ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年06月16日 (21:51)

乳がんの麻木久仁子 支えた医師の言葉とは〈週刊朝日〉

 病気になったら誰しも、腕利きの医師に治療してもらいたいもの。だが不安や悩みを抱える患者にとっては、治療の技術だけでなく、医師の「言葉」が救いになることもある。乳がんを経験した麻木久仁子さんに話を聞いた。

* *  *
 2012年の夏に、人間ドックでマンモグラフィーと超音波検査を受けました。たまたまそこ(平松レディースクリニック)が3年前にテレビの医療番組で人間ドックを受けたクリニックだったんです。それで平松秀子先生(院長)が3年前の検査画像と見比べて「たいへん気になる」と。画像を見せてもらって説明を受けても、素人目にはわからないくらいだったので、この時点で診断のプロに診てもらえたのは幸運でした。

 すぐに平松先生が診察室から連絡してくれて、国立がん研究センター中央病院乳腺外科の木下貴之先生の診察を受けることになりました。ところが、かなり早期の乳がんだったので、検査をしても診断がつかず、がんなのか、がんじゃないのかわからない中途半端な時期が続きました。

 そんなある日、木下先生が「長い付き合いをしましょうね」と仰ったんですね。乳がんの治療は手術した後も、放射線治療やホルモン治療が続くから長い付き合いになるという話だったのですが、その言葉を聞いたときに「ああ、私、大丈夫なんだ」と。この言葉ですごく安心して、先生の言うとおりに治療しようと思えました。

 結局、針で組織をとる検査をしても、がんかどうかわからずに、手術で直接組織をとる検査をやって、乳がんだとわかりました。ところが、左は生検でがんを取りきれたものの、右は再手術が必要でした。

 しかも、がんが乳首のすぐ近くだったので、乳輪や乳首の切除の可能性もある。テンションが高いときは「命のほうが大切だから、バサッと切って」なんて言うんですけど、「やっぱり、おっぱい切らないといけないのかな」なんてちょっと落ち込むこともありました。木下先生にも、そのときの気分によって、いろんなことを言ってしまったんですが、先生はいちいち患者の気持ちに引っ張られずに、なるべく乳房を温存しながらがんを取りきることを考えてくれました。

 今考えると木下先生の中で、「医師としては命がいちばん大事。でも、誰でも乳房をできるだけ残したいに決まっている」という優先順位がしっかり決まっているんですね。だから私の気持ちが揺れても、先生はぶれずに最善の治療方法を提案してくれたのだと思います。幸いなことに再手術の結果、ギリギリで乳頭は残りました。

 手術が終わり麻酔が切れたころに、木下先生が病室まで説明に来てくれて、雑談をする機会があったんです。そこで、私が「患者もいろんなことを言うし、先生も大変ですね」と聞くと、「僕は男で、女性にとって乳房がどれだけ大切かわからないから、患者さんの意思が何より大事」と仰りつつ、「でも、自分は医療のプロだから、説明の仕方で患者さんの選択も変わってしまう。医師の責任は重いよね」と言われたんです。

 言葉の端々から私の意思を尊重してくれていることも伝わりましたし、同時に医師としての責任もとても強く感じていらっしゃるんだなあと思いました。その口調は「やっぱりさ~、僕の説明大事だよね~」とすごく柔らかいんですけどね(笑)。手術後に先生の本音が聞けて、改めて「木下先生に診てもらえてよかった」と思いました。

 今はホルモン治療を続けていますが、先生のお人柄が大好きなので、3カ月に1度の診察を楽しみに通っています。

※週刊朝日  2014年6月6日号
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/12674-bdd3edac
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。