ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2015年07月23日 (17:08)

最近注目の食道がん(1)食道がん診療の現状

 最近、有名な芸能人の方が発症したり、亡くなったりということがあり、注目されることが多くなった食道がんですが、決してそれほど多いがんというわけではなく、わが国では男性で7番目、女性で14番目です。年間約1万8000人が発症しており、男女比は4対1で男性(特に高齢者)に多いがんです。

 食道は喉から胃の間をつなぐホースのような臓器であり、頚部(けいぶ)食道、胸部食道、腹部食道の三つの領域に分類されます。食道がんの多くは胸部食道に発生しますが、その中でも心臓の裏の胸部中部のがんが最も高頻度です。

 わが国で発生する食道がんのほとんどは口や喉にできるがんと同じ扁平上皮がんです。アルコールや喫煙、熱い食事等が発がんの原因であることが知られていますが、これらの中でもアルコールが体内で分解される際に発生するアセトアルデヒドが発がんに強く関わっています。アセトアルデヒドは二日酔いやお酒を飲んだ時に顔が赤くなる原因物質でもあります。

 アセトアルデヒドは主に肝臓でアルデヒド脱水素酵素2型(ALDH2)という酵素でさらに酢酸に分解されますが、われわれ日本人の40%はこのALDH2の活性が半分しかないことが知られています。このような人はお酒を飲むとすぐ赤くなり、若い時に飲み始めたころはお酒に弱いのですが、慣れるとだんだん飲めるようになります。しかしアセトアルデヒドが体内に残りやすい体質ですので、長年お酒を飲み続けていると食道がんにかかるリスクが何十倍も高くなるわけです。

 早い段階の食道がんは、ほとんど症状がありません。さらに平べったい病変が多いので検診のバリウム検査ではなかなか見つかりません。というわけで、赤くなるけれどお酒をよく飲まれる中高年の男性のような食道がんのハイリスクの人には、ぜひ内視鏡検査をお勧めしたいところです。特に近年は内視鏡診断技術が著明に進歩しており、内視鏡的切除により根治可能な、粘膜内にとどまった早期食道がん(ステージ0)も見つかるようになってきています。
 しかし、食道がんは粘膜の下にある程度入っただけでリンパ節へ転移しやすいという特徴もあります。さらに転移診断についても近年はPET―CT等が導入されており、診断精度はより高まってきています。リンパ節転移の可能性がある段階(ステージI~III)になってきますと、標準的な根治療法は手術となります。しかし、食道がんは早い段階から原発から少し離れた場所のリンパ節にも転移しやすいことが知られていますので、広い範囲のリンパ節郭清(切除)が必要になります。このため頚胸腹部におよぶ手術操作が行われ、手術の侵襲は大きく、合併症も起こりやすいわけです。

 そこで最近は、食道がん手術に対しても手術の侵襲を下げる目的で鏡視下手術を導入する施設が増えています。また合併症軽減のため多職種の医療スタッフからなるチーム医療による周術期管理の重要性も注目されてきています。

 なお、進行がん(ステージII~III)に対しては手術の根治性をより高めるために、術前の抗がん剤治療(状況によっては放射線も併用)を行うことが推奨されていますが、抗がん剤による副作用対策についても薬剤師を中心としたチーム医療が大切です。

 そこで、次回からは手術を中心とした食道がん診療の実際について、最新の治療も含め紹介させていただきます。

 しらかわ・やすひろ 福岡県立筑紫丘高、岡山大医学部卒。医療法人寺田病院、福山市民病院、恵佑会札幌病院、岡山大病院助教、講師などを経て2014年から現職。日本外科学会指導医・専門医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本消化器内視鏡学会指導医・専門医、日本食道学会食道外科専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13374-9ffac6d4
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ