FC2ブログ
ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2015年12月24日 (16:01)

日本人には食事より気にすべき「がんリスク」がある 誤解だらけの加工肉・赤肉問題(後篇)

  国際がん研究機関(IARC)が10月、ハムやソーセージなどの加工肉を「人に対し発がん性がある」、また牛肉や豚肉などの赤肉を「おそらく発がん性がある」と発表した。普段これらの肉に親しんできた人の中には、衝撃をもって受けとめた人もいるだろう。消費者が買い控えをしたり、食肉企業が沈静化を求めるコメントを発表したりと、波紋が広がっている。

  私たちはこの報告をどう受け止めればよいのか。食べてきた肉に今後どう接すればよいのか。そもそも、がん予防のためにどんな食生活をすればよいのか。

  これら疑問の数々を、がんの予防医学などを研究する専門家に前後篇で投げかけている。

  応じてくれているのは、国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部長の笹月静氏だ。同研究部は、今回の国際がん研究機関の発表を受け、日本人の赤肉や加工肉の摂取とがんのリスクの関係性を解説した「赤肉・加工肉のがんリスクについて」を発表。笹月氏はこの解説の作成に従事した。

  前篇では、今回の国際がん研究機関の報告内容を整理した。聞き慣れない表現が、少なからぬ人びとに誤解を招いているようだ。

  たとえば、加工肉で分類された「グループ1」は「最もリスクが高いグループ」ではない。正しくは「これまでの研究結果の一致度」により判定されるもので、グループ1に分類されたことは、「因果関係があるとみなすのに充分といえるほど疫学研究の結果が一致していた」ことを意味するという。

  今回の報告内容は、世界中の過去の研究から導き出されたもの。一方、日本人のみを対象に食事と発がんの関連性について調べた研究も行われている。笹月氏もそうした研究やその評価を行ってきた。

  そこで後篇では“日本人について言えること”を、聞いていくことにする。肉の摂取を心配することに、どのくらいの重要さがあるのだろうか。

■加工肉:「最高群」リスクは「最低群」の1.17倍

 ――日本人を対象とした食生活と発がん性の関係について研究をしてきたと聞きます。

 笹月静部長(以下、敬称略) はい。がん研究センターの研究を含む日本人の食事と発がん性についての研究結果を、私たちと各研究機関・大学の研究者が総合的に評価して、2014年に「Meat Consumption and Colorectal Cancer(肉の摂取と大腸がんリスク)」という論文にして発表しています。

 ――その評価からは、日本人の肉の摂取と発がんのリスクについて、どんなことが言えるのでしょう? 

 笹月 加工肉や赤肉の摂取量に応じて、人びとを「最低群」から「最高群」までに分けたとき、加工肉については最高群の大腸がんリスクが最低群の1.17倍となりました。赤肉については、最高群の大腸がんリスクが最低群の1.16倍となりました。

 ――評価の対象とした過去の各研究は、すべて同じ条件で統一されているのでしょうか? 

 笹月 過去の研究では群の分け方が3群だったり5群だったりとばらばらなのですが、それぞれにおける最高群のリスクから総合的に割り出した結果がこの値です。

 ――最も多く摂取した群と最も摂取しなかった群の比較としての「1.17倍」や「1.16倍」・・・。この数値をどう捉えたらよいのでしょう?  

 笹月 大腸がんについては、飲酒といったリスク要因や、身体活動といった予防要因など、他に重要なものがあり、この数値自体の大きさはそれほど心配しなくてもよい値だと私は思います。

 ――今回の国際がん研究機関の報告後、がん研究センターが発信した「赤肉・加工肉のがんリスクについて」でも、日本人について「総合的にみても、今回の評価を受けて極端に量を制限する必要性はないと言えるでしょう」と述べていますね。

 笹月 はい。総じて欧米の国々に比べて、日本人の肉の摂取量は少ないものです。世界的には、赤肉の摂取量はおおむね1日50~100グラムですが、2013年の国民健康・栄養調査によると、日本人では赤肉が50グラム、加工肉が13グラムです。

  日本人全員がまったく心配する必要ないというわけではありませんが、みんなが食べるのをやめるとか、食べる量を極端に減らさなければならないということには結びつきません。
.

■大腸がんでは肉より飲酒の方が重大

 ――今回の国際がん研究機関の報告を受けて、人びとの関心は加工肉や赤肉ばかりに行きがちですが、他にもがんとの関連性が考えられる因子はあるわけですね。

 笹月 はい。私どもは、これまで日本人を対象として実施されてきた研究の結果から、各種がんに対する様々なリスクと予防要因を「確実」「ほぼ確実」「可能性あり」「データ不十分」に分けて評価しました。一覧表にもしています。

  大腸がんについて言えば、肉の摂取よりも飲酒の方がよほど重大なのです。これまでの評価では、飲酒と大腸がんとの関連性は1番高い「確実」です。

  また、肥満も、2番目に関連性の高い「ほぼ確実」です。一方、赤肉や加工肉の摂取は、3番目にあたる「可能性あり」です。

 ――逆に、大腸がんのリスクを下げると考えられる要因もあるのでしょうか? 

 笹月 はい。運動が大腸がんのリスクを下げるのは「ほぼ確実」です。ほかに、食物繊維の摂取やカルシウムの摂取はリスクを下げる「可能性あり」となっています。

 ――心のもちようとして、もしも、肉を食べてがんのことが心配であるなら、その分、運動をすればいいじゃないかと、と考えてもよいでしょうか? 

 笹月 もちろんです。とりかかりやすいところから、リスクを下げることをすればよいのです。1つのことに捕われるのはよくないと思います。

■食事よりも気にすべきことがある

 ――より広い視点で、がん全体について捉えてみると、気にするべき発がんの要因はどういうものでしょうか? 

 笹月 日本人の場合、がん全体のリスク要因として最も重大なのは喫煙です。肺がん、胃がん、食道がん、膵がん、子宮頸がん、また、頭頚部や尿路系のがんなどで関連性の1番高い「確実」となっています。

  がん全体で、次に重大なのは感染症です。がんの種類と関わっている感染症の原因はほぼ決まっています。胃がんとヘリコバクター・ピロリ菌、肝がんとB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルス、子宮頸がんとヒトパピローマウイルスなどです。
 ――がん全体と食事との関連性はどうなのでしょうか? 

 笹月 食事については、喫煙や感染症ほど関連性の高い要因ではありません。ただ、その中で言えば、塩分摂取は胃がんと「ほぼ確実」に関連性がありますし、熱い飲食物の直接摂取は食道がんと「ほぼ確実」に関連性があります。それと、野菜や果物を極端に食べないのもがんのリスクを高める方向に行きます。

  あくまで喫煙や感染症と比べた場合ですが、バランスのよい食事を心がけていれば必要以上に神経質になることはありません。

■6項目に目を向けたがん予防を

 ――食習慣も含め、がんの予防のために私たちはどんなことに気をつければよいでしょうか? 

 笹月 喫煙、飲酒、食事、身体活動、体型の維持、感染の検査という6つの項目について、それぞれ予防法があります。これまでの研究結果をもとに、確実性の高いものを抽出して6項目にまとめたものです(表)。

  ちなみに、食事について、実は以前は肉についても「摂りすぎないように」といった内容を盛り込んでいたのですが、日本人のデータを見ているとさほど関連性が高くはないので、むしろ取り下げてしまったという経緯があります。

  がん研究センターではほかに、40歳以上の方のご自身の生活習慣からすべてのがんや大腸がんなどのリスクをチェックできる「がんリスクチェック」も用意しています。

■食事に「リスク0」も「確実にリスクを下げる」もない

 ――食事とがんなどのリスクについて、私たちが心に止めておくとよいことを最後に教えてください。

 笹月 何事もそうですが、食事について「リスクが0」ということはありえません。また、確実にリスクを下げることのできる単一の食品や食事というのもありません。

  普段、食事を連続的に摂っている結果として、リスクがどのくらいかは決まってきます。それに、いろいろな食べものを組み合わせて摂ることで、さまざまな成分の相乗効果も出るかもしれませんし、場合によっては相殺効果も起こるでしょう。

  とかく日本人は気質上、リスクが0なのか1なのかを求めようとしがちな気はします。バランスよくいろいろなものを食べるのがよい。結局のところは、こういう言い方に落ち着くのです。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13765-09bca47e
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ