足に治療を受けられないばかりか、生活自体が成り立たない。

 ◇

 歯科技工士の北澤幸雄さん(61)が、2005年にがん患者の自立を支援するNPO法人「とまり木」(埼玉県草加市)を設立したのは、自らがんを体験してお金に苦労したからだ。

 「働く世代のがん患者は、障害者でも高齢者でもなく、難病患者でもない。現在の法律や制度では、がん患者など長期療養者は社会保障から見放されるだけでなく、就労の機会も奪われてしまう場合があります」

 北澤さんが悪性リンパ腫と診断されたのは1999年11月(当時48歳)。自宅近くの総合病院に3カ月入院。退院後も通院で抗がん剤治療を14カ月(36回)続け、その期間の医療費は毎月7万円ほどかかったという。

 「独立開業して6年目の時で、個人事業主なので収入は半分から3分の1に落ち込みました。それを補うために、昼間は治療に専念して、夜間や土日の時間帯にチラシ配りや週2-3回、警備のバイトをしていました」

 抗がん剤治療を終えて半年後、総合病院の治療に疑問を感じた北澤さんはセカンドオピニオンを受け、がん専門病院に転院。再度、1週間の検査入院が必要になり、夜間警備の休暇をもらうと、診断書を見た担当者から「もう働いてもらわなくていい」と言われた。検査入院のために月10万円の仕事を失った。

 検査結果は、最初の診断とは違う別の種類の悪性リンパ腫。02年10月から9カ月間(16回)、2回目の抗がん治療を開始した。

 「薬の副作用で手足がしびれてチラシ配りもやめました。歯科技工は少しやっていましたが体が動かない。20分やって3時間休憩の繰り返しです。仕事を完全に失う絶望感に襲われました」

 家計は妻が働きに出て支えてくれたが、同時にさまざまな社会保障制度を調べて回った。そんな時、親戚の知人の社会保険労務士からアドバイスを受けたのが「障害基礎年金」。病気などで重度の障害が残った65歳未満の人に、加入中の年金を早くから支給する制度だ。

 北澤さんは社会保険労務士の協力を得て、役場の国民年金窓口に申請。03年3月、障害等級2級と認定され、年間約80万円の支給を2年間受けることができた。

 「私の場合は法人ではないですが、会社でも社員1人から1万人のところもある。正社員でも中には名ばかりのところもある。自分の立場を事前に調べて、がんに備えた方がいい」

 次回は、北澤さんのその後の活動を紹介する。(新井貴)

2012年10月30日 (13:12)

がん患者ら「経済的支援を」 鹿児島県アンケート調査

 鹿児島県内のがん患者らが最も求めている対策は、「高度医療が可能な医療機関」のほか「経済的支援」であることが、県が実施したアンケート調査で浮き彫りになった。治療で困ったことにも「経済的負担」を挙げた人が最も多く、治療費が大きなネックになっている現実がうかがえる。29日に県庁であった県がん対策推進協議会で報告された。
 調査は2013年度からの次期がん対策推進計画に生かすためのもので、県がNPO法人「がんサポートかごしま」(三好綾理事長)に委託。5~7月、がん患者を中心に家族や医療者を含む県内206人から回答を得た。
 がん対策で必要な対応は「経済的支援」が13.2%、「高度医療の医療機関」が13.1%でほぼ同率だった。「がん検診の体制整備」8.7%、「緩和ケアの充実」8.6%と続いた。

2012年10月30日 (11:57)

がん患者ら「経済的支援を」 鹿児島県アンケート調査

 鹿児島県内のがん患者らが最も求めている対策は、「高度医療が可能な医療機関」のほか「経済的支援」であることが、県が実施したアンケート調査で浮き彫りになった。治療で困ったことにも「経済的負担」を挙げた人が最も多く、治療費が大きなネックになっている現実がうかがえる。29日に県庁であった県がん対策推進協議会で報告された。
 調査は2013年度からの次期がん対策推進計画に生かすためのもので、県がNPO法人「がんサポートかごしま」(三好綾理事長)に委託。5~7月、がん患者を中心に家族や医療者を含む県内206人から回答を得た。
 がん対策で必要な対応は「経済的支援」が13.2%、「高度医療の医療機関」が13.1%でほぼ同率だった。「がん検診の体制整備」8.7%、「緩和ケアの充実」8.6%と続いた。

トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ