ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年01月28日 (17:18)

がん研有明病院が1位!がんに強い病院ランキング500

総合力で見て、がんに強い病院はどこか。患者数、手術数といった治療実績だけでなく、専門医数や医療体制などのデータも参考に、がんに強い病院ランキングをダイヤモンドQ編集部が作成した。

1 がん研有明病院 東京都 98.9 17.5 17.5 6.4 7.5
2 静岡県立静岡がんセンター 静岡県 90.9 15.2 12.1 6.1 7.5
3 国立がん研究センター中央病院 東京都 89.8 13.5 11.3 7.5 7.5

順位 病院名 住所 得点合計(100点満点) 患者数 手術数 専門医数/病床数 医療体制

 がん部門で1位になったのは「がん研有明病院」。1934年に、日本初のがん専門病院として開設されて以来、「がん医療はかくあるべし」という指針を示し続けてきた先駆者だ。


がん研有明病院の門田病院長

 そうした歴史を踏まえ、門田守人病院長は、「もはや名医や神の手の時代ではない」と言い切る。

 難しい手術や新しい手術ができる、英雄的な外科医が主役となる医療から、専門家たちが一人一人の患者のために結集し、チームで診療するトータルケアに、がん医療は移行しているというのだ。昨今、「患者が主役のチーム医療」はどの病院も掲げている。しかし、同院のそれはレベルが違う。

 例えば昨年10月に婦人科医長に就任した金尾祐之医師は、これまで2500例以上の腹腔鏡下手術を手掛けてきた日本屈指の腹腔鏡の名手である。

「婦人科がんの腹腔鏡下手術は、傷痕が小さいだけでなく、腸閉塞などの合併症を起こすリスクを減らすこともできる非常に優れた方法です」と自信をのぞかせる。「もちろん症例によっては開腹の方がいい場合もある。私の専門は腹腔鏡ですから、普通だったら腹腔鏡に偏ってしまう。でも当院では、1人の患者さんを治すための全ての選択肢に専門家がいて、それぞれがなんのてらいもなくディベートし、最高の医療を提供することができます」と目を輝かせて話す。

 単に病気を治すにとどまらない「全人的ケア」にも注力している。とりわけ手術で切除する部分を極力減らす「機能温存手術」の開発には熱心だ。「胃を切除する場合でも、上部にある味覚や食欲に関係するグレリンというホルモンを分泌する部分を、ほんの少し残すのと残さないで全摘するのとでは、術後の食生活に、天と地ほどの違いがあります」と語るのは、消化器外科胃担当部長で日本を代表する胃がんの名医・比企直樹医師。体の「機能」に関する研究は、われわれの想像以上に進んでいるようだ。

 現在同院では、「がん研パワーアッププロジェクト」と称し、放射線治療施設の拡充と健診サービスの充実を進めている。今年1月からは、健診センターにおいて、一般のレントゲンと同じ線量で放射線被ばくを最小限に抑えたCT検査が受けられる「低線量CT」の稼働が開始された。これにより従来はできなかった大腸CT検査と上部内視鏡検査の同日検査が行えるようになる。

 開設から80年を過ぎてなお、がん研有明病院のパワーアップは止まらない。
並み居る首都圏の大病院を抑え
静岡がんセンターが2位

 並み居る首都圏の大病院を抑え、2位にランクインしたのは「静岡県立静岡がんセンター」。同センターの構想段階から参画し、「早期がんからみとりまで、患者に寄り添う理想の病院づくり」を追求してきた山口建総長は、「病院には研究志向型と患者志向型がありますが、われわれは最高の患者志向型病院を目指してきました」と語る。


静岡がんセンターの山口総長

 理想の実現へ向けて、同センターでは「がんを上手に治す」「患者と家族の徹底支援」「成長と進化を継続する」という3本の柱を掲げ、まい進している。「上手に治す」とは、治せるがんについては軽い負担、短い時間で治し、治せないがんは、悔いが残らないような治療をすることを示す。

「そのために、国立がん研究センターなど日本中からベストな医師を呼び集め、最高の設備で治療しています」と胸を張るだけに、陽子線治療装置、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」など、医療機器も最新鋭のものがそろっている。また、遺伝子解析などを生かして個々の患者に適した理想の医療を実現する世界初の試み「プロジェクトHOPE(希望)」にも、全センターを挙げて取り組んでいる。

「ベストな医師」の中でも、最も旬なのは消化器科の布陣だ。肝胆膵外科の上坂克彦医師、大腸がんのダ・ヴィンチ手術症例数日本一の絹笠祐介医師、内視鏡治療のためのITナイフ開発の第一人者、小野裕之医師といった顔触れは「世界一」だといわれる。
 例えば上坂医師は、最も治療が難しいがんの一つとされる膵臓がんについて、術後に経口抗がん剤「S―1(エスワン)」を投与する補助療法により、従来は10%といわれていた5年生存率を数倍に高めることに成功しつつあり、「年内には、世界を驚かせる成果を発表できるでしょう」とほほ笑む。

 名峰富士を望む静岡県の病院が、世界のがん医療を大きく進化させようとしている。
診療と研究の総本山
3位は国立がん研究センター

 3位は「国立がん研究センター 中央病院」。誰もが認める、日本のがん診療と研究の総本山である。
「全ての種類のがんを扱い、治療することと、最新のがん情報を入手して検証し、評価していくのがわれわれの一番大事な仕事です」と荒井保明病院長。


国立がん研究センター中央病院の荒井病院長

 2014年6月には「希少がんセンター」を設立し、「全ての種類のがん」を扱う体制を一層強化させた。患者数の多い五大がんに比べ、民間主導の研究が進みにくい小児がん、肉腫 (サルコーマ)、GIST(消化管間質腫瘍)、脳腫瘍、といった患者数の少ないがんについて、診療科の枠を超えた専門家チームをつくり、患者や家族のサポートから、診断・治療・研究、情報発信までを担っている。

 地元の病院などで「大変まれながんです。うちでは診ることができません。早く専門の先生に診てもらってください」と宣告された場合には、迷わず同院を受診すればいいのだ。

 一昨年新設された「先端医療科(早期・探索臨床研究センター)」も同院ならではの診療科だ。

 新薬の早期開発を目指し、標準的な治療が功を奏さなかった進行がんや、適切な治療法が確立されていない進行がんの患者を対象に、未承認の新規抗がん剤を用いて治療を行う。「診療科横断型のチームを組み、患者さんによくお話しした上でご協力いただき、治験を進めるのが役割です」と荒井病院長。諸外国に比べ、新薬の認可まで著しく時間がかかる日本にあっては、望みをつなぐ、最後のとりでにもなりそうだ。

 さらに昨年末には、「IVRセンター」も開設した。IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)治療とは、画像診断装置で体の中を透かして見ながら、体を大きく切開せずに、体内に挿入した器具で行う画像下治療のこと。手術、放射線治療、化学療法に次ぐ、がん治療における4本目の柱として欧米で広く活用されつつある。

 これまで、原則として同院の患者のみを対象に行ってきたIVR治療を、他院の患者にも提供できるようにするとともに、IVRによる緩和ケアの治療と普及を目指す。こうした活動も、ナショナルセンターならではのものといえる。日進月歩といわれるがん医療の紛れもない最先端が、ここにはある。

 なお、がんに強い病院ランキング4~500位は、『ダイヤモンドQ』(創刊準備3号)に掲載している。

●ランキング表の作成方法と見方
◎対象:DPC対象病院(1803)
◎調査方法:患者数と手術数はDPCデータ(2013年度)、専門医数は学会のホームページ、医療体制は各厚生局に公表されている施設基準からデータを取得した。調査期間は14年10月。DPCデータの提供・分析、専門医数の調査の一部は、リーズンホワイの協力を得た。
◎指標の説明と配点
【DPC病院基礎点】(50点)
→DPC対象病院の実績を評価し、全てに基礎点として50点を加点
【医療の実績と体制の評価】(50点満点)
①患者数:17.5点満点
②手術数:17.5点満点
③専門医数/病床数:7.5点満点
④医療体制(施設基準):7.5点満点
※医療体制(施設基準)の内訳
・ 病理診2:3.0点
  →病理医の配置に関して最も難しい基準を満たす
・ がん指1~3(全てあり): 1.5点
  →がん患者への治療に関する指導・説明の体制が充実している
・ 外化1:1.0点
  →外来による化学療法体制に関して最も難しい基準を満たす
・緩診:2.0点
  →緩和ケアの医療チームがある
①~③は、多いほど良い。最大値を満点として、比率で算出。④は各施設基準を取得している場合に配点分を加点した。
※得点は小数点第2位以下を四捨五入している。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13564-3f186b48
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。