ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年04月07日 (15:38)

「ステージ4の乳がん」女子プロレスラーがに今夜の引退試合に賭ける熱い思い

東京築地の国立がんセンター、今や100万人といわれる日本のがん患者たちは一体どのような思いで、病院の出口を後にするのだろうか。その心境に触れようと待っていると、一人の女性と出会った。

 「最初は、駅までの道を泣きながら歩いた」。乳がんステージ4、余命宣告まで受けていた。

 「医師の言葉が強すぎて、受け止めるのが精一杯で。会計が終わってからホッとした瞬間にどっと涙が出た。治療法がないとハッキリ言われた」。
彼女の職業はプロレスラー、リングネームは亜利弥’、43歳。

 1996年のデビュー以来、デスマッチから格闘技路線まで大活躍。しかし、2年前の2月に乳がんを宣告された。多発性転移(ステージ4)だった。「朝、手足が硬直して、痺れる。ベットから降りる時、激痛がはしる。毎朝“あー!“と叫んでいる。でも声が出るだけまだ大丈夫と思っている」と笑う。

 しかし亜利弥’は、レスラーとしての使命感から、抗がん剤での治療を拒否した。その最大の使命とは、4月7日に行われる、自身の引退試合だ。「今戦っている相手は最強の相手、その名はがんです」と、引退試合に向けた記者会見で公表、「お医者様をはじめ多くの方々に反対されていますが、この興行を通じて私と同じように病気と戦っている人達に勇気と元気を送りたいと思っています。どうか皆様、力を貸して下さい」と頭を下げた。

 実は骨にも転移しており、些細なダメージでも骨折のおそれがある。位置によっては命にかかわる問題だ。

 「主治医の先生に試合の話をしたら、こっぴどく怒られ、みすみす命を捨てに行くようなものだと説教をたくさん頂いた。けど自分は曲げない、全部の責任は自分でとる。“リングの上で死にたいんでしょ?“と言われるが、そんな事をしたら皆が嫌な思いをするだけ。プロレスが大好きだから、ちゃんと礼儀を尽くしてリングを降りたい」と熱く語る。
後楽園ホールの出口、自ら一人チケット販売をする亜利弥’。なんでも屋でアルバイトし、生活費も治療費もそして引退試合のための費用もすべて自分で稼ぐ。

 亜利弥’にとって生きるために必要なのは、薬ではなく、レスラーであり続けることだ。レスラーである以上、強くありたい。だから弱音は見せない。そして、がんという最強の敵との戦いにレスラーとしての人間力で挑んでいく。

 “プロレスラーであることの証を刻みたい“ー。

 「がんステージ4の人がプロレス引退試合するというのは女性では前例がないです。今は転移が骨とかリンパとか肺とか7ヶ所になっているので、薬を使いながら上手く付き合っていけたらいいなと思っています」。
改めて、がん宣告を受けた時の気持ちについて尋ねると、「がんと言われて救われた部分があった、本当にしんどかったので、がんと言われて“やっぱり“という理由づけができた」と振り返る。

 怖くなったりする時はないのだろうか。「毎朝、目が覚めるのか?と言うところで、寝る前に1回恐怖があります。でもなんの根拠もないけど、20年間プロレスをやって来たから、試合が決まっているのに死ぬ訳がないという気持ちだけで」。

 自らの引退試合については「師匠のジャガー横田さんと組みたい」と目を輝かせる。

 最後に、「がんだからって、あきらめない事が一番大切。ドクターからたくさん言われるけれど、まず自分が楽しい事を精一杯やる事」とがん患者たちへエールを送った。
 
 今夜の引退試合、「プロレスラー亜利弥’」はどんな試合を見せるのか。(AbemaTV/『勝手に出口調査』より)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14219-2bd530c3
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ