ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年03月10日 (11:41)

笑顔受け継ぎがん闘病/震災津波で母失った女性

青森県弘前市の小嶋朋子さん(55)は6年前、東日本大震災の津波被害で、実家の宮城県石巻市にいた母・茂子さん=当時(76)=を失った。以来、人の生と死をより深く見つめるようになった。乳がんに罹患(りかん)し、闘病を覚悟した時、よぎったのは茂子さんの姿。「自分の分まで一生懸命生きてほしい」。心の中で茂子さんは優しくほほ笑んでいた。現在、乳がん患者団体の代表となり、仲間に生きる大切さを伝えている。
 「お母さんが見つかった! がれきの中にいた」
 小嶋さんに、三つ下の弟から知らせが入ったのは、震災発生から10日後の2011年3月21日だった。
 急いで準備を整えて、通行止めが解除されたばかりの高速道で、弘前から石巻へ向かった。遺体安置所となっていた石巻の市場で、茂子さんは、ひつぎの中で眠っていた。何かに耐えるような苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。
 石巻港の近くにあった自宅から避難する途中、津波にのまれたようだ。茂子さんが握りしめていたリュックには、茂子さんの夫の位牌(いはい)が入っていた。
 「早く見つかってくれて良かった。長い間、寒い思いをさせないで済んだ」
 小嶋さんはうなだれ、涙を拭いた。
 周囲を見回すと、白い布にくるまれた多くの犠牲者の姿があった。人の命のはかなさを痛感させられた。壊滅した漁港を見て、自然の猛威に身震いした。
 ◇ ◇ ◇
 1カ月後の4月、体の異変に気付いた。左胸のわずかな張り。すぐに精密検査を受けた。不安で夜も眠れなかった。
 5月、弘前市立病院の医師から告げられた。「乳がんの治療を始めます」
 なぜかショックは感じなかった。「治療すれば治る。生きられる。生きる時間が残されている。お母さん、ありがとう!」。湧き上がってきたのはがんと向き合う力だった。
 同年12月、左の乳房を全摘する手術を受けた。
 抗がん剤の副作用はつらかった。味覚がなくなり、何を食べても、砂をかんでいるよう。髪の気がばっさりと抜け落ちた時は気がめいった。
 12年1月、乳がんの患者会「ほほえみネットワーク」に入会した。前向きに生きようとしても、1人で家にいると気持ちが落ち込む。同じ体験を持つ人と語り合い、悩みを共有したかった。仲間と話をすると心が軽くなった。
 14年5月から同ネットワークの代表に。2カ月に1度の頻度で、つどいを開いて、近況を話し合う。ネットワークには、がん罹患によって精神的に不安定になっている人もいる。そういう人たちに自分の経験から精いっぱいのアドバイスを送る。
 「一つ一つ困難を乗り越えれば、いつか苦しみは終わる」
 ◇ ◇ ◇
 今年1月、弘前市で行われたネットワークのつどい。小嶋さんは、茂子さんが生前着ていた着物を身にまとっていた。震災で海水に漬かったが、クリーニングできれいにし、小嶋さんの体形に合わせて作り直したものだ。茂子さんと一緒に行きたい場所には、この和服を着るのだという。
 震災6年。がんを患っても心を落ち着かせて暮らしてこられた。茂子さんがいつも心の中にいたからだ。
 「闘病の力を与えてくれた母に感謝したい。生きる喜びを、がんを経験した仲間と共有したい」
 小嶋さんは、穏やかな笑みを浮かべて語った。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14112-17ce9d4d
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ