ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年08月10日 (11:00)

あなたの体調不良は女性ホルモンの影響?―生活サイクルと女性ホルモンの関係性

女性には、毎月の月経、妊娠・出産、不妊や婦人科疾患など、特有の体のリズムや健康問題がある。能力を最大限に発揮して自分らしい生き方を実現するためには、そうした体のリズムや体調の変化について正しく理解し、上手に対処していかなければならない。

 知っておきたい大切な体のことを、女性の生き方を応援する産婦人科医・種部恭子さんに聞いた。

 第1回は、年代ごとの女性ホルモンの変化とそれに伴うトラブルについて。

女性は男性よりホルモン変動の波が大きい

 日本人女性は世界一長寿だが、男性より女性が長生きである理由の一つは、女性ホルモンに守られているからだ。ホルモンの変動という点で、男性の一生と女性の一生とでは大きく違う。

 思春期は男女ともホルモンが上がったり下がったりしながら、大人に向けて体の変化(二次性徴)が起こる。同時に心も不安定になり、感情的になったりイライラしたりすることがある。

 成熟期になっても、女性は毎月、月経によるホルモンの変動がある。月によっても調子のよいときと悪いときがあり、周期によって体の調子が変化する。

 そして更年期になると、男性ホルモンがゆるやかに減少し、生涯ゼロになることはないのに対して、女性は50歳前後で閉経を迎えると急激に女性ホルモンが減少する。このときも思春期同様、心が不安定になり、イライラしたり、落ち込んだりといった心の問題も生じやすい。

 そして、人生の前半で女性ホルモンという潤滑剤を使い果たし、残り約40年をほぼゼロに近い状態で生きることになるのだ。

 女性は心も体も、一生を通じてホルモンの変動の影響を受け、さまざまな精神的・身体的トラブルが現れやすい。

 「こうした性差があるため、本来は男性と同じ働き方、同じ生活スタイルというわけにはいかないのですが、そうした違いに対するヘルスケアのしくみは整備されていません」(種部さん)

月経回数=子宮と卵巣に負担をかける回数

 女性ホルモンがはたらくからこそ、その影響により生じる女性特有の病気もある。現代は女性の生き方が変わって、昔に比べて出産回数が減った。初経から出産までの期間も昔は5~6年だったものが約18年に延び、生涯の月経回数は約450回に増えたといわれている。

 この間、毎回の月経ではがれた子宮内膜は、おなかの中にまき散らされ、排卵が起きるたびに卵巣の殻に傷がついて修復をくり返す。それを450回もくり返していれば、その過程で病気のリスクが増えてくるのは当然なのだ。

女性ホルモンの影響でできる病気

 「乳がん」の増加も、初経年齢が早くなって出産までの時間が長くなったことと関連してもいると言われている。また、月経回数が増えたことそのもので「子宮体がん」「卵巣がん」も増えている。

 「子宮内膜症」も月経回数が増えたことと関連があるといわれている。逆流した血液が原因とする説が有力で、月経ではがれた子宮内膜が卵巣や子宮表面、骨盤表面の腹膜などに飛び火をして、そこで毎月月経を起こす病気だ。出口のないところで出血を起こすため激しい月経痛、性交痛を引き起こす。10人に1人程度の割合でこの病気があるといわれている。

 子宮内膜症の最少発症年齢は14歳で、発症すれば閉経まで飛び火した場所での出血をくり返す。おなかの中がかさぶただらけになれば不妊にもつながり、卵巣に飛び火すれば卵の質が低下し、くり返した出血がチョコレートのう腫と呼ばれる腫瘍になって、この腫瘍からがんができてくる場合もある。そのため、病気が進行してしまうと治療しても出産できなくなる可能性があり、出産するか、いつ産むか、人生のプランに向き合わなければ、この病気とつきあうことはできない。

 ちょうど成熟期の妊娠・出産を考えるような時期に、病気が起きてくるという点では、「子宮筋腫」も同様だ。医学の教科書では「大きいものは悪いものの可能性があるから取る」とされてきたが、子宮筋腫は閉経して女性ホルモンのレベルが下がると小さくなっていく。症状が何もなければ無駄な手術をする必要はないのだ。

 「悪いものかどうかは、今の優れた診断技術を使えばわかります。経過を見て安全と思えば、子宮筋腫を無理して取る必要はありません。ただ、出産を考えるときは、場所によっては出産のとき邪魔になる可能性があったり、大きくて炎症が起きれば早産のリスクが高まったりします。ですから、大きさや発育の具合で取るほうが得策なのか、取らずに産んだ方がいいのか、治療との兼ね合いを考えてうまくプランを立てる必要があります」(種部さん)

 女性は単に病気を治すだけでなく、人生のプランが必要なのだ。
女性のライフサイクルはホルモンに加え、社会的要因の影響も大きい

 一方で、女性のライフサイクルは社会的要因にも大きく影響される。特に妊娠・出産については、産むか産まないかの決定に社会的な要因が強く影響を与えており、自分で主体的に産む時期を決めて実行できる人は少ないという。

 「出産をした人のおよそ半分は予期せぬ妊娠というデータがあります。そして予期せぬ妊娠をしたときに、パートナーの意見で産むか産まないかを決めている人が多い。周りの応援があれば産めるけれど、自分だけで“できたんだから産みます”と言うには相当勇気がいるのです」(種部さん)

 また、「不妊」も社会的な影響により苦しめられることが多い。妊娠するかしないかは自分で決めていいし、子どもが欲しいときに妊娠しないというのはつらいことだが、なかなか妊娠しないことに対する社会の目に苦しむ人も多い。親や上司からのひと言に傷ついたり、不妊治療に対する職場の理解も十分でなく、仕事の時間を削ることができずに時間をやりくりして婦人科に通わなければならなかったりする。

 女性に対する暴力(DV)も社会的問題だ。モラハラ、パワハラ、セクハラを含め、これに苦しむ女性は身体症状・精神症状で病院を受診することが多いにもかかわらず、医学教育の中でDVを学ばないのは大きな問題だと種部氏は指摘する。

 また、女性のうつも見逃せない。うつというと中高年男性の問題がクローズアップされがちだが、有症率としては女性のほうが男性より多い。

 タイミングとしてはライフサイクルの転機と重なる産後と更年期がうつになりやすく、労働者として、家族の健康管理をする母として、嫁として、娘として、さまざまな役割を担っている女性のうつは、社会的な要因へのアプローチなくして解決しない。薬で治療すればよいという単純なものではなく、複雑で難しい。

年代に応じたヘルスケアを考えよう!

 若い年代では月経に関連したトラブルや妊娠・出産の時期にホルモンの影響で生じる病気がある。

 更年期以降は、今度はこれまで女性ホルモンが働いていたことの影響によって病気が出てくる。さらに更年期には更年期障害、老年期には女性ホルモンがなくなることにより動脈硬化性の病気(高血圧、高脂血症など)が増え、進行すると認知症につながる。骨粗鬆症から骨折、寝たきりになるリスクも高まる。

 それぞれの年代によって、気をつけなければいけない健康問題は違ってくるため、年代に応じたケアが必要だ。

 さらに社会的要因も絡み、問題をより複雑にする。女性の生き方が変われば病気の数も状況も変わってくる。本来はそれに応じた社会的ケアが必要だが、教育面でも、検診システム一つをとっても、ヘルスケアのしくみ自体が追いついていないのが現状だ。

 こうした中、キャリアと妊娠・出産を含めたライフプランの狭間で悩む女性も多い。今、女性が産みたくても産めない原因の一つは、妊孕性(にんようせい)といって、妊娠・出産に適した時期が、社会で自立するためのキャリア形成の時期に重なることだ。

 「女性が自信をもって生きるためにはキャリア形成もとても大切です。本当はどの段階でも産みたい数を産めるのが理想ですが、加齢とともに妊孕性は下がってしまう。もし子宮内膜症ができれば、妊孕性はさらに早く低下します。妊孕性とキャリアをトレードオフしなければならない状況にある、社会の問題です」(種部さん)

 せめて、このキャリアアップの時期に病気ができないように、できるだけ産める健康な体を育てておかなければならないと種部さんは言う。

若いときからの健康管理・予防の視点が大切

 若いときの健康が生涯影響を与えることは知っておきたい。特に14~16歳頃は、人生で使うための骨をつくるいちばん大事な時期なのだが、この時期にダイエットをして給食を残す子もたくさんいる。そして運動量も少ない。この時期に女性ホルモンがしっかりはたらいて体をつくることができないと、そのツケが更年期以降に出てくるのだ。

 年をとったときにシャキッとして元気な人と、腰が曲がってよぼよぼしている人との違いは、実は若い頃の蓄えによるところが大きい。過剰なダイエットは禁物だ。

 「女性の健康向上は日本の医療経済の問題にもつながりますが、国の政策は医療費削減には取り組んでも、予防に先行投資するという発想がありません。だからこそ個人が賢くなって若い頃から予防する視点が必要です」(種部さん)

 そして、女性にとって毎月の月経や病気のリスクと上手につきあい、相談できる婦人科のかかりつけ医を見つけることもとても大切だ。ホルモンのことをよくわかっている産婦人科医の中でも、体のことだけでなく、人生プランをともに考え、相談にのってくれる医師を選びたい。

 「医師を選ぶとき、女性ならではの口コミ、肌の感覚は大事にしていいと思います。また、日本産婦人科学会の“女性のヘルスケアアドバイザー”プログラムの認定を受けているかどうかも一つの目安になります」(種部さん)

 キャリアの面では、管理職に占める女性の割合も増えるなど、社会で活躍する女性が増えてきている。ただ、こうしたデータや、単に病気がないということだけでは健康で幸せな生き方とは言えない。きちんと人生のプランを持って、自分の足で立って主体的に生き抜く“本当に健康な生き方”を目指そう。

この人に聞きました
女性クリニック We! TOYAMA 院長 種部恭子さん
平成2年富山医科薬科大学医学部卒業。平成10年同大学大学院医学研究科修了。富山医科薬科大学附属病院、愛育病院等を経て平成18年より女性クリニック We! TOYAMA 院長。専門は生殖医療、思春期、更年期、性差医療・女性医療。思春期婦人科診療や性教育をはじめ、女性を取り巻く社会問題に関する啓発活動も積極的に行っている。

文/塚越小枝子
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13332-d4a1532c
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。