ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2014年01月18日 (15:47)

遺伝子検査、安価で簡単にできるが… 米国では「販売停止」になるキットも

遺伝子検査が、誰にでも簡単に利用できるようになっている。親子関係や潜在的な病気を調べたり、最近は美容やダイエット対策として自分自身の体質を調べたりするのに使われている。

 米国では自分のルーツ(祖先)を探るのにも使われているそうで、用途が広がり、検査に必要な費用も安くなった。その一方で、遺伝子検査キットが販売停止となるケースも出てきた。

■遺伝子解析に「たったの99ドル」

 「たった99ドル(約9900円)で、あなたの遺伝子を解析します」――。13年8月、全米でこんなテレビCMが流れた。遺伝子解析を手がける米シリコンバレーの「23andMe」(23アンドミー)のCMだ。

 23アンドミーの遺伝子検査は病院に行く必要がなく、自宅から手軽に利用できる。インターネットの同社のホームページで99ドルの遺伝子検査キットを申し込むと、検査キットが届く。唾液を採取して容器に入れて送り返すと4~6週間で解析が完了し、自分専用のホームページで結果を閲覧できる仕組みだ。

 すべての遺伝情報ではなく、病気や薬の反応などとの関係が深い一部の遺伝情報だけを解析する仕組みを採用したこと、また利用者を増やすことで規模のメリットを追求して、コストダウンを図った。

 遺伝子解析で、254項目の健康に関するリスクや、自分の体質やルーツを探る手がかりがつかめる。

 2007年から始まった同社の遺伝子検査は、すでに米国内外で50万人が利用していて、13年中に100万人に拡大する計画だったとされる。

 ところが、米食品医薬品局(FDA)は11月、健康リスク判定サービスの販売停止を求めると警告した。FDAはその理由を、同社の健康リスク判定によって消費者が自分の判断で治療を変更したり、誤った判定や偽陽性で消費者が間違った判断を下したりする危険性を指摘している。

 23アンドミーは現在、自身のルーツを探るための遺伝子検査のみで販売を続けている。


じつは日本でも、1~2万円程度で遺伝子検査を受けることができる。米23アンドミー社と同様に、検査キットを購入して自宅で唾液などを採取して送り返す方法。その手軽さから、利用者も増えているようだ。

 遺伝子を調べることで、親子関係はもちろん、美容やアンチエイジング、ダイエット対策や生活習慣病の予防、子どもの潜在能力検査など、わかることは多岐にわたる。医療現場では遺伝子情報を知ることで、その人の体質にあった治療方法や薬の投与ができるようになる。症例はまだ少ないが癌の治療にも有効とされる。

 ある健康食品・サプリメント販売の会社が行っているダイエット対策(肥満関連遺伝子検査)の遺伝子検査キットは5250円で販売しているという。

 もちろん、病院・診療所でも受診できる。

 ちなみに日本の遺伝子検査については、日本医学会がガイドラインを設けているものの、厚生労働省は「(遺伝子検査の)規制などには関与していない」としている。現在、どのような会社が遺伝子検査キットを販売し検査しているか、詳細は把握していないようだ。
スポンサーサイト

2014年01月18日 (15:46)

米Wバージニア、ケミカルバレーの現状

米ウェストバージニア州で1月9日、フリーダムインダストリーズ(Freedom Industries)社の工場から石炭洗浄用の化学薬品がエルク川に流出、水道水が汚染される事態に発展した。1週間後の現在でも、州内9つの郡の住民20万人以上が不自由な生活を強いられている。しかし以前から、州都チャールストン郊外の家庭では、蛇口から黒ずんだ水が流れ出ても誰も驚かなかったという。

 慢性的なアトピー性皮膚炎に苦しむ子どもが後を絶たず、バスタブのエナメル塗装もはがれやすい。自分の歯のエナメル層を心配する住民がいても不思議はない。

「我が町へようこそ」。ビビアン・ストックマン(Vivian Stockman)氏は52歳。州都チャールストンの北、ローン郡に長年暮らし、保護団体「オハイオバレー環境連合(Ohio Valley Environmental Coalition)」で活動している。

「ケミカルバレー」。いつの間にかそう呼ばれるようになったカナワ川流域の住民は、さまざまな汚染に長年耐えてきた。

 産まれたときから産業事故と隣り合わせで暮らしてきた住民にとっては、エルク川の流出事故は最近の被害の1つに過ぎない。地下水汚染、有毒ガス排出、火災や爆発などの人災に対応してきた州や連邦当局にとっても、まるで予想外の出来事だった。

 ウェストバージニア州歴史協会(West Virginia Historical Society)が発行した2004年の史料(ネイサン・カントレル著)によると、“ケミカルバレー”は数世代にわたって、アメリカで化学工場が最も集中する地域だったという。

 同州の化学メーカーの一部は、ここ数年でカナダのカルガリーのガス田や石油が豊富なメキシコ湾岸に移転している。しかし軟岩層「マーセラス・シェール」が発見された途端、“ケミカルバレー”としての再生に期待が集まるようになった。アメリカ東部一帯に広がるシェール層で、「世界最大の天然ガス田」との呼び声も高い。

「おかげ様で今は、ルネサンスを迎えている」。そう語るのは、同州で化学産業の構築に取り組む経済開発NPO「ケミカル・アライアンス・ゾーン(Chemical Alliance Zone)」の事務局長、ケビン・ディグレゴリオ(Kevin DiGregorio)氏。「とは言っても、化学業界の人間にとって安全は第一だ。私たちも水を飲むからね」。

 エルク川の薬品流出は、地域では過去5年間で3番目の事故となる。チャールストン周辺の住民30万人は水道水が使えない状態が続き、州都は実質的に機能停止状態に陥った。誰もがミネラルウォーター、赤ちゃんのおしり拭き、調理や片づけに水を使わないインスタント食品を探し回っている。

 1月15日夜現在、7万世帯に安全宣言が出されたが、今回の事故をきっかけに、脆弱な州経済の基盤である石炭・化学産業で、環境をどのように監視するかという長年の論争が再燃している。

◆化学の世紀

“ケミカルバレー”は、州中央にある人口614人のゴーリーブリッジ村から始まる。ニュー川とゴーリー川が合流し、大きなカナワ川に注ぐ場所だ。カナワ川は山あいを進んでから、オハイオ州との境界ポイントプレザントでオハイオ川に注ぐ。

 18世紀後半、岩塩の鉱山労働者や石炭王が州の資源に目をつけ、化学産業が産声を上げた。しかし、本格的な発展の契機は、爆薬などの化学製品の需要が高まった第一次世界大戦の頃だ。

 チャールストンから22キロ下流の町「ニトロ」は、1917~18年に製造された火薬「ニトログリセリン」にちなんでいる。ヨーロッパの戦場で散布された化学兵器、マスタードガスを製造する計画もあったが、実現には至らなかった。

 しかし1940年代~1971年、モンサント社(Monsanto Co.)のニトロ工場から、悪名高いエージェント・オレンジ(枯れ葉剤)が出荷されている。ベトナム戦争当時、東南アジアの広い範囲で森林にばらまかれ、大勢の身体障がい者を生むことになる。

 ニトロは最近、再び脚光を浴びている。2年前、モンサント社は、ニトロ工場の従業員約5000人を対象に、定期健康診断の費用として9300万ドル(約10億円)の支払いに同意。従業員は、町のダイオキシン汚染を集団訴訟で告発していた、枯れ葉剤の製造で発生する有毒な副産物で、癌(がん)の発症を疑われている。385ページに及ぶ裁判所命令によると、同社は4500世帯を対象に、汚染された粉塵の除去費用として900万ドル(約9億4000万円)の賠償を余儀なくされている。

Laura Parker for National Geographic News

2014年01月16日 (23:57)

京大など、濾胞性ヘルパーT細胞由来リンパ腫の発症過程を解明

京都大学(京大)は1月13日、多数の患者検体のゲノム解析を行い、高齢者で発症頻度の高い特定のリンパ球のがんである悪性リンパ腫において、RHOA遺伝子が合成を指定しているタンパク質の1カ所(17番目のアミノ酸)で、極めて高頻度かつ同疾患特異的にグリシンがヴァリンに変異していること(G17V変異)を明らかにしたと発表した。

【もっとほかの写真をみる】

同成果は同大 小川誠司 医学研究科教授、筑波大学医学医療系の千葉滋 教授、坂田麻実子 同准教授、東京大学(東大)医科学研究所の宮野悟 教授、東大理学研究科の濡木理 教授、癌研究会癌研究所病理部の竹内賢吾 主任研究員、虎の門病院血液内科の伊豆津宏二 部長、総合病院土浦協同病院血液内科の清水誠一 部長、国立病院機構水戸医療センター血液内科の米野琢哉 医長、筑波記念病院血液内科の佐藤佑二 部長、JAとりで総合医療センター血液内科の伊藤孝美 医長、東海大学医学部の中村直哉 教授らによるもの。詳細は2014年1月13日付の「Nature Genetics」に掲載された。

悪性リンパ腫は病理学的に多数の亜型に分類されており、B細胞リンパ腫とT細胞/NK細胞リンパ腫に大別した場合の比率は、前者が80%で、後者が20%程度とされている。また、T細胞/NK細胞リンパ腫の多くは複数の亜型が存在する末梢性T細胞リンパ腫であり、それら亜型のうちの約1/3は、濾胞性ヘルパーT細胞とよく似た遺伝子発現様式を示し、病理学的には血管免疫芽球性T細胞リンパ腫、あるいは分類不能型末梢性T細胞リンパ腫と診断される、比較的高齢者に多い疾患として知られている。

B細胞リンパ腫についてはゲノム解析が進んでおり、亜型ごとにゲノム異常の様子も明らかになりつつあるが、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫や分類不能型末梢性T細胞リンパ腫については、これまで、ゲノム異常として3つの遺伝子異常が同定されているだけで、しかもそれら3つの遺伝子異常も急性骨髄性白血病や骨髄異形成症候群などの、リンパ球以外の血液のがんでもしばしば認められるもので、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫や分類不能型末梢性T細胞リンパ腫に特異的なゲノム異常については、ほとんど解明されていなかったと言える。

そこで研究グループは今回、これまで解明が進んでいなかった血管免疫芽球性T細胞リンパ腫と分類不能末梢性T細胞リンパ腫の患者それぞれ3名、計6名の腫瘍組織および正常(骨髄、血液、頬粘膜)細胞から抽出されたDNAを用いてゲノム解析を実施。その結果、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫の全例、および分類不能末梢性T細胞リンパ腫のうち1例において、RHOA遺伝子の変異によって、同遺伝子が合成を指定(コード)しているタンパク質の1カ所(17番目のアミノ酸)で、グリシンがヴァリンに変異していること(G17V RHOA変異)を発見したという。

さらに、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫と分類不能末梢性T細胞リンパ腫合わせて約160名の患者について、腫瘍由来のDNAを解析したところ、このG17V RHOA変異が、血管免疫芽球性T細胞リンパ腫と、このタイプのリンパ腫に類似した分類不能末梢性T細胞リンパ腫に限って、前者で約70%以上、後者で60%以上という高い割合で認められることを確認したという。また、B細胞リンパ腫や、リンパ球以外の血液のがんからは、G17V RHOA変異はまったく検出されないことも確認したという。

そこでさらに研究を進めたところ、G17V変異はRHOA遺伝子にコードされるタンパクが属するファミリー「小GTP分解酵素(small GTPase)」の酵素が持つ細胞の運動や製紙などを制御する分子スイッチとしての機能を失わせることを確認したほか、この種の悪性リンパ腫のほとんどの例で、腫瘍組織の中ではRHOA遺伝子変異をもつ細胞の比率がTET2やDNMT3A変異をもつ細胞よりも低いこと、ならびに一見正常な骨髄細胞や血液細胞において、TET2およびDNMT3A遺伝子で機能喪失型の変異が生じているケースが多いことを確認したとのことで、これらの結果を受けて、加齢によりまずTET2遺伝子やDNMT3A遺伝子に変異が起こり、その細胞の増殖に伴い濾胞性ヘルパーT細胞が増加するという前がん状態があり、ここで生じた濾胞性ヘルパーT細胞の中でRHOA遺伝子変異が起こることによってリンパ腫が発生する、という発症過程が示されたと研究グループでは説明する。

なお、研究グループでは今回の知見をもとに、同疾患の診断に高感度で特異的に検出でき、なおかつ簡便な診断方法を開発したとしており、今後は、RHOA関連分子を標的とする新規治療薬の創出を目指すとしている。

2014年01月09日 (13:55)

たかじんさん死去 事務所のFAX全文「もう一度元気な姿を…」

歌手でタレントのやしきたかじんさんが3日、亡くなっていたことが分かった。所属事務所が発表した。故人の強い意志で、近親者のみの密葬で済ませたことも記されている。以下、所属事務所からのファクス全文。

【写真】昨年3月に一度は元気に復帰した、たかじんさんだったが…

 ファンの皆様、関係各位

 やしきたかじんは、2012年1月に食道癌と診断され、1年2カ月の療養を経て番組復帰をさせて頂くほど順調に快復しておりましたが、復帰後すぐに体調の不良を訴え、再び休養をさせていただきました。

休養中、もう一度皆様に元気な姿をお見せできる日を目指し、闘病を続けてまいりましたが、2014年1月3日、やしきたかじんは、安らかに天国へと旅立ちました。享年六十四でした。

尚、葬儀は故人の強い意志に従い、近親のみの手で密葬にて一切を相済ませました。

ここに謹んでご報告申し上げますと共に、故人の快復を祈り待ち続けて頂いたファンの皆様、同じく、本人不在で続けて頂いたレギュラー番組関係者の皆様、最後にやしきを愛して頂いた全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

尚、偲ぶ会等の開催に関しては、現在未定です。その節は改めてお知らせさせて頂きます。

 2014年1月7日 株式会社パブリックインフォメーションスタイル
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

患者を繋ぐRelay for Life

閲覧は動画の真ん中をクリック




末期がん克服の体験談

gan


↑↑クリック↑↑
国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
ガン完全克服掲示板
ガン完全克服チャット
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ