ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2016年02月23日 (20:30)

膵臓(すいぞう)がんの最新治療

膵臓がんの年間死亡者数は約3万人。周りを他の臓器や太い血管に囲まれているため治療が難しいがんだ。気づきにくく、見つかったときには既に手術ができないほど進行していることが多い。
東京医科大学病院は先日、膵臓がんに対しては国内初となる「ナノナイフ治療」を臨床研究として行った。血管を巻き込んだがんに高圧電流を当てて細胞だけを死滅させる治療だ。血管組織には傷がつかないのでがんを血管からはがし、摘出手術を可能にする。
一方、千葉の重粒子医科学センター病院では、2012年に先進医療に認定された「重粒子線と抗がん剤の併用療法」が行われている。重粒子線治療は放射線治療の一つだが、従来の放射線治療と比べてピンポイントでがんに照射できる。また、従来の放射線治療と抗がん剤治療の併用では、体への負担が大きいため抗がん剤を減らす必要があったが、重粒子線との併用ではどちらも減らさずに治療が可能だ。

取材先
・東京医科大学病院
・重粒子医科学センター病院
スポンサーサイト

2016年02月23日 (20:28)

がん細胞にナノの孔開ける組織再生可能の「ナノナイフ」とは

近年、肝臓がんの局所治療としてラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法が実施され効果を挙げている。ラジオ波電流を流し、組織の温度を100℃に上げ、やけどを起こすことで、がん細胞を死滅させる。しかし、太い血管のそばにあるがん細胞は、血液の温度でラジエター効果が起こり、十分に温度が上がらないため、再発の可能性もあった。

 昨年から日本で初めて臨床研究が始まっているのが、ナノナイフ(不可逆電気穿孔〈せんこう〉療法)だ。がん細胞に、ごく短い時間内に高圧電流を流し、がん細胞にナノメートル(1ナノメートル10億分の1メートル)の孔(あな)を開け、死滅させる治療だ。

 ナノナイフは、超音波やCT画像を見ながら、がんの場所に針同士が平行になるように外から2~6本の針を刺す。そこに、1秒間に1回3000ボルトの高圧電流を1万分の1秒流し、がん細胞に孔を開ける。例えば、2センチのがんの場合は、2本の針を刺し、1秒に1回の割合で100回打つ。

 このとき、プラス針からマイナスの針に電気が流れ、がん細胞に孔が開く。治療時間は1分40秒だ。大きながんで6本の針を刺した場合は、電流の通り方は10通りになり、治療時間は約16分かかる。東京医科大学病院消化器内科の森安史典主任教授に話を聞いた。

「これは、そばに血管があっても治療できます。血管の内皮(ないひ)細胞と平滑筋(へいかつきん)細胞には孔が開きますが、血管そのものの構造は保たれます。内皮細胞は2日間で再生し、平滑筋細胞も2週間で再生します。血流が回復するため、幹細胞が細胞分裂し、組織の再生が始まります」

 ナノナイフは、3000ボルトの高圧電流を流すので、横隔膜などの筋肉痙攣の予防と、がん細胞から針がずれないようにするため、全身麻酔で筋弛緩剤を使用する。麻酔のリスクがある場合は、治療の対象にはならない。また、不整脈予防で心臓の収縮期に1秒に1回というペースで電流を流すために、心肺に疾病を持っている人や不整脈の人も治療の対象にはならない。すでに肝臓がんについては、10症例で実施し、効果が出ている。

 現在、膵(すい)がんの臨床研究に向けて、エントリーを受け付けている。膵がんは、周囲に太い血管が多く、浸潤(しんじゅん)していて手術できない症例が多い。今後は転移がない局所進行膵がん(ステージ4A)に対して治療の予定だ。ナノナイフ治療で、がんが小さくなった後に手術する、ダウンステージ効果も期待できる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年3月6日号

2016年02月23日 (20:27)

膵臓がん編(16)「ナノナイフ」 高圧電流でがん細胞狙い撃ち

昨年3月、東京医科大学病院・消化器内科が日本で初めて肝がんに対する「ナノナイフ(不可逆電気穿刺=せんし=法)」による治療を開始した。今後は、膵(すい)がんに対しても行っていくという。どんな最新治療なのか、森安史典主任教授に聞いた。

 ナノナイフは、超音波やCTの画像を見ながらがんを取り囲むように2~6本の電極針を刺し、その針の間に3000ボルトの高圧電流を流してがん細胞を死滅させる治療法。欧米では2008年頃から、肝がん、前立腺がん、膵がん、腎がん、乳がん、肺がんなどを対象に行われてきた。

 「ラジオ波焼灼(しょうしゃく)術のようながん細胞を焼く治療法ではありません。高圧電流によってがん細胞にナノサイズ(10万分の1ミリメートル)の小さな穴を開け、がん細胞を細胞死に導くのです。そこに従来の治療法とは違う大きなメリットがあるのです」

 電流が流れる部分のがん細胞や周辺の正常細胞はすべて死滅するが、臓器を形作る線維でできている「間質」は影響を受けない。そのため血管が破れて出血したり、膵管や胆管が壊れて膵液や胆汁が漏れる合併症を起こす心配が少ないのだ。血管や膵管などの内皮細胞や筋肉細胞は、一度は死滅しても2~14日くらいで再生するという。

 「もうひとつ、ラジオ波治療では太い血管の近くにあるがんは、37度の血液が流れているため、温度が十分に上がらず再発が多かった。ナノナイフは非加熱でがん細胞を殺すので、より効率的にがんをたたけるのです」

 しかし、患者によって制限もある。通電する際に全身の筋肉がけいれんするので、全身麻酔で筋弛緩(しかん)剤を注射して筋肉の収縮を抑える。心臓に電流が流れることによる不整脈を防ぐため、心電図を取りながら慎重に行うが、全身麻酔に耐えられない高齢者や心臓に持病をもつ人は難しいという。

 同院の場合、医師主導型臨床研究(費用は差額ベッド代のみ)として行われていて、現在の治療実績は肝がんの10例。膵がんでも希望患者の受け付けをはじめた。

 「膵がんの適応症例は、手術できない局所進行がん(ステージIVa)です。除痛効果があり、まだ分かりませんが延命だけでなく治癒まで期待できるかもしれません。将来的には、主要血管に浸潤したボーダーライン膵がんの術前療法としての応用も考えています」

 早ければ数年内に膵がんでの保険適用が期待されている最新治療だ。 (新井貴)

2016年02月17日 (14:09)

遺伝子治療

癌の遺伝子治療は2005年ごろのrexin-gの登場から10年以上経過しましたが、
正直なところ、どれも結果を出せていません。
現在、アメリカ、中国などのいくつかの製薬メーカーが先行して遺伝子治療薬を開発しておりますが、
実用化は10年近く先になるのではないでしょうか
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

患者を繋ぐRelay for Life

閲覧は動画の真ん中をクリック




末期がん克服の体験談

gan


↑↑クリック↑↑
国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
ガン完全克服掲示板
ガン完全克服チャット
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ