ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年04月04日 (13:43)

つんく♂、アコギ伴奏 楽しく“歌う”表情にみた音楽愛と力強さ

 【取材雑感】ミュージシャンのつんく♂が4月3日に、都内でおこなわれた、クミコ with 風街レビューのライブに出演した。クミコが歌う楽曲「砂時計」を、つんく♂はアコースティックギターを演奏、コーラスを歌うように大きく口を開けていた姿が印象的だった。

 クミコ with 風街レビューは、歌手のクミコと音楽家の松本隆、そして、気鋭のソングライター達によるプロジェクト。昨年9月に松本が作詞、シンガーソングライターの秦基博が作曲した第1弾シングル「さみしいときは恋歌を歌って」をリリース。この日披露した「砂時計」はその第2弾で、作詞を松本、作曲をつんく♂が担当している。

 このイベントは「砂時計」の発売を記念しておこなわれたもので、クミコは全11曲を歌い上げ、そのアンコールで「砂時計」を初披露した。

 そのアンコールでは、クミコがまず、会場で観覧していた松本をステージ上に呼び込み、さらにこの日来場したつんく♂がステージに上がった。つんく♂は、黒いセットアップにクリーム色のスカーフを巻き登場。

 つんく♂は2014年に喉頭がんの手術のため、声帯を摘出。以来、声を失っている。この日は、つんく♂がノートブック型パソコンに言葉を打ち込み、それをタブレット端末で受け取ったクミコが代弁する形で“会話”がおこなわれた。松本は「僕が話すより早いですからね…考え込んでぼそぼそ話すんで(笑)」と冗談を交えながら、3人での“会話”は和やかな雰囲気だった。

 そして「砂時計」を観客の前で初披露。つんく♂は赤いアコースティックギターを抱え、アルペジオを爪弾き、サビではギターをかき鳴らした。このなかで、コーラスを歌うように大きく口を開けていた姿が印象的だった。

 もしかしたら、僅からながらも声が出ていたのかもしれないが、ステージから数十メートル離れていた、記者席からは歌声を聞き取ることはできなかった。しかし、その姿からは本当に音楽を心から楽しんでいるようだった。そして、そこには力強さも同居していた。

 つんく♂は、口や鼻から取り込んだ空気を逆流させ、食道入り口の粘膜のヒダを声門の代わりに振動させて発声するという食道発声法の訓練中で、関係者によると「小さな声は出せるようになりつつある」ようだ。4月1日には母校である大阪・近畿大学で同校の校歌の合唱に参加、大きく口を開け歌うようにギターを弾いていたという。

 松本もクミコも、つんく♂とまた仕事をしたいと希望を語っていた。そのつんく♂の音楽活動は変わらず活発で、術後も楽曲提供などをおこなっている。昨年には小室哲哉とも、作詞でNHKの音楽番組『J-MELO』のテーマソングを共作している。

 その小室は、同テーマソングの発表会見時、つんく♂を「一回りも二回りも大きくなっている。空気感だけで大きくなっていることを感じる。日々の生活のなかでも愛というテーマは常に彼のなかにはあると思う。愛のオーラが出ている」と語っていた。

 新たに目標を掲げて邁進する彼の芯の強さに改めて敬服した。(取材=松尾模糊)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14209-497dfe92
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ