ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年02月07日 (11:00)

小林麻央のがん闘病を支える亡き義父・市川團十郎さんの言葉

2月3日、市川海老蔵(39)は成田山新勝寺での豆まきに参加していた。だがこの日は、海老蔵にとってもう一つの意味を持っていた。13年に亡くなった父・市川團十郎さん(享年66)の命日でもあるのだ。

午前9時、都内の霊園にある團十郎さんの墓前には妻・希実子さん(64)の姿があった。海老蔵と同じく、がん闘病中の妻・小林麻央(34)もこの場に駆け付けることができなかった。そんななか手を合わせ続ける希実子さんの姿は、天国の夫に向け「麻央を守ってください」と祈っているようでもあった――。

1月29日、麻央はブログで約1カ月ぶりに退院したことを公表した。1年で11kgもの体重の変動があったらしく、闘病の過酷さがうかがえる。それでも《4キロ太ることがまず目標です!》と決意を表明した麻央は、1月17日のブログでこう綴っている。

《私は、ただ刺激が強く感じるので薄暗くしていましたが、父は、光が痛かったのだと想像すると、壮絶です。。。白血病で何度も闘い乗り越えた父を本当に尊敬します。「細胞に生かされて」という父の言葉の中にある機微が今、少し理解できる気がします》

白血病と闘い続けた團十郎さんは、幾度となく死線を潜り抜けてきた。最初の発症は04年5月。翌年6月に再発した際は自家抹消血幹細胞移植出術を受けて抗がん剤治療に臨んだが、術後は想像を絶する苦しみが待っていた。希実子夫人は、雑誌の取材でこう明かしている。

《「無間地獄の苦しみ」と言っていましたが、見守るほうもつらくてたまりませんでした。あのとき、私は心のどこかで「もう舞台には立てないかもしれない」と感じていたように思います。でも夫は、おそらく復帰することしか考えていなかった》(婦人公論2月14日号)

そして08年に3度目の発病。だが2度目の移植手術を経て、このときも復帰を果たした。そんな團十郎さんは10年3月、女性自身のインタビューでこんな“覚悟”を語っていた。

「もし、市川宗家が途絶えたら、地球上に一つの文化が永遠に途絶えてしまう。いろんな分野がありますが、市川宗家には、歌舞伎を中心に、精いっぱいの努力をする務めがあるように思います」

病気に負けるわけにはいかない。生きて、次世代につながなければ――。闘病を乗り越えてきた陰にあったのは、そんな“市川宗家を守る”という強い信念だったのだ。

それでも12年に体調を崩し、再び入院。このとき病床の義父を見舞っていたのが、麻央だった。当時、彼女のお腹の中には勸玄くんがいた。麻央は自ら手料理を作っては、それを病院で看病に付きっきりだった希実子さんのもとへ届けていたという。

それでも13年2月、ついに力尽きた團十郎さん。死の直前、彼は麻央さんにある言葉を遺していたという。前出の雑誌の取材で希実子さんはこう明かしている。

《夫はみんなの名前を呼んで、一言ずつ言葉をかけました。臨月の麻央ちゃんには、「お腹の子を大切に。いい子を産んでくれ」と。(中略)夫が息を引き取ったのは、それから2週間後のことでした》

それは“勸玄を守ってほしい”という、義父からの遺命だった。そして、希実子さん(64)は麻央についてもこう続けている。
《夫も「治る」と信じる気持ちから、何度も舞台に復帰しました。やはり、すべては気持ちだと思います。信じるところからすべては始まるのです。麻央ちゃんは絶対によくなると信じています》
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/13954-89360aad
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。