ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年04月26日 (12:44)

余命僅か7歳少年の最後の願い「僕が死んだらママのお墓の隣に埋めて」(英)

妻に続いて今度は息子を失わなければならないと知った父の悲しみは想像を絶するものに違いない。このほど余命僅かと宣告された7歳の息子のために、経済的余裕のない父の友人がクラウドファンディングのアカウントを開設した。英紙『The Telegraph』ら複数のメディアが報じて以来、目標金額の5倍を上回る寄付金が集まっている。

「僕が死んだらママのお墓の隣に埋めてね。」

それは7歳になるフィリップ・クワンジー君の最後の願いだ。ポーランド人の両親の間に生まれたフィリップ君の母アグニエシュカさんは、フィリップ君がまだ2歳の時に結合組織細胞に発生した「肉腫」が原因で、2011年11月に33歳という若さで他界した。

妻に先立たれて間もなくして、今度はフィリップ君の顔や体に湿疹があることに気付いた父のピョートルさん(40歳)は、当時住んでいたポーランドで医師の診察を仰いだが「特に異常はない」と診断された。その後、父子はイギリスへ移住しフィリップ君の湿疹が悪化したため病院にかかったところ、2013年に皮膚や神経など様々な臓器に異常が生じる「神経線維腫症1型」と診断された。遺伝性の場合もあるが、ほとんどは個人の体内の蛋白機能の低下により起こる遺伝子疾患だと言われている。

さらに昨年9月、フィリップ君は鼻血を出し両脚が痛むようになったためにピョートルさんが診療所に連れて行き検査を願い出たところ、フィリップ君は深刻な貧血と小児の血液腫瘍の一種である「若年性骨髄単球性白血病(JMML)」であることがわかった。ケンブリッジやロンドンのグレート・オーモンド・ストリート病院で複数の治療が試みられたが不成功に終わり、今月に入ってピョートルさんは医師から「できることは痛みを抑えることぐらいです」とフィリップ君が余命僅かであるという宣告を受けた。

フィリップ君のがんは肝臓と腸に転移しており、すでに肝臓機能が停止してしまっている。食べ物も嘔吐してしまうために受け付けられず、髪が抜けおち体が痩せ細った状態で激しい痛みと闘っているのだ。

そんな息子の姿を見ているピョートルさん自身も先天的に脊椎骨が形成不全である「二分脊椎症」を患い、腎臓疾患や糖尿病、高血圧を抱えている。そのため仕事ができず、新しい妻との間にできた2歳の娘、妻の2人の連れ子を養うことも精一杯の状態だ。

自分の死期が近いことを悟ったフィリップ君は、ピョートルさんに「ポーランドのママのお墓の隣に埋めてほしい」と伝えた。フィリップ君の健康状態からみて、生前にポーランドへ移動することは不可能であり、フィリップ君が旅立ってしまった後に母のアグニエシュカさんが埋葬されているポーランドの南部ヴァドヴィツェに移送するには莫大な費用がかかる。ピョートルさんにその経済的余裕はなかった。

愛息の最後の願いをどうしても叶えてあげたいと思ったピョートルさんは、友人のモニカ・メマリさんに相談した。そして14日に、クラウドファンディングサイト「JustGiving」で目標金額6,500ポンド(約90万円)を募ったところ、その5倍以上の37,065ポンド(約520万円)が集まり、現在もその額は増え続けている。

見知らぬ人たちからの善意を目にしたピョートルさんの感動は計り知れない。「ママの隣に埋めてくれたら、きっとママが僕の面倒を見てくれるだろうから」と話すフィリップ君の最後の願いはきっと叶うことになるだろう。とはいえ、子供を失うことに直面しなければならないピョートルさんの悲しみを思うと涙無しではいられないという人も多い。フィリップ君が、最後には痛みから逃れて安らかに眠りにつけることをただ願うばかりである。

出典:http://www.telegraph.co.uk
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14301-461fe367
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ