ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年03月10日 (10:54)

<ムッシュかまやつさんも闘病>早期発見が困難な「すい臓がん」、回避すべきリスクは?


早期発見は難しいとされている「すい臓がん」、何か対策はあるのでしょうか?
すい臓がんは<患者数≒死亡者数>

ムッシュかまやつさんがすい臓がんのため亡くなりました。

スティーブ・ジョブズさん、坂東三津五郎さん、竹田圭吾さん、九重親方…これまで多くの著名人も、すい臓がんで亡くなっています。
 
日本では年間約3万8000人がすい臓がんと診断され、年間約3万3000人が亡くなります。患者数と死亡者数がほぼ同数である事からわかるように、発見後の治療が非常に難しい、悪性度の高いがんです。

すい臓はトウモロコシを横にしたような形で、胃の裏側に左右に横たわるようにあります。

消化に欠かせない多くの消化液が分泌されており、また血糖値を調節するインスリンやグルカゴンといったホルモン分泌も行っている、非常に重要な臓器です。
.

5年生存率が極めて低く、多くが「余命数カ月」

国立がん研究センターによると、がんと診断された全ての人の5年相対生存率は、男女計で62.1%でした。

一方、すい臓がん患者全体の5年生存率は、わずか7%に留まっており、他のがんと比較しても極めて低い数値です。

すい臓がんが“がんの王様”などと表現される所以です。

その理由は、すい臓がんの早期発見は極めて難しいことにあります。初期のすい臓がんでは、ほとんど症状が現れません。そのため、発見された時点ですでに進行していることが多々あります。



すい臓がんと診断されるのと同時に余命宣告されるケースも珍しくなく、その場合は多くが「余命…数カ月以内」となります。
.

人間ドックでの早期発見も難度高い

一般的な人間ドックで行われることが多い「腹部のエコー検査」ですが、それで早期発見出来ないのでしょうか?

すい臓がんは腫瘍の大きさが2cm以下の早期に発見しなければなりません。しかし、すい臓の周囲には多くの他の臓器があり、また胃のガスの影響等ですい臓がはっきり見えないこともあります。

手術出来るのは20%の患者さんだけ

すい臓がんの治療の中で、最も治療効果が高いものは外科手術です。基本的には、ステージ0期~3期までと4期aの一部は外科手術が選択されます。4期aの1部や4期bでは手術が適用されず、化学療法や放射線療法を施します。

ステージ4期の1部まで手術出来るから、多くの患者さんが手術の適用になるかというと、そうではないのです。実は、すい臓がんと診断を受けた患者さんの80%以上がステージ4期なのです。

すい臓がんは早期発見が難しく、また進行も速いため、手術可能な時期に発見できるケースが少なく、手術できるのは全体のおよそ20%程度に留まります。
.

手術出来たとしても90%は再発・転移

手術によって、がんをすべて切除できたとしても、約90%の患者さんが3年以内に再発・転移するといわれています。

その理由は、すい臓はインスリンなどホルモン分泌する臓器なので、血管を通じて周囲のリンパ節や遠くの臓器に、早い段階で遠隔転移しやすいからです。

また、すい臓周辺は内臓や血管、胆管などが複雑に入り組んでいるため、手術でどんなに丁寧に病巣を摘出しても、医師も気づかないほど小さながん細胞が散らばって残っていることもあるのです。
.

リスク回避の努力を!

早期発見が難しく、また早期発見して手術しても再発率が高い…となると、予防する方法が知りたいところです。

ところが、現在 すい臓がんを防止するための確立された方法はありません。ただ、すい臓がん発症のリスクを高くする要因はわかっています。

◇家系にすい臓がん患者
◇高齢(90%以上が55歳超)
◇糖尿病患者(リスク1.8~2.1倍)…すい臓がん発症後に、糖尿病が悪化する患者さんも8%程度います。
◇慢性すい炎患者(リスク4~8倍)…慢性すい炎と診断されたら、定期的なすい臓がんチェックを受けましょう。
◇喫煙(リスク2~4倍)
◇多量飲酒(8年以上で1.2倍)…8年以上にわたって大量の飲酒を続けた場合は、すい臓に負担がかかり、発症リスクが1.2倍になるとされています。
◇肥満(BMI 30以上→1.8倍)

…これらのリスク要因が2つ以上ある場合は、特にリスクが増加します。まずは飲酒・喫煙・肥満に注意しましょう。飲酒しながら喫煙する人のリスクは、そうでない人の10倍とも言われています。


■高山哲朗先生 監修
平成14年 慶應義塾大学医学部卒業。
慶應義塾大学病院、北里研究所病院、埼玉社会保険病院を経て、平成24年 わたクリニック副院長。
医学博士。日本内科学会認定医。日本消化器病学会専門医。日本消化器内視鏡学会専門医。日本医師会認定産業医。
東海大学医学部客員准教授。予測医学研究所所長


腹部エコー検査で早期発見できる可能性は、1%以下というデータもあります。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14109-2aaef12a
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ