ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2014年06月17日 (15:32)

みのもんた 医師を選ぶ際は「ベテランよりも…」〈週刊朝日〉

 今から9年前、朝と昼の生放送の番組で司会をしていたみのもんたさん(69)を、腰痛が襲った。腰痛の正体は脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)。紅白歌合戦の総合司会を終えた2006年正月に入院し、手術を受けた。みのさんは、治療に際しては信頼できる医師に出会えたというが、医師を選ぶときには独自の視点で判断しているという。当時の話を聞いた。

*  *  *
 05年の春、突然腰に激痛が走りました。立っていると腰が重くなってきて、本番では、テレビに映らないように透明のプラスチックの台に腰掛けていました。それがだんだん、座るのもつらい、寝るのもつらいという状態にまでなりました。

 古い付き合いだった慶応大学病院院長(当時)の村井勝先生に相談して、3人の医師を紹介してもらいました。

 1人目の先生の診断は椎間板ヘルニア。2人目もまったく同じ診断でした。もうこれでいいかなと思ったんですが、「アメリカから帰ってきたばかりの若手医師がいるから」と紹介されたのが、福井康之先生(国際医療福祉大学三田病院副院長)でした。

 福井先生の診断は一発でした。「ヘルニアではありません。背骨が変形して、神経が通る脊柱管が狭窄を起こしています」と言われました。

 話を聞いているうちに、この先生に任せようと思いました。説明がダイナミックでスピーディー。「麻酔科医はこの先生にします、神経のプロである脳神経外科の先生もつきます」と、チームプレーをすごく考えてくれていたのも、安心感がありましたね。

 手術は11月に決まりました。しかしその直前、NHKから、紅白歌合戦の司会の話が来たんです。やりたいですよ、アナウンサーだから。それで福井先生に相談したら「紅白でしょ、それはやらないと。痛みは止めますから」って言ってくれたんです。注射で痛みを抑えて紅白に臨みました。宙づりのシーンもありましたが、全然痛くなかった。無事終わって、そのまま入院しました。

 1月4日に手術をしました。入院から手術まで、全部カメラで撮って、テレビで映したんですよ。福井先生は嫌だとも言わず、「病気の啓蒙になるからどうぞ撮ってください」と。大変な反響で、福井先生のところも長蛇の列になったそうです。その後、手術から今に至るまで、幸い痛みはありません。

 手術をする医者は、年をとっているかどうかではなく、場数が大事だと思います。自ら治療せずにふんぞり返っているベテランの先生より、若くても一生懸命やって、場数を踏んでいる先生がいい。経験値を積んだ先生をいかに嗅ぎ分けるかが大事です。

 僕には、「不整脈ならこの人」「目ならこの人」「胃と大腸の検査はこの人」と、村井先生が紹介してくれた信頼できる医師たちがいます。僕の健康管理は女房が徹底的にやってくれていて、どんなに忙しくても、女房に引っ張られてこの先生たちに定期的に診てもらっていました。僕のかわりに、女房が先生のところに相談に行ってくれたこともありましたね。

 そんな女房をがんで亡くしました。今年ちょうど三回忌です。骨の中にできる珍しいがんで、見つかったときは全身に回っていました。僕自身は腰の手術もうまくいってここまで可もなく不可もなくきているけど、肝心の女房が先に逝っちゃった。どうして女房をもう少しケアしてあげられなかったのか、それだけが心残りですね。

 福井先生のところには、定期的に検診に行っています。検診というより、飲みに行っています。僕の先生たちは、飲みに誘うと絶対に断らない。だからなんでも話ができるんです。女房が築いてくれた「名医のチーム」ですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/12696-542edad2
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ