ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年08月06日 (11:16)

芸能人に増える「のど」のがん 原因は声の酷使?〈週刊朝日〉

「一生懸命しゃべってんのに、声が出ないんです」

 7月20日に放送された人気番組「笑点」で、落語家の林家木久扇さん(76)はガサガサとしたかすれ声で挨拶した。大喜利のお題では、終始、隣の三遊亭好楽に耳打ちして代弁してもらい、司会の桂歌丸が、「キクちゃんも助手がつくようになったねえ」と言って会場を和ませた。

 木久扇さんが「初期の喉頭(こうとう)がん」であることを公表したのは、放送翌日の21日だ。7月初めからのどに違和感があり、この番組収録(5日)の後に病院で精密検査を受け、がんが見つかったという。事務所によれば、「視聴者を心配させたくない」という思いから、放送後に発表したそうだ。

 のどのがんといえば、7月10日にミュージシャンの坂本龍一さん(62)が中咽頭(いんとう)がんであることを発表したばかり。モーニング娘。などを育てた音楽プロデューサーのつんく♂さん(45)は3月に初期の喉頭がんであることを公表し、闘病中。大橋巨泉さん(80)も昨年、中咽頭がんであったことを明かしている。

 さかのぼると、3年前に落語家の立川談志、5年前にはロック歌手の忌野清志郎がそれぞれ喉頭がんで亡くなり、17年前には勝新太郎が下咽頭がんで命を落としている。

 のどのがんは、大別して咽頭がんと喉頭がんに分かれる。咽頭は口や鼻から入った空気や食べ物が通過する部分で、ここから食べ物は食道に、空気は気管に送られる。部位ごとにさらに上中下に分けられる。

 喉頭は咽頭から送られる空気を気管に取り入れる場所で、声を出す声帯がある。声帯そのもの、そして声帯の上下にがんができる。

 がんの全罹患(りかん)数のなかで、喉頭がんと咽頭がん(口腔<こうくう>がん含む)は3%以下と少ない。それにしては、のどのがんに苦しむ芸能人は多い印象がある。歌ったり話したりと、のどをよく使うことと関係があるのか?

 国立がん研究センター中央病院・頭頸部腫瘍(しゅよう)科の吉本世一医師は、その関係性を否定する。

「のどのがんの主な要因は声の酷使ではなく、喫煙や飲酒です」

 たしかに、談志師匠も勝新太郎も大の酒好きでヘビースモーカーでもあった。清志郎も若いころから喫煙していたとされる。

「喉頭は空気の通り道なので、よりたばこの影響を受けやすい。咽頭は飲食物の通り道でもあるので、よりアルコールの影響を受けやすい。また、とくに中咽頭がんでは、ウイルス感染も原因のひとつだといわれています」(吉本医師)

 亀田総合病院・頭頸部外科の岸本誠司医師も、のどの酷使との関連を否定する。

「歌手や噺家(はなしか)の方などがこのがんになってはいますが、医学的根拠はありません」

 たとえば歌手が歌いすぎてのどにポリープができることはあるが、それががん化することはないという。

「喉頭がんも咽頭がんも圧倒的に男性に多いのです。もし、のどを使うことと関連があるなら、おしゃべり好き、カラオケ好きな女性がもっとなっても不思議はない。このがんのなかで女性は1割ほどです」

 ただ、こんなエピソードがある。前高知県知事で現在コメンテーターなどで活躍する橋本大二郎さんは、父で元厚生相・文部相の橋本龍伍さんについて言う。

「父は喉頭がんになりましたが、飲酒も喫煙もしなかった。ですが、『政治家はのどを鍛えなければいかん』と、のどを毎日意識的に鍛えていました」

 龍伍さんが亡くなったのは50年も前だが、当時の「習慣」を、橋本さんは今も覚えているという。

「父は毎日、朝食後に、家中に響くような大声で詩を朗読していたんです。その声が、1年くらいたったらだんだんしわがれていき、『あれ?』と家族も気づいて病院に行ったんです」

 がん研有明病院・頭頸科の福島啓文医師にこのエピソードを告げると、

「大声で発声を繰り返し、のどの炎症が慢性的に起きることはあるでしょう」

 と話した。根拠は明確でないが、医学書の中には、声の酷使をがんのリスク因子に挙げるものもある。

※週刊朝日  2014年8月8日号より抜粋
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/12942-6a6329a3
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。