ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年10月30日 (16:46)

安らぎとくつろぎをもたらす「コーヒーブレイク」の科学

ビジネスマンの休息のお供として大人気のコーヒーは、ストレスの緩和や疾病予防にも効果があることがわかってきた。その秘められたパワーを、美カフェ店員とともに紹介しよう。

◎がんや生活習慣病にもコーヒーが効く?

 コーヒーを飲む意味が見直され始めている。現代の三大疾病であるがん、心筋梗塞、脳卒中を予防する効果など、健康面への良い影響が裏付けられ始めたからだ。国立がん研究センターによると、コーヒーをほとんど飲まない人に比べ、毎日飲む人は、肝臓がんの発生率が50%、毎日5杯以上飲む人に至っては25%にまで下がることが確認された。食道がん、口腔がん、咽頭がん、大腸がんの発症リスクを下げるとの報告もある。

 心筋梗塞や脳梗塞に対する予防効果も認められた。どちらも血管に血のかたまり(血栓)が詰まることで発症するが、コーヒーには血栓を作りにくくする作用があることがわかった。さらには糖尿病の予防、二日酔い、眠気覚まし、集中力アップ……とビジネスマンにはうれしい効能がズラリ。ちなみに、飲んだ後にホッとするのはカフェインの強いリラックス効果によるもの。脳波レベルでの実証がなされている。健康面への様々な影響については、Q&Aも参考にしてほしい。

 ただし、注意したいこともある。1日数杯のコーヒーにたっぷりの砂糖やミルクを入れると、糖分・脂質の摂りすぎになり、逆効果。空腹時に飲み過ぎると、胃が荒れる原因にもなる。これらの点には気をつけ、生活習慣病予防のため、心身の健康維持のためにも、積極的にコーヒータイムを楽しむべし。

◎コーヒーと健康Q&A

[Q1]がん予防の仕組みを教えて?

コーヒーには強い抗酸化作用を持つポリフェノールが含まれています。このポリフェノールが、がん化の原因とされる「細胞の酸化の予防」と「フリーラジカルの生成の阻害」という二重の防御壁の役割をしているのです。

[Q2]コレステロール対策にもなる?

コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があります。LDLが増えすぎると動脈硬化が進んで危険ですが、コーヒーを飲むとHDL値が上がり、余分なコレステロールを代謝するため、両者のバランスが保たれます。

[Q3]ダイエット効果もあるの?

コーヒーには食欲を抑制し、脂肪の代謝を高める働きをすることがわかってきました。香り成分や苦味物質によって自律神経の働きが促進されるのではないかと推測されています。運動前の飲用にダイエット効果が期待できます。

[Q4]ストレスが和らぐのは気のせい?

カフェインに強いリラックス効果があり、コーヒーの香りを嗅ぐと、リラックスを示す脳波・α波が現われることが判明しました。その効果は焙煎方法によっても異なり、浅煎りよりも深煎りのほうが高いことがわかっています。

[Q5]脳卒中の発症リスクを抑える理由は?

コーヒー中のクロロゲン酸が脂肪燃焼効果を高め、糖尿病の予防効果があるとされています。コーヒーを飲むと脳梗塞の危険因子である糖尿病が改善され、脳梗塞(脳卒中)のリスクが低下するのではないかと考えられています。

出典/全日本コーヒー協会


◎コーヒー摂取頻度と脳卒中発症リスク

 コーヒーを飲まない人の脳卒中(脳梗塞と脳出血)の発症リスクを1.00とした時、コーヒーを飲む頻度が「週1~2回」「毎日1杯以上」などと高くなるにつれ、発症リスクが低くなる傾向にあることが明らかに(国立循環器病研究センター調べ)。

@DIME編集部
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13093-76eb1ea5
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。