ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2015年12月28日 (16:46)

抗がん剤は無意味で寿命縮める?治療に有効?具体的効果が出ないのに継続は愚行

 先週の「極論君」は「医者に行くと早く死ぬ」と言っていました。今日の極論君は「抗がん剤を使うと早く死ぬ」と、また同じような論調でまくし立てています。一方の「常識君」は「がんもいろいろだから、効くものも効かないものもあるんじゃないの?」といった乗りで、いつもの無難な立ち位置です。

 まず、抗がん剤が著効(とっても有効)なことは確実にあります。でも、抗がん剤が無効なことも結構あります。たくさんの経験から、「こんながんやこんな患者さんには有効だ」といった著効例の推測に基づき、ある程度の「当たり」をつけることも可能です。そして、たくさんの症例の集積からガイドラインというものが識者たちの集まりで決められたりします。

 ともかく「抗がん剤のお陰」でがんが消失したり、がんが小さくなったり、がんと共存しながら予想以上に長く生きる人は現実にたくさんいます。薬は厚生労働省から認可される必要があり、臨床試験で有効性を確認できなければ市場に出ることはありません。その臨床試験の結果は、統計的に有益であることが説明できる結果ということです。これをエビデンスといったりします。ですから、グループ全体で見ると、飲まないよりも飲んだほうがいいし、抗がん剤の点滴をしたほうがしないで過ごすよりもいいのです。

 しかし、これはグループ全体の統計的有意差で、かつその差は多くの方が思っているよりも大きなものではありません。一般の方が「抗がん剤が有効だ」というフレーズに抱く印象は、飲まない人が3年でほぼ亡くなるとすると、多くの人が10年近く生き抜くようなイメージではないかと思います。

 しかし、そんなすばらしい差が出る抗がん剤はなく、またはごく限られたがんの場合のみで、通常は3年が3年半ぐらいに延びるというぐらいの違いです。でも、統計的には「有効」なのです。その延命効果はグループ全体のものですから、その中にはまれに奇跡のように長生きする人も含まれています。一方で、抗がん剤を使用したグループの中には、使用しないグループよりも短い命で終わった人も当然に含まれています。

●重要な「当たり前の感覚」

「では、どうすればいいのか?」という根本的な問題が残ります。まず、経験的に効くことが多いと思われる薬剤は使用したほうがいいです。しかし、薬剤、特に抗がん剤は両刃の剣です。自分の体も痛めつけながらがん細胞を殺しているのです。がん細胞だけに有効な抗がん剤は、まだ開発の途中です。

 つまり、抗がん剤が効いていなければさっさと投与をやめましょう。そして可能性があるほかの抗がん剤が残っていれば、それを使用しましょう。
 有効性の判断は、基本的に腫瘍の大きさが小さくなる、または腫瘍の個数が少なくなる、または腫瘍マーカーの血液中の値が低下するという変化が指標になります。客観的指標で無効な抗がん剤を使用し続けるほど、馬鹿げたことはありません。自分の免疫力も奪ってしまいます。少なくとも抗がん剤を使用しているのに腫瘍が大きくなる、腫瘍の個数が増加している、腫瘍マーカーが上昇しているといった場合は、しっかりと主治医と今後のことを相談しましょう。

 また、がんが外科手術などによって検査上はなくなっている場合に、抗がん剤を使用するかも意見が分かれます。主治医としっかり相談しましょう。

 極論君が賛成していた「抗がん剤は使用しないほうが長生きする」という意見は、無効な抗がん剤を延々と使用するような医師や病院では概して当てはまることです。そんな病院の医師がしばしば口にするフレーズは、「ほかに治療法がないのだから、抗がん剤が効いていなくても仕方ないだろう。だからこれを続行するのだ」といった論調です。

 無効なら、ぜひとも投与をやめるべきです。そしてエビデンスには現れないような努力を積み重ねるほうが、ずっと長生きする可能性が高いと思っています。「エビデンスがないものは信じるべきではない」ともいわれますが、がんの進行を止めることができない抗がん剤を延々と使用してメリットがあるというエビデンスこそ、まったく存在しないのです。

 効くものは使う、効かないものは使用しないという当たり前の感覚で抗がん剤治療を考えれば問題ないと筆者は思っています。いつもは極論君を結構擁護していますが、今回の極論君の意見には賛成しかねます。
(文=新見正則/医学博士、医師)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13756-2144ed95
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ