ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月30日 (15:34)

ドクタービジット・がんを知る ひとごとじゃないんだ

 「そうだ 検診に行こう」「がん体験者が語る」。そんな見出しが彩りされて模造紙に並んだ――。学校現場に医師を派遣し、日本人の2人に1人がかかるがんについて学ぶ「ドクタービジット」が3月19日、岡山学芸館高校(岡山市東区)でありました。生徒たちは、がん予防を啓発する壁新聞づくりに挑戦。互いのアイデアや意見を出し合い、予定時間を2時間近くも超えて立派に仕上げました。
主催・朝日新聞社、日本対がん協会
協力・リボンムーブメント


 授業を受けた100人近い生徒のうち、スペースなどの関係から医進コースの20人が壁新聞づくりに臨んだ。5人ずつA~Dの4チームに分かれ、取り上げる題材を決めて記事を作成。模造紙に見出しやデザインを書き込んだり、資料を貼ったり。
 各チームには、東京周辺の女子大生らで子宮頸(けい)がん予防の啓発活動を進めるリボンムーブメントのメンバーも加わり、生徒たちの壁新聞づくりをサポートした。
 1年女子3人と2年女子2人が集まったAチームは、授業を受けた感想をそれぞれ出し合うところからスタート。
 「がんを早く見つけることが大切」
 「二十歳から検診を受けるなら、高校生の私たちにとって、もうすぐのこと」
 「子宮頸がんは、ひとごとではない」
 意見は、自分たちに身近な子宮頸がんに集中。2年生で編集長役の前田千晶さん(17)は「同世代の高校生に検診やワクチン接種の大切さを訴える新聞にしよう」と方向性を決めた。
 次に、新聞の名前をどうするかが話題に。「授業の名前は『ドクタービジット』だね」「子宮頸がんはワクチンで予防できる」と意見が出た。このチームには、授業を担当した東京大准教授の中川恵一医師も参加し、「そのまま『ドクタービジットがん予防新聞』でいいじゃない」と提案。5人も笑顔で快諾し、模造紙へペンでカラフルに書き込んでいく。
 他のチームも、がんの基礎知識がまとめられたイラストや写真から必要な部分を切り取って模造紙に貼り付け、強調させたい部分には色のついたペンで線を引いたり、印をつけたりした。それぞれ、特徴的な新聞名でがんに対する意識向上を求めた。
(長崎緑子)

■治療法・検診費も紹介
最優秀になったCチームの「みんなの新聞」

 Aチームは、「子宮頸がん!ZEROに」と主見出しを打ち、検診による早期発見が重要だとデータも加えて訴えた。「ワクチン打つなら今でしょ」と最近のテレビCMに掛けた呼びかけが光った。
 Bチーム(編集長=パーク・リュウザブローさん)は、がんには放射線、手術、抗がん剤などの治療法があることを紹介。がん検診の具体的な費用を盛り込んだのがよかった。文字にすることに手間取ったものの、「GAKUGEI“GAN”TIMES」とユーモアを込めた新聞名が圧倒した。
 Cチーム(編集長=北村優典さん)は、若い人たちから自分の親の世代まで幅広く「みんなの新聞」と対象を明確にしたのが輝いた。「早期発見」「怖くないよ」などとメッセージをちりばめ、「そうだ検診に行こう」と主見出しを真ん中に配置した斬新なアイデアに注目した。
 Dチーム(編集長=岡崎七世さん)の「若い人新聞」。自分たちと同じ若い世代に今回の授業の内容を伝える熱意を感じた。がん闘病の体験談に加え、食生活とがんの関係や日本のがん検診率の低さも紹介。「がんは思ったより身近」「定期的にがん検診を受けていきたい」とした素直な感想に共感できた。
 中川医師とともに壁新聞の工夫や出来具合を見た。伝えたいメッセージがストレートに表現されているかどうかを主に評価した結果、わずかな差ながらCチームが優れているとして最優秀とした。
(医療サイト「アピタル」編集長・平子義紀)

■DVDで基礎知識、闘病女性が体験談 高1、2年100人参加 授業は、高校1~2年生約100人を対象に行われた。使われた教材は、日本対がん協会が作成したDVD「がんちゃんの冒険」だ。不健康な生活を送る中年の男性が主人公。検診でがんが見つかり、治療を考えていく中で、がんの知識を身につけ、前向きに生きる姿を描いている。
 中川医師は、このDVDの中からテーマを選び、基礎的とはいえ、あまり知られていないがんについての知識を生徒たちに解説。机の間を歩き、質問も交えて生徒の理解を確かめながら授業を展開した。
 日本人の2人に1人はがんになり、3人に1人ががんで亡くなる▽日本ではがんで死亡する人が増えているが、欧米では減っている▽がんになる人の6割は生活習慣が原因▽細胞が増える時、遺伝子のコピーミスからがんが生まれる▽がんが1センチ程度のときには自覚症状がない▽検診が早期がんを見つける切り札――などが説明され、生徒たちも初めて知るがんについての詳細を真剣に学んだ。
 続いて、がんを克服した日本対がん協会の阿南里恵さん(31)が体験を語った。
 阿南さんは23歳の時に子宮頸がんが見つかり、抗がん剤治療に加え、手術、放射線治療を受けた。手術直前には怖くなって家出。そのときに、母親からもらったメールを支えに治療を乗り切ったエピソードを明かした。「がんでつらい思いをしてほしくない。予防や早期発見のためにワクチンと検診は受けてほしい」と訴えた。

■「多角的に知って」 市が100分授業 国のがん対策の基本として2012年6月に閣議決定された第2期「がん対策推進基本計画」は、子どものがん教育の推進を盛り込んだ。これまで、がんができる仕組みや患者の数、どれくらい治っているかなど、基本的知識を子どもに教える機会がなかったためだ。
 これを受けて岡山県は今年3月、第2次県がん対策推進計画を策定。計画に「がんの教育・普及啓発」という新しい項目を加えた。だが、具体的な指導をどうするのかは、教育委員会とこれから検討することになる。
 一足早く岡山市が、具体的な動きを見せている。昨年開かれた市がん対策推進委員会で、がん教育の現状について「身近な割に生活習慣病のひとつとされており内容が薄い。がんに特化した授業を1時間してもよいのではないか」という意見が出たという。
 このため市保健管理課は、市立岡山後楽館高校で昨年12月、定時制に通う生徒9人に約100分の授業をした。9人は岡山大学助教である医師の講義を受け、乳がん患者、肺がん患者、がん患者を支える家族の話を聞き、活発なグループ討論をした。
 同高校で保健体育を担当する山本浩之教諭(44)は「生徒ががんを多角的にとらえることができた。体験に基づく話で生徒も将来に生かせるだろう」と話している。


■あなたの学校へも 出前授業のご案内 全国の生徒にがん教育を――。「がん大国」でありながら国民のがんに関する知識は乏しく、正しい対応ができていません。こうした現状を改めようと、日本対がん協会は2009年、「がん教育基金」を設けました。中学生や高校生を対象に、子供たちのがん教育を進めています。
 個人や企業からお預かりした寄付は、13年4月までの累計で2340万円にのぼります。これでアニメ仕立てのDVD「がんちゃんの冒険」を制作。これまでに2万3千枚を全国108校に無償配布しました。
 この教材をもとに教室でがんの授業が実施され、家庭では親子で話し合うといった場面が各地で生まれています。病院の待合室や自治体の公共放送などでも、このDVDが活用され、がんの知識を広め、予防を呼びかけています。
 実際に学校へ出かける出前授業「ドクタービジット」も朝日新聞社とともに主催しています。東大の中川恵一准教授を中心にがんの専門医を派遣。がん患者が体験談を披露したり、グループワークを展開したりしています。今回紹介している岡山学芸館高校を含めると、全国7校で実施しました。今年度も全国の数校で開く予定です。
 授業を実施してほしい、「がん教育基金」に寄付したいなどのご希望があれば、電話(03・5218・4771)やEメール(office@jcancer.jp)で問い合わせをしてください。
(塩見知司・日本対がん協会事務局長)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/11030-29604607
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。