ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年01月10日 (23:18)

宮根、『Mr.サンデー』で竹田圭吾さん偲ぶ「生き様を見せてもらった」

 情報番組のコメンテーターとして知られたジャーナリストで編集者の竹田圭吾さんが10日、膵臓がんのため東京都内の病院で死去した。同日放送されたフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」(日曜後10・0)の終盤、司会を務めるフリーアナウンサー、宮根誠司(52)は「生き様を見せてもらいました」と偲んだ。

 竹田さんは昨年秋に同番組に出演中にがんで闘病中であることを告白していた。 宮根は竹田さんが亡くなったことを伝えた後、「生き様を見せてもらいましたよね」と言うと、「僕より1つ歳下なんですけども、『今年のサンデーはもうひと暴れしますのでお願いしますね』って言ったら『やりましょう』って」と寂しがった。「でも、こうやって生きていって、こうやって旅立っていくんだなっていうのを本当に体現した人ですよね」と悼んだ。

 同じくコメンテーターの木村太郎氏も「この人にすごい刺激を受けていたので残念ですね」と話した。
スポンサーサイト

2016年01月10日 (21:50)

J-WAVE 竹田圭吾さんの番組内容変更…4日には「僕の思いを伝えたい」

 10日にすい臓がんのため死去したジャーナリストで編集者の竹田圭吾さん(享年51)が担当していたFMラジオ局J―WAVEの番組「JAM THE WORLD」の11日の放送の番組内容が変更されることが分かった。

 J―WAVEが公式ツイッターで「故 竹田圭吾さんのご訃報に接し、予定の番組内容を変更させて頂きます」と発表したもの。

 本来ならば、11日が竹田さんの休養前の最後の番組となる予定で、4日には「来週のエンディング、ぜひ聞いて欲しいと思います」と語っていた。

 4日放送の番組では、竹田さんは体調が悪く、冒頭での出演のみだった。それでも「2016年1月4日午後8時を回りました。あけましておめでとうございます。『J―WAVE JAM THE WORLD』月曜日ナビゲーターの竹田圭吾です」と話し、体調が悪い中スタジオに赴き「実はあの、来週でいったんお休みさせていただくんですが、きょう、どうしてもみなさんに伝えたいことも…、そんなにないな。来週に本当に僕からみなさんへの思い、それから、リスナーの人への感謝、それから、なんで月曜日のナビゲーターを降りるのか、その辺をきちんとした形でみなさんにお伝えしたいと思ってます。ですから、来週の最後にもこう1度、こう言った形で、僕の思いを伝えたいと思うので、来週のエンディング、ぜひ聞いて欲しいと思います」と語っていた。

2016年01月10日 (20:14)

コメンテーターの竹田圭吾さん死去 がん告白しテレビ出演続ける

 フジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」「とくダネ!」などにコメンテーターとして出演していたジャーナリストの竹田圭吾さんが10日午後2時ごろ、膵臓がんのため都内の病院で死去した。51歳だった。竹田さんは昨年9月にがんを番組内で告白した後、やせ細った姿で出演を続け、鋭い舌鋒で時事問題を斬り、最後までジャーナリストとして使命を貫いた。

 竹田さんは2013年11月、病気療養を理由にすべての出演番組を一時降板。翌14年2月には早期復帰を果たすが、変わり果てた外見に、インターネットなどでは心配の声が相次いで寄せられた。

 昨年9月の「Mr.サンデー」出演中に、がんを突然告白。抗がん剤治療の副作用で頭髪が抜けるため、かつらを着用して出演していることも明かした。直後のツイッターでは「がんが見つかったら生き方の中で何を優先しようかな、と検診の段階から思い浮かべていくのが大事ではないかと、自分の体験からは思います」と気丈につづりながらも「どれだけ治療が順調で、家族に寄り添われて、友人や仕事仲間から励まされても、孤独からは絶対に逃れられない」とも記していた。

 1964年12月30日、東京都中央区生まれ。88年に慶大文学部卒業後、アメリカンフットボールの専門誌を経て、93年に出版社「TBSブリタニカ」入社。「ニューズウィーク日本版」の編集部に入り、2001年1月には編集長に就任すると、硬質な報道だけでなく、ライフスタイル情報を充実させる誌面刷新を行い、部数の下落傾向に歯止めを掛けた。10年の退社後はジャーナリストとして活動。テレビ、ラジオなどに精力的に出演した。

2016年01月09日 (16:07)

T315I変異のある白血病にも有効なTKIのponatinibが国内で申請

 大塚製薬は1月8日、既存のチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)に抵抗性または不耐容の慢性骨髄性白血病(CML)とフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ ALL)治療薬ponatinibの国内製造販売申請を行ったと発表した。

 ponatinibは、T315I変異を含む様々な変異を起こしたBCR-ABLキナーゼを幅広く阻害できる経口製剤。T315I変異は既存のTKIでは効果を示すことができないことから、早期の承認が期待されている。

 ダサチニブまたはニロチニブに抵抗性または不耐容のCML、あるいは1レジメン以上のチロシンキナーゼ阻害薬に抵抗性または不耐容のPh+ ALL患者に対する、ponatinibの国内多施設共同フェーズ1/2試験の結果、忍容性と抗腫瘍効果が確認され、結果は昨年の日本血液学会で発表された。

 大塚製薬は国内フェーズ1/2試験の結果と海外の試験結果を併せて申請を行った。

 ponatinibは、米国ARIAD Pharmaceuticals社が開発した製剤で、2014年12月に、大塚製薬が日本とアジア9カ国・地域における共同開発と商業化についての契約を締結したことが発表されている。

2016年01月05日 (16:20)

癌の遺伝子療法

癌の遺伝子療法に関しては、2005年くらいからいくつか新しい治療法が
治験として行われてきましたが、どれもイマイチ効果が出ておりません。
あくまでも再発予防として考えたほうがいいでしょう

2016年01月05日 (10:55)

がん細胞だけを狙い撃ち、放射線治療が最終治験

 国立がん研究センター中央病院(東京都)と総合南東北病院(福島県)、大阪医科大(大阪府)の3病院が今月から、がん細胞だけを狙い撃ちする放射線治療「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)」の実用化に向けた最終段階の臨床試験(治験)を始める。

 悪性脳腫瘍を再発した患者を対象に、生存率などから治療効果を検証し、早ければ5年後に入院費などの一部保険がきく先進医療の認定を目指す。

 BNCTは、がん細胞に取り込まれやすいホウ素薬剤を患者に点滴し、体への影響が少ない中性子線を照射する。ホウ素は、中性子線を吸収して核分裂した際に放射線を出し、がん細胞を内部からたたく。放射線の射程は細胞1個分ほどで、周囲の正常な細胞を傷つけにくいとされる。

2016年01月04日 (16:22)

子宮頸がんの5年生存率 ステージIで91.7%、IVで25.1%

「子宮頸部高度異形成」と診断され、緊急手術を受けた大渕愛子弁護士。「子宮頸部高度異形成」は子宮頸がんの前がん症状で、そのままにしておくとがんになってしまう可能性がある。

 子宮体がんの場合は、例外を除き、子宮を摘出する必要があるが、子宮頸がんの場合、がんがどの程度広がっているかによって、手術の方法が変わり、早期であれば子宮を残すこともできる。ポートサイド女性総合クリニックビバリータ院長の清水なほみ先生が説明する。

「早期の子宮頸がんの場合、円錐切除といって子宮の入り口の一部だけを切り取って、子宮を残すことが可能になります」

 大渕弁護士も子宮頸部円錐切除の手術を受けた。子宮を摘出するか温存するか──その判断に迫られたときには、メリットとデメリットを見極める必要がある。そのポイントとなるのが年齢だ。

「子宮体がんは50~60才の閉経前後に多い病気なので、たとえば45才の患者さんの場合、子宮を残して将来妊娠する可能性は低いと考えられるので、治療を優先して全摘出します。早期で若い女性だと、将来のことを考えて、リスクは高くなりますがホルモン療法を行うこともあるのです」(清水院長)

 子宮がんの放射線治療や抗がん剤治療では、乳がんと同じく、吐き気や脱毛といった副作用が伴う。手術や放射線治療の影響でリンパの流れが滞り、治療が終わった後も足のむくみに悩まされる人もいる。

 子宮を摘出するのも、女性にとってはつらいことだ。女優の原千晶(41才)は30才で子宮頸がんに罹った。耐えきれないほどの下腹部の痛みで病院に駆け込み、円錐手術で切除。過去のインタビューで、その時の心情をこう語っている(すべて『朝日新聞』2015年4月24日~5月2日より)。

《毎月の生理は来るが、経血の量が多い。おなかが痛み、生理中でなくても出血があった。(中略)様子がおかしいと思いながらも、病院には行かなかった。重い生理痛は以前からあったし、30代になったこともあり、「年齢のせいかな」と考えた》

《「再発・転移をさせないため、子宮を全部とった方がいいと思います」。1期で一般的な子宮の摘出手術を勧められた。(中略)「先生、わたし、子どもを産めなくなるんですか」。当時30歳。結婚して子どもを産む。それは、いつかかなう夢だと信じていた》

 迷いに迷った末、子宮を温存した原だが、それから3年、子宮体がんが発症し、摘出手術を受けたのだ。原は自身の体験をメディア、講演会など多くの場所で発信し、啓蒙活動に取り組んでいる。

 がんは一般的に、ステージIが早期で治療効果が高く、末期といわれるステージIVに進むにしたがって予後が悪くなるといわれる。

『全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査』(2014年10月集計)によると、子宮頸がんの5年生存率は、ステージIが91.7%、ステージIIが76.7%、ステージIIIが56.3%、ステージIVが25.1%となっている。

 子宮体がんでは、ステージIで94%、ステージIIで90.2%、ステージIIIで59.9%、ステージIVで20.8%。これらの数字から、いかに早期発見が大切かわかるだろう。

 再発の場合も同様に、早期であれば闘うことができる。仁科亜季子(62才)は、38才で子宮頸がんに罹り、卵巣や子宮を切除した。ホットフラッシュなどの後遺症にも悩まされ、その後、胃がん、大腸がんにも罹患。本人は“早期発見・早期治療”の大切さを訴え続けている。

 43才で乳がんを発症し、2度の再発が見つかって右乳房を全摘出したことを公表した生稲晃子(47才)も、早期発見が治療のカギとなった。現在は再建し、仕事復帰も果たしている。

2016年01月04日 (10:24)

「がん」とはなにか

「がん」。この単語を聞きたくもないという人がいるかもしれません。2015年、有名人のがんのニュースが相次ぎました。しかし、現代の人間をここまで苦しめるこの病気は、実は意外と知られていないことが多いのです。

そこで、「がん」についてのかなり基本的な内容について、Q&Aにしてお話しましょう。

Q. 「がん」は何で出来ているの?

がんはがん細胞からできた塊のことです。たまに、血中などに泳ぐ細胞のがんもありますが、多くは塊を作っています。

Q. 「がん細胞」はなぜできるの?みんな持ってるの?

がん細胞は生まれたときには基本的には持っていません。

そもそも「細胞」というものは、常に生まれ続け、ダメになり続けています。髪の毛や爪で考えるとわかりやすいでしょう。これらは日に日に伸び、先っぽのほうからダメになっていきますよね。皮膚も同じで、皮膚の深いところから新しい細胞が生まれ、表面にだんだんと上がってきます。すると、一番表面にいた皮膚の細胞は自ら死んで「垢」になります。女性はお化粧で「ターンオーバー」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それと同じです。

そんな風にして、人間の体というのはたくさんの細胞が毎日リニューアルし続け、死に続けることで常に新しい状態を保っているのです。そしてそのペースはとても精密に調整されています。

ところでどんな風にして細胞は生まれるのでしょうか?細胞は結婚も妊娠もできません。細胞は「分裂」という方法を使って増えています。「分裂」をするときには、DNAという細胞の「設計図」のようなものが活躍します。この「設計図」が丸々コピーされて新しい細胞が出来るのです。ところが、時々このコピーの段階でミスが起こります。コピーは一文字ひともじ書き写す手作業のようにしてやっているからです。このミスが起きると、間違った細胞ができてしまいます。

間違った細胞は、自分勝手なペースで分裂したりしてしまいます。その他の細胞はすべて、まわりの空気を読みながら分裂したり自ら死んだりしているんですが、間違った細胞は分裂も自ら死ぬペースもめちゃくちゃ。これはがんが持っている性質で、「無秩序な増殖」なんて言います。勝手に増えまくった結果、「腫瘍」という人間の目に見えるくらいの大きい塊になってしまいます。

Q. その細胞のコピーのときのミスって、誰にでも起こるの?

はい。誰にでも、いつでも起きることがあります。原因がわかっているものもありますが、今の医学では原因不明のものがほとんどです。

わかっているものとは、たとえばヒトパピローマウイルスというウイルスと子宮頸がん、放射線と甲状腺がんなどです。

Q. 「がん」が出来ると、なぜダメなの?

これはとてもいい質問です。

なぜ「がん」が出来るといけないのか。具体的なお話をしましょう。

「胃がん」を例に考えましょう。まず「胃」について説明します。「胃」は、食べ物の通り道であるとともに、食べ物からエネルギーを取り出す消化センターでもあります。握りこぶしが丸々2個は入るくらいの袋の形をしています。ここに「がん」つまりデキモノができてしまう。

そうすると、まず狭いところに出来てしまうと食べ物の通り道をふさいでしまって、ゲーゲー吐いてしまいます。

次に「胃」は消化センターですから、消化が悪くなることがあります。

それ以外にも、「胃」という袋を食い破るわけですから血が出たり、痛くなったりする。ひどいと袋に穴を開けてしまうことだってあります。

こんな風にして、「がん」は勝手に増殖した結果、出来た場所を破壊してダメにしてしまう。その臓器の機能を低下させてしまうとともに、「痛み」「出血」などの症状を出してしまいます。

Q. では、「がん」になるとなんで死んでしまうの?

先ほどお話した「胃がん」の例で考えると、胃だけに出来ていれば胃を手術で切り取ってやれば治るかもしれません。早期であればそれで治ることもあります。しかし、「がん」のもう一つの性質である「ほかの場所に住み着く」(=転移する)によりほかの臓器、たとえば肺や脳みそなんかにがんが住み着いているとどうでしょう。肺や脳みそでは切り取るのに限界があり、切り取れなかったがんは「無秩序な増殖」をしますから肺では息がしづらくなり、脳ではぼんやりしたり麻痺が出たりします。さらに大きくなると、肺や脳みそをダメにしてしまいます。

人間にとって肺や脳みそは大切な臓器。これらがちゃんと働かなければ生きてはいけず、人間という個体の死になります。

クルマで考えると、タイヤやバンパーは壊れても交換可能ですが、エンジンが火を吹いたらそのクルマは廃車になってしまうということです。

Q. 「がん」って、治るの?

すごく簡単に言えば、がんの種類によって全然違います。

が、多くの種類のがんでは、「早めに見つかって」「手術などで取れれば」治ることが多いです。また、個人差もかなり大きく、同じがんの同じくらいの進行ぐあいのものでも、ある人は完全に治ったり、別の人はそのせいで命を落としたりします。

※内容や表現、比喩について、わかりやすさを重視したため完全に精確と言えない表現もあえて使っています。

各論の細かい情報よりも、「がん」の全体像をつかむためにこの記事は書かれています
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。