ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年04月21日 (16:27)

“血液のがん”にかかった医師「どんな病気でもできるだけ入院はするな」


患者だから入院するのではなく、入院するから患者になってしまう――。夕張をはじめとして地域医療の最前線に立ち続けてきた村上智彦医師は、2015年12月に“血液のがん”急性白血病を発症、154日間の闘病生活と再発を経て、2017年2月にようやく退院に至った。村上医師が患者になった体験をつづった『最強の地域医療』(ベスト新書)から、知られざる「入院の危険性」を解説。

入院は「リスク」である 

 2015年12月に発症してからほぼ1年間、すでに3回入院して患者として療養を経験したのですが、「こんなにつらい修行はない!」というくらいつらいものでした。

 私が入院している病棟は朝6時起床、夜9時消灯、シャワーは週3回決まった曜日、高度無菌室や無菌ユニットという特殊な環境に閉じ込められ、食事や面会など、生活の制限も厳しいので、治療というより刑務所に拘留されている状態です。

 全身の倦怠感、下痢、嘔吐、食欲不振、発熱、痛み、苦しみ、長期間、孤独、不安、拘束等、人間が嫌になる要素がすべて揃っている気がします。

 つらい治療の先に治る保証があれば別ですが、必ずしもそんな保証はなく、実際再発をしましたし、退院した今もその可能性は消えていません。

 しかし、出入りを制限された「入院」という環境を安心・安全と勘違いしている人があまりにも多いと思います。

 よく高齢者にとっては病気の種類に関係なく、「入院」という行為自体が死亡や認知症のリスクを2~3倍にするというデータがあります。治る保証や可能性が低い場合には入院治療が必ずしも不安の解消にならず、気がついた時には病気と老化と障害が混在して帰れなくなるのだと思います。

「何かあったらどうする?」「誰が責任を取る?」

 こんなセリフが日本人は大好きみたいですが、病院は病気に対してはある程度治療効果を発揮しますが、障害や老化に対しては対応できません。

 ベッドに横になって歩かないでいると、1週間で筋力は20%程度落ちてしまい、若い人でも歩けなくなってしまうと言われています。

 筋力を低下させるのは簡単ですが、回復させるのにはその2~3倍の時間や労力がかかってしまい、年齢によっては3週間以上寝かせきりにすると回復困難になって寝たきりになってしまいます。

 最近では多くの診療科や医療機関で早期に退院させたり、早期にベッドから起こしてリハビリをしたりするようになってきていますが、それでも入院は非日常の生活ですから運動量は減りますし、体力は低下します。

 血液の病気の場合、感染の予防のため無菌室で過ごすことになります。限られた広さの環境ですので余計に体力の維持が難しいと言えます。

 私自身リハビリテーションはしていましたが、相当筋力は落ちて、体重も約15㎏減りました。

 入院してみて思ったのは、予想通り入院は体力を奪うし、精神的にも個人を「患者」にしてしまうということです。

 世の中に「患者」として生まれてきた人などいません。

 よく「不安だから入院」という言葉を聞きますが、ほとんどの場合周囲の関係者や家族の不安の解消にはなるのかもしれませんが、必ずしも本人のためにはなりません。

 リスクマネジメントが全くできていないと思います。

 医療やケアの分野ではゼロリスク願望とかハザードマネジメント(危険なことが絶対起こらないようにする)になっていますが、そもそもリスクをゼロにするのは不可能です。何かあった場合の責任を専門家に丸投げしようとする感情論にすぎません。

 どんな病気でも可能ならできるだけ入院はしないほうが良いというのが結論です。

(『最強の地域医療』より構成)
.
文/村上 智彦
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14282-bfdc180f
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。