ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2014年11月14日 (16:15)

【がん治療 最前線】「乳がん」「腎臓がん」 マイナス185度のアイスボールでがんを包む「凍結療法」〈週刊新潮〉


直径わずか1ミリ、長さ15センチほどの特殊な針が体内を進んでゆく。CTが、がんの姿を捉えるや、針先がこれに突き刺さった。すると腫瘍は氷の塊、アイスボールでみるみる覆われていく。がん細胞を凍らせ死滅させる「凍結療法」は、痛みや体への負担がとても少ない。そのうえ完治率が9割以上! 患者にとって夢のような最先端治療法なのだ。

 ***

「全く痛くなかったので、本当に治療してもらったという実感がないくらいです。退院してからも、入院前と何も変わらないし。でも、外来で経過観察CT検査を受けましたが、がんは確実に消えたんです」

 腎臓がんを患い、今年10月、都内の国立がん研究センター中央病院で凍結療法を受けた70代の女性はこう振り返る。

 CTやMRIでがんを確認しながら治療を行うIVR(画像下治療)。その中の一つ、凍結療法は、治療で新たな苦痛を患者に与えることなく、絶大な効果を発揮する、極めて有益な治療法だ。高齢者や、脳梗塞、心筋梗塞などで開腹手術が不可能な患者には福音であろう。同病院の院長で、日本IVR学会理事長の荒井保明氏が解説する。

「この針は内部が二重構造になっていて、高圧ガスを通すことができます。まず、局所麻酔したところから針を挿入。腎臓のがんに刺し、最初にアルゴンガスを流すと、針先がマイナス185度まで急速に冷える。すると患部は凍り始め、数分で2~2・5センチのアイスボールで包まれる。次にヘリウムガスを流し、10分で20度まで温め、解凍します。この冷凍、解凍のサイクルをもう一度繰り返し、1クールとします。すると凍結と解凍により、がん細胞が破壊され、細胞に栄養を送る血管も血栓ができて血液が通わなくなり、がん細胞が完全に壊死するわけです」

■9割超が再発なし!

 同じIVRでも「ラジオ波焼灼術」は、患者に「熱い」「痛い」といった苦痛を感じさせてしまう場合がある。またラジオ波はCTで焼かれる範囲の確認ができないが、凍結療法はアイスボールの大きさを画像で確認できるという利点もある。さらに患者にとって嬉しいのは、腎臓がんの凍結療法がすでに保険適用されている点だ(3センチ程度以下のもの)。

「基本的にはステージI期内の初期がんが対象で、大きなものや転移した進行がんには実施しません。実際の治療は、一度に針を2~3本使用して行います。というのも、1本の針でカバーできるのは2~2・5センチのがんで、それ以上大きなものだと、約30分のサイクルを2度、行わないといけないからです。これを2本で施術すれば、1回のサイクルで済ませられ、体への負担をさらに減らせる。治療は1時間~1時間半で終わり、入院は数日~1週間弱です」(同)

 保険適用で入院費も含めると、諸費用の自己負担分は30万円以内で収まる。

「当院では腎臓がんの凍結療法を2年前から始め、50代から90歳を超えた高齢者まで50人ほどに行いました。そのうち、がんが再発した方は数%に過ぎず、9割以上が完治しています。つまり凍結療法は“切らずに9割完治、しかも痛くない”治療法。だから、泌尿器科医も手術が難しい時は躊躇なく紹介してくれています」(同)

 千葉県鴨川市の亀田総合病院では、乳がんの凍結療法を行っている。乳房を切除せず、しかも日帰り手術が可能という(保険適用外)。

 先の荒井氏はこう話す。

「残念ながら、日本はこの治療法で、欧米、とりわけアメリカから10年は遅れている。海外ではすでに肝臓や肺、骨など他の臓器のがんにも使用されています。私たちもこの凍結療法を拡大していきたいと努めているところなのです」

「特集 常識が変わり始めた「がん治療」最前線」より
※「週刊新潮」2014年11月13日号

SHINCHOSHA All Rights Reserved.
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13115-5417e699
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ