ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年03月25日 (10:27)

がん患者が「第九」に挑む 4月1日に東京オペラシティで〈AERA〉

 がん患者はありふれている。健常者と変わらず、何でもできる。その証明は生きている「歓喜」を歌うことと決め、練習に励んでいる人たちがいる。

*  *  *
 がんを患った人、その家族・友人や医療関係者ら145人がこの4月、若きマエストロ山田和樹さんの指揮のもと、べートーベン交響曲第九番「合唱付き」の演奏に挑もうとしている。アマチュア合唱団とはいいながら、満足のいく演奏へのハードルは高い。いま最後の追い込みに拍車がかかっている。

 この企画は、がん研究会・同会有明病院(東京都江東区)や日本フィルハーモニー交響楽団などの企画・主催で4月1日に開く「がん患者さんが歌う春の第九」(会場・東京オペラシティコンサートホール)というチャリティーコンサートだ。がん研の幹部らが日フィルの平井俊邦理事長と話すうち、実現の運びになったという。

●一般からの支援も期待

 イベントにはいくつもの願いが込められている。高齢化社会の到来で、今やがんは2人に1人は経験する「当たり前」の病気。がん研有明病院は、がん専門の医療機関として、患者と医療者が一体となって歌い、がんの克服を目指すと同時に、がん医療の実態を広く知らせて治療研究への一般からの支援を求めることも目的としている。日フィル正指揮者の山田さんもこのようなメンバーとの第九演奏は初めてだが、趣旨に賛同し、指揮することを決めたという。

 歌声の輪も広がっている。ホームページなどで広く参加者を募ったところ、治療中のがん患者40人、がん治療を終えた“サバイバー”が40人、患者の家族24人、医師・看護師ら医療関係者41人が集まった。合唱の指導に20年以上の経験を持つ作曲家・指揮者の富澤裕さんを中心に、昨年6月以降、毎週月曜に1回、2時間をかけて歌う練習を40回超もこなしてきた。

●長野から毎週通う人も

 参加者のうち、第九を歌ったことがある人は86人と半分を超えるが、そもそも合唱経験がゼロという人も40人近い。20分を超える第4楽章の「歓喜の歌」は、男女ともに音域が広く、合唱経験者にとってさえ相当な難物。しかし、目標は楽譜を覚え、聴衆を感動させる最高の演奏だ。患者も前向きに臨んでいる。
「親のいる長野県から毎週通っていますが、思い切り声が出せてうれしい」(肺がんで5年前に手術したアルトの岩下克世さん、71歳)

「同病の人も多く、ホルモン療法などでつらいこともあるはずだけれど、一緒に歌っていると楽になる」(乳がんを6年前に切って経過を観察中のソプラノ福地園子さん、61歳)

 なかには遠隔地から来て、抗がん剤や放射線の治療を終えた後、練習に参加する人も。実行委員長の佐野武・同副院長によると、練習が始まってから8カ月の間に、病状の変化があった人も何人かいた、という。「治療を始めながら、本番は必ず歌うぞと決めている人もいます。彼らと一緒に『歓喜の歌』を歌えれば本当に素晴らしい」と佐野さん。

 顔ぶれには消化器外科医である武藤徹一郎・がん研有明病院名誉院長(78)もいる。武藤さんは10年前、検査で胃がんが見つかり、内視鏡手術を受けたサバイバー。大学時代に男声合唱の経験もあり、企画の発足にも関わった。バスパートを担当する武藤さんはこう意気込む。

「がんなんて長生きしたら人生についてくる付録みたいなもの。ここに来るとみんな『がんに負けない』という同じ気持ちだ。ぼくの人生で初めて歌う第九の感動を客席に届けたい」

 筆者も胃がんを切ったサバイバーとして参加しているが、患者を含めたこのような交流は初めて。1月末の33回目の練習では、山田マエストロが団員の前で最後に練習を聴いて「いける」と思ったらしく、にっこり笑ってこう言った。

「このままでいきましょう」

 チケットは1万円と高めだが、開催実費を払った残りは、がん研への寄付となる。(科学ジャーナリスト・内村直之)

※AERA 2017年3月27日号
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14171-14ee06fd
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ