ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年04月05日 (10:54)

がん経験者が辛い言葉は「頑張れ」 具体的提案には感謝

非常事態は、いつも突然やってくる。そんな「もしも」の時に備え、とっさにとるべき正しい行動を、事前に考察する『女性セブン』の連載企画。第1回は、友人や同僚からがんを告白されたら…その時、あなたはどうしますか?

◆話を聞くだけでOK 「がんばれ」はNG

 がんは、日本人の死因第1位。2人に1人はがんになるとされるほど身近な病気だ。

 もし、友人や同僚から、「実は、がんなんです」と告白されたら、報告された側も動揺を隠せないはずだ。おそらく、聞いた直後は「何か言わなくちゃ」「励まさなきゃ」と思いがちだが、まずは相手の話をただ聞くことが大切と、がんライフアドバイザーの川崎由華さんは話す。

「患者さんは打ち明けるまでの間、大きな葛藤があったはず。信頼して話してくれたことに感謝して、初めは何もしなくていい。ただ話を聞くだけでいいんです」(川崎さん)

『治るという前提でがんになった』(幻冬舎)の著者・高山知朗さんは、40才で脳腫瘍、42才で白血病を発症し、5年生存率は10%といわれながら生き延びた。現在は企業アドバイザーとして活動をしている。そんな高山さんが友人にがんを報告した際、実際にいちばんつらかったのは、「がんばれ!」「きっと治るよ」という言葉だったという。

「もうこんなにがんばっているのに…、という思いが頭を巡りました。報告するまでにすでに、“絶対がんに負けない”“娘が20才になるまでは必ず生きてやる”と、病気について徹底的に調べて闘っていたので、根拠のない励ましほど、空虚に胸に響きました」

 逆に支えてくれたのは、妻のママ友だったという。

「“子供を預かるわよ”“夕飯差し入れするね”など、社交辞令ではなく、具体的な提案をしてくれたので、私も妻もお願いしやすかった。自分より子供を見てもらえることに安心しました」(高山さん)

 また、「ランチに行こうね」など、少し先の楽しみを提案して、共通の目標を作るのもおすすめだという。


◆「後は任せて」という言葉に救われた

 一方、報告せざるを得ないのが、会社やパートなどの勤務先だ。キャリアを失うことが怖くて、がんだと会社には報告しないまま手術を受ける人も多いと川崎さんは話す。

 本来なら、入院や手術で、今まで通り働けなくなる場合、今後の方針も含め、会社と相談する必要がある。

 IT企業の経営者だった高山さんは、「後は任せてください」と部下に言われ、安心して治療に専念できたという。しかし、治療が長引くにつれ、昔の元気な自分に戻れないことを悟る。

「私の場合、15kgもやせてしまい、電車に乗ること、階段を上ることすら苦しくなりました。がんになると、治療後、昔と全く変わらぬ働きをするのは難しい。ですから、勤務時間や仕事量、今の体調で何ができるか、会社と話し合えると、負い目を感じず働きやすくなるはずです」(高山さん)

 また、親族から報告を受けた場合は、関係性が近いからこそ余計に、他の親族への勝手な報告は控えるべきだという。親族の場合、病院や治療法を調べるなど、一緒にがんと闘う心構えをしておこう。

◆メールより直筆の手紙が心に響く

 多くの人から声をかけられた中で、高山さんの心にもっとも強く残ったのが、友人からの直筆の手紙だったという。

「初めはみんなメールをたくさんくれましたが、治療が長引くにつれ、少なくなって…。それでも、大学時代の友人は、すいかの絵はがきなど、季節ごとに直筆の手紙を送ってくれました。SNSやメールだと返信せねばと思ってしまいますが、手紙ならそういうこともなく、その距離感が心地よかった」(高山さん)

 主観的に考えず、相手の立場に立って、かける言葉や方法を選ぶ。それが大切なのだ。

※女性セブン2017年4月13日号
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14212-68046094
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ