ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2014年07月12日 (12:37)

スポーツ界との深い絆の結晶!? 「ママが生きた証」に栗山英樹らが“友情”出演!

7月5日(土)に放送される阿部サダヲ主演のドラマスペシャル「ママが生きた証」(テレビ朝日系)に、北海道日本ハムファイターズの監督・栗山英樹、元フィギュアスケート選手の安藤美姫、そして野球評論家として「報道ステーション」などで活躍する工藤公康がそれぞれ本人役で出演することが分かった。今作の主人公のモデルとなった“古舘プロジェクト”の構成作家・小松武幸氏は「妻が亡くなって3年。いまもなお、あせることない彼女の思いを受け止め、共鳴してくださったことは感謝の極みです。皆さまのご助力を無駄にしないよう、これからも誠心誠意伝えていきます、“ママが生きた証”を」と、力強く語った。

「ママが生きた証」は、妊娠5カ月で末期がんを宣告されながらも勇気を持って出産に臨み、無事に長男を出産後、天国へ旅立った女性と彼女を取り巻く夫や家族の絆を描いた実話。「報道ステーション」や「世界水泳」など、数々の番組を手掛けてきた小松氏の同名著書を、ヒットメーカー・尾崎将也氏が脚色し、秋山純氏が演出を手掛けて映像化したもの。キャストの素直な心の揺れを描き出すため、リハーサルなしの撮影を試みるなど、大胆な手法を駆使して仕上げられた。共演は貫地谷しほり、平泉成、市毛良枝、森本レオ、田島令子ら。

小松氏は“古舘プロジェクト”の構成作家として「世界水泳」などで数多くのスポーツ選手を取材してきたが、阿部演じる主人公の大森武弘は、スポーツ番組の構成作家という役柄で、モデルとなった小松氏同様、さまざまなスポーツの現場で働く姿が描かれている。今作では、そんなスポーツ現場のシーンに北海道日本ハムファイターズの栗山監督をはじめ、元フィギュアスケート選手の安藤、そして野球評論家として活躍中の工藤がそれぞれ本人役で“友情出演”。武弘の日常に臨場感を与えた。

栗山監督の登場シーンはドラマの冒頭。試合を終えた栗山が記者からの取材に応じる中、まだ取材に不慣れな武弘はなかなか狙ったコメントを上手に引き出せず…というシーンとなっている。普段から記者とのやり取りには慣れている栗山だが、受け答えの仕方もどこか余裕たっぷりで演じた。安藤はリポーターとして取材にきた元競泳選手の田中雅美から練習後にインタビューを受ける、というシーンで登場。撮影は都内のスケートリンクを借りて行われ、安藤は練習シーンで華麗なスケーティングも披露した。さらに、小松氏ともなじみ深い「報道ステーション」のスポーツコーナーに解説者として出演している工藤は、劇中でも実際の「報道ステーション」のセットに登場。工藤に加え、メーンキャスターの古舘伊知郎の姿も…。生放送中のスタジオで武弘が出演者に“段取り”を説明するというシーンになっている。

真摯にスポーツ現場を取材し、伝えてきた小松氏の人柄にほれ込んだからこそ実現した栗山、安藤、工藤の出演。「小松くんの作品だから協力した」という声も多く、武弘を演じた阿部も「小松さんの人柄に、自分は勝てないと思いました」と、あらためてその存在の大きさを肌身で感じたよう。スポーツ界の“レジェンド”が出演することで、実話を基にしたドラマがよりリアルに描かれることになった。涙とユーモア、そして感動がこれでもかというほど詰まった優しいヒューマンドラマを盛り上げる、アナザーストーリーにも注目して“生きた証”を実感してほしい。

今回の出演に際し、3人はそれぞれ「小松さんとは10年以上お付き合いさせていただいて、思いを持って撮影に臨みました。ファイターズ監督という立場での出演でしたので、せりふを一切頭に入れず何も演じないことを心掛けたつもりです。阿部さんが小松さんを演じ切ってくださったのは率直にうれしかったですし、一流の凄さを感じました」(栗山)、「今回、このようなすてきなメッセージが詰まったドラマにスケーターとしてご一緒させていただく事ができて本当に光栄でした。私も幼い頃に父を亡くした経験もあり、父母の大切さ、人と人との出会いやつながりは本当に共感させていただきました。生きた証のメッセージを伝える作品のお手伝いが少しでもでき、このようなご縁をいただけました監督さん、スタッフの皆さんに感謝しております」(安藤)、「あの笑顔の小松くんが、まさかこんなにも大変な思いを抱えながら日々の仕事に励んでいたなんて…。この“証”は、すべての人の生きる力、そして優しさとなって生き続けてほしい」(工藤)と、小松氏へ敬意を表し意気込みを語った。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/12839-e29fec92
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ