ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年03月06日 (16:43)

胃のX線検査 「癌疑い」のうち98%が癌でなかった


 長野県といえば地域医療の先進地域で、現在の健康診断のモデルとなった一斉検診を全国に先駆けて導入したエリアである。それならば、長野県の諏訪中央病院名誉院長でもある鎌田實医師も、検査に熱心なのかといえば、『検査なんか嫌いだ』という著書をこのたび上梓。最新刊のタイトルと同じく、意味のない検査やエビデンスが薄い治療はしたくないという。なぜ、不要な検査があると考えるのか、鎌田医師が解説する。
.

 * * *
 永六輔さんは有名な検査嫌いだった。周囲からすすめられて一泊の入院ドックを受けることにしたものの、いろいろな検査を次から次と拒否し続けた。その結果、出てきたデータは体重と身長だけ。そんな有名な笑い話がある。
.

 ぼくは、永さんほどの検査嫌いではないが、意味のない検査やエビデンスの薄い不要な治療はしたくないと思っている。
.

 2010年ごろから、アメリカの50の医学会が賛同し、「Choosing Wisely」(賢明な検査や治療法を選ぼう)という運動が始まった。日本でも、Choosing Wisely Japanが立ち上がっている。
.

 アメリカでの運動で指摘されている検査や治療について、ぼくが気になったものを紹介しよう。
.

「70歳を超える高齢者のコレステロールは下げてはいけない。コレステロール値が低いほうが死亡率が高い」
.

 この指摘には賛成である。日本でもコレステロール値が少し高い人のほうが長生きしているというデータがある。
.

 コレステロールに関しては、日本も方向性が変わりだしている。厚生労働省では、健康な成人の、食事で摂取する一日のコレステロールの基準値を撤廃した。食事からコレステロールを摂っても、血液中のコレステロール値はあまり関係しないことがわかったからだ。「卵は一日一個まで」と目くじらを立てなくてもよくなった。寝たきりの原因になる、筋肉の虚弱という意味の「フレイル」という言葉も使われ出した。肉をもっと食べたほうがいいのだ。

こうしたコレステロールとのつき合い方が変わっていくなかで、高齢者は脂質異常の検査に一喜一憂しなくていいことになる。検査も頻回にする必要もなくなる。
.

「予測される寿命が10年以内の人ががん検診を受けるのはほとんど無意味」
.

 これはまたシビアな指摘だ。
.

 アメリカでは、がん検診そのものに関して、やる意味があるかどうかエビデンスが厳しく問われている。おおむね意味があるといわれているのが子宮頸がん検診である。子宮頸がん検診の受診率は、欧米では80%。それに対して日本では32.7%と低い。早期がんを見つけることができて明らかに死亡率を減らせるのに、検診を皆が受けないのは残念だ。
.

 さらに欧米で科学的根拠ありとされているのは、便潜血反応による大腸がん検診。遺伝子検査やPET検査(陽電子放射断層撮影)よりも効果大なのに、検便なんて古臭いと思われている。
.

 マンモグラフィを使った乳がん検診も有効と言われている。ただし、乳腺が発達していると、がんが映りにくい。日本人女性は、欧米の女性と比べて乳腺密度が高い傾向がある。そのため、日本での乳がん検診ではエコー検査も加える必要がある。
.

 胃がん検診の効果については、欧米では言われていない。が、胃がんが多い日本では死亡率を低下させるデータがでており、胃がん検診は意味があるとされている。
.

 だが、こんなデータもある。
.

 大阪がん予防検診センター(現・大阪がん循環器病予防センター)の調査によると、1996~2002年までに、胃エックス線検査を受けた43万人のなかで、胃がん陽性と診断されたのは10%弱の約4万人だった。このうち、本当にがんが見つかったのは782人で1.9%にとどまった。
.

 つまり、胃エックス線検査を受けて、「がんかもしれない」と言われた人のうち98%はがんではなかったということである。
.

 一方、胃がん検診で異常なしといわれたのに、ほかの理由で検査をして、一年以内に胃がんが見つかった人が57人いたという。胃がん検診をせっかく受けても、想像以上の人数が見過ごされているという可能性があるということだ。
.

 検査というのは決して万能ではなく、この程度のものだということを知っておく必要がある。そのうえで、検査を受けて得られるメリットとデメリットを比較し、メリットのほうが小さいなら、その検査は受けないほうがいいということだ。
.

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。最新刊は『検査なんか嫌いだ』(集英社)。
.

※週刊ポスト2017年3月17日号
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14093-a4a54271
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ