ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年03月20日 (16:19)

このミス大賞>がんの誤解を解く 医療ミステリーの狙いは

◇『このミステリーがすごい!』大賞、岩木一麻さんインタビュー

 2016年の第15回『このミステリーがすごい!』大賞(宝島社主催)を受賞した「がん消滅の罠 完全寛解の謎」は、がんをテーマにした本格医療ミステリーだ。治療不可能なはずのがんが完全に消滅するトリックはどのようにして生まれたのか、作品に込めた思いは--。著者の岩木一麻さんに聞いた。

 ◇研究中にトリックを思いつく

 --受賞を聞いた時の感想は。

 勤務先の医療系出版社の仕事を少し早めに切り上げて、自宅で心静かに待っていたら電話がかかってきました。自分では「ひょっとしたら受賞できるかもしれない」と希望を持っていたので、うれしさ半分、ほっとした気持ち半分でした。

   ×   ×   ×

 日本がんセンターの医師、夏目は、肺内に複数の転移が見られる肺がん患者を担当することになった。抗がん剤治療をしても余命は半年程度と考えられ、生命保険会社から「リビングニーズ特約」の生前給付金を受け取った患者は、臨床試験中の新薬による治療を受ける。半年後にはがんが跡形もなく消え、良好な経過をたどっていた。奇跡が起きたのか? だが“奇跡”は立て続けに4例起こっていた。夏目は、友人のがん研究者らとともに、この奇妙な「活人事件」の謎を追う--。

   ×   ×   ×

 --がんをテーマにした理由は。

 国立がん研究センター(東京都)で研究をしていた当時、がん患者さんと接する機会がありました。がんというのは大変な病気なんだと分かる一方で、世の中の人たちはあまりがんのことを知らないとも感じました。研究中に今回の小説のトリックを思いつき、それをミステリー小説にして、がんという病気を物語の核にすると、無理なくがんを知ってもらえるのではないかと思いました。

 ◇社会ががんを受け入れる助けになれば

 --文中に「最近の分子標的薬の中にはがんのタイプさえ合っていれば,良く効くものが多くある」というセリフが出てきます。
 薬剤の進歩は著しく、がんの患者さんでも長い間、社会生活を普通に送れるようになっています。しかしまだまだ働ける人が、本人の意思にかかわらず、仕事を続けられない風潮がいまだにあります。がん治療が変わっていることを多くの人が知れば、そんなことにはならないのではないでしょうか。社会全体ががんを受け入れる助けになればと、治療の進歩の記述は力を入れました。

 --『このミス!』大賞への応募は、海堂尊さん(「チーム・バチスタの栄光」で第4回大賞を受賞)という先達がいたからでしょうか。海堂さんは受賞作で死亡時画像病理診断(Ai)という概念を広く知らしめました。

 おっしゃるとおりで、私は海堂先生の姿勢に感銘を受けていました。ただ、海堂先生はAiの第一人者ですが、私は研究をして論文も書いたもののがんの専門家ではありません。でも全然知らない人とがん専門家の間ぐらいの立場なので、ちょうどいい「さじ加減」が分かる。だから、一般の人にも読みやすいと言っていただけるのではないかと思います。

 ◇ミステリーと研究の共通点は「謎解き」

 --現在のお勤め先でのお仕事は。

 海外の論文、特許情報、製薬会社のリリースなどを集めて、情報としてまとめる仕事です。毎日必ずというほど「これ、小説に使えるな」「小説で伝えたい」という情報があります。

 神戸大学大学院で昆虫の研究をしていたのですが、モンシロチョウから見つかった抗がんタンパク質の研究ができる人をがんセンターが探していたのに応募し、キャリアが昆虫からがんに移りました。3年いて、放射線医学研究所(千葉市)に移り、ラットやマウスを使ってがん予防や発がん因子に関する研究をしていました。その後、昔から情報に携わる仕事をしたいと思っていたので、今の会社に移りました。

 --これまでに小説を書いたことは。

 前々回(14年)の1次選考を通った作品が、生まれて初めて書いた小説です。ミステリーも研究も「謎解き」という共通点があります。ミステリーを書く時は自分に謎かけをしますが、研究は自然そのものが謎を提示し、それを解く。今回の作品の中で、話が二転三転するんですが、これは研究のプロセスと同じです。研究のおもしろさも伝えられたら、と意識して書いたつもりです。

 --次回作は。

 「感染症とバイオテロの話」ということになっていますが、バイオテロの話ってこれまでにもたくさんあるので、毛色の違う話にしていこうと思っています。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14150-150c98a4
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ