ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年04月01日 (11:04)

がん専門の相談施設「マギーズ東京」が目指す理想のケアとは

 がんを告知された患者や家族、友人などが、予約不要で気軽に立ち寄れる施設「マギーズ東京」が、2016年10月、東京・豊洲にオープンしました。モデルとしたのは英国発祥の「マギーズセンター」。乳がんで亡くなった女性造園家のマギー・K・ジェンクス氏の名前にちなんだ施設で、1996年にはじめて施設ができました。

 マギーズ東京はその日本版第1号。センター長の秋山正子さんは日本のおける訪問看護師の草分けで、「市ヶ谷のマザー・テレサ」と呼ばれる人物です。マギーズ東京をつくった思いを、秋山さんに聞きました。(田中響子=取材・構成)

■一緒にマギーズセンターを作ろう! 

 私が39歳の時、2歳上の姉をがんで亡くしました。看護師でありながら、姉の力になりきれなかったことが心残りでした。そのとき、もっと患者さんが気楽に悩みを相談できる場所が必要だと感じたのです。

 一般的な病院の外来では、看護師1人につき30人の患者さんに対応しています。はじめてがんになって告知を受けるとき、もしくはがんの再発がわかったとき、患者さんは精神的に大きなダメージを受けます。そのとき多くの看護師は、患者さんのそばにいて、ゆっくりとお話を聞き、サポートをしてあげたいと思うのですが、残念ながら業務が忙しく、現実的には不可能なのが現状です。また、これだけの情報社会なのにもかかわらず、がんを告知された患者さんが必要とする治療や生活などに関する情報を見つけ出すことも容易ではありません。そういう患者さんのためにじっくりと耳を傾けられる場を作りたいとずっと考えていました。

 そんな折、イギリスにある「マギーズキャンサーケアリングセンター」のことを知りました。マギーズセンターは、がんに直面して悩む本人、その家族や友人らのための空間と、専門家の情報や知恵を提供する場で、1996年にイギリスでできました。イギリスでは、地域の一般病院の中にがん専門センターが敷地内に設けられ、その一角にマギーズセンターもあります。緑に囲まれた土地に建つ建築物は、私たちが見ても心落ち着く内装で、患者さんやご家族など、がんで悩む人達がゆったりと過ごせる空間になっています。そして、そこで誰にも話せなかった悩みや思いを話してもらうのです。「これこそ、私がやりたかったこととピッタリと合う! 」と思いました。しかし、東京でこの施設を作るには、なかなか簡単にはいきません。敷地、資金、職員……。「突拍子もない非現実的な夢」と言われることもありましたが、私は諦めきれませんでした。

 2014年4月、事態は急展開しました。乳がんを克服したという若い女性と出会ったことがきっかけで、この「夢」がどんどん実現の道を動いていったのです。女性の名前は鈴木美穂さん。在京テレビ局の取材記者としてバリバリと働いていた20代半ばの時、乳がんになりました。その後、抗がん剤や放射線治療、ホルモン治療などを受けながら、強靭な精神力で病気を克服され、社会復帰を果たしたのです。現在は、若くしてがんになった人たちへのサポートにも尽力されています。そんな彼女も、一時はご家族を巻き込む大変な経験をしたことで、日本にもマギーズセンターが必要だと感じていたそうです。

 鈴木さんは患者さんの立場から、私は家族や医療者の立場から、「一緒にマギーズセンターを作ろう」ということになりました。それからは、鈴木さんが資金集めやPRを積極的に推し進め、私は看護師仲間に声をかけながら運営部隊を担うことになったのです。

 ロケーションが東京都江東区豊洲に決まり、クラウドファンディングで建築費用も集めることができました。小口であっても数千件もの募金をあつめられたことで、合計2000万円以上になったのです。こうしたクラウドファンディングの仕組みには本当に驚きました。その後、英国の許可を得て、2016年10月10日に「マギーズ東京」が誕生しました。

 豊洲周辺では2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、開発が急ピッチで進んでいます。しかし、マギーズ東京がある場所は、空が広く開けていて、そばには大きな川が流れています。暖かい日は窓を開け放って、新鮮な空気を入れながら、相談者さんの来訪を待ちます。庭には四季を感じることのできる樹木があり、まだ小さいながらも目を楽しませてくれます。

 施設の運営をはじめて、この場所ががん患者にとって、とてもいいロケーションであることを実感しています。なぜなら、がん研有明病院、国立がん研究センター中央病院、聖路加国際病院など、近隣には複数のがん専門病院があり、いずれからもアクセスがとてもいいからです。

 マギーズでは看護師のスタッフが常駐しています。確かな医療知識を持ったスタッフは、患者さんの気持ちに寄り添うことを第一に考えいます。騒がしい場所で待たされるのではなく、リラックスのできる環境でお茶を飲みながらお話をうかがいます。一人きりの時間を過ごしたいという方には、そうしていただけるスペースも用意しています。相談支援では、ゆっくりお話を聞きながら、患者さんが自分で答えを見つけ出していただけるよう、寄り添うようにサポートをします。

 「がんでステージ4です」という告知を受けたとしても、まったく同じ状態の人はいません。症状や環境はそれぞれまったく違うのです。だからこそ、その方のお話をじっくりと聞きながら、「一番知りたいことはどんなことなのかな」「どんな情報を必要としているのかな」「心配に思っていることはどんなことかな」と常に考えています。そして、本人が「今日はこのことが心配だったのだ」と気づき、目の前の目標を作るお手伝いをするのです。

 これは単純なように思えるかもしれませんが、そうしたプロセスを経ることで、マギーズの来訪者は「自分を取り戻した気分になる」と言います。実際に、来た時よりもずっと明るい表情になって「また来ていいですか? 」と笑顔で帰られる人が大勢いらっしゃいます。

 ある時、患者さんが、こう言っていました。

 「マギーズのことを知ってはいたけれども、その日は自分には必要ないと思っていました。でも、今日の自分には必要だったのです」

 この一言は、マギーズのことをうまく表現してくれているなと思います。ある時は必要ないと思っても、いまは必要だと思う。そして必要だと思った時、気軽に立ち寄れる……。まさに「第2の我が家」という気持ちでいらしてくださればと思っています。

 木の匂いのする建物に目の前には川が広がり、対岸には東京の街。こんなにゆったりとした場所で、ご自身が家族や身近な人にも言えない思いをスタッフに打ち明けることで、次のステップを見つけていただけたらと願っています。

 日本のあちこちにマギーズが増えていくよう、今後は努めていきたいと思いますが、まずはこの日本版マギーズ第1号を社会のなかにしっかりと根づかせて、もっとこの施設の大切さや必要性を、1人でも多くの人に知ってもらいたいと思っています。

----------
秋山正子(あきやま・まさこ)
マギーズ東京センター長、株式会社ケアーズ代表取締役・白十字訪問看護ステーション統括所長。
1950年、秋田県秋田市生まれ。73年聖路加看護大学卒業。2001年、ケアーズ・白十字訪問看護ステーションを設立。2010年、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』で取り上げられる。2016年、マギーズ東京を設立、センター長となる。
----------
.
マギーズ東京センター長 秋山正子
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14201-ebe3e4c6
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ