ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年05月08日 (09:58)

はんにゃ川島、プロポーズ直前の「腎臓がん」発覚を語る がんに打ち克った著名人


プロポーズ直前と、神様も悪戯が過ぎると言いたくなるようなタイミングでがん告知されたのが、お笑いコンビ「はんにゃ」の川島章良(35)である。

 2014年11月、妊娠3カ月のガールフレンドと箱根の温泉を訪れた。彼女が入浴中に、「一生幸せにします」と書いた手紙をバッグに仕込んで驚かせようとしていたとき、携帯が鳴った。「結婚前の身体検査」ぐらいの軽いつもりで受けた人間ドックの医師からだった。

「早期ですが、腎臓がんの疑いがあります」

 事実を受け止め切れないまま電話を切り、携帯で腎臓がんを調べ始めた。

「若い人は進行が早いとか、転移しやすいとか、不安な情報ばかりが目に飛び込んできて、冷や汗でぐっしょり。ほぼ死を覚悟しました。何も言わずにコトが進んで彼女の迷惑になるといけないから、がんのことをまず打ち明けたんです」

 風呂上がりに告白された彼女は、

「早期なんでしょ、大丈夫じゃん。私も出産で痛いし、一緒に頑張ろうよ」

 明るく返してくれたことに乗じ、「バッグの中を見て」と予定通りにプロポーズ。彼女は手紙を読み始めるやいなや号泣した。喜んでいると思ったら、

「想像していたのと違う。2つはムリだから!」

 予期せぬものが入りこんで、1度に受け止められなかったのだ。

 後日、医師に直接話を聞くと、「発見されたのが奇跡」というぐらいの初期。手術も、がんのある腎臓上部を4分の1程度切除するというものだった。

 手術は成功。彼女は弁当を持って日参し、ずっと傍にいてくれた。

「彼女のお父さんが言ってくれたらしいんです、“病気になったとしてもずっとお前が支えるんだ”と。“内緒で貯金をしておけよ”とも。岡山で居酒屋をやっているんですけど、本当にありがたいお父さんです」

 退院の翌月には結婚。仕事の方も、術後わずか2週間で復帰して順調そのもの。ただ、相方などごく限られた人を除いては病気のことを伝えていなかった。

「品川庄司さんらと舞台に立ったとき、筋骨隆々の庄司さんが服を脱いでいったんです。腹が出ている俺に脱げというわけです。コントラストで笑いをとる狙いはわかるけど傷痕があるから脱げない。だからスベって終わりですよ。以降、仕事仲間にだけは内緒で言いましたけど、みんな口軽くてね。すぐに広まりました」

 仕方なくがんを公にしたが、嬉しいこともあった。

 ロケ中に見知らぬ60代の男性が近づいてきて、

「俺は30代のときがんになったけど、30年生きている。だから大丈夫だよ」

 根拠がなかろうと単純に心が弾むのだ。昨年の大阪マラソンで8・8キロコースを走った際も女性が併走し、

「私も今年1月、がんの手術したんです。頑張って!」

 と言って、嘘みたいな猛スピードで走り去った。

「2人の言葉、めちゃくちゃ勇気をもらいました」

 次は笑わせる番だ。

特別読物「がんに打ち克った5人の著名人 Part5――西所正道(ノンフィクション・ライター)」より

川島章良
1982年生まれ。2005年に金田哲と「はんにゃ」を結成。

西所正道(にしどころ・まさみち)
1961年奈良県生まれ。著書に『五輪の十字架』『「上海東亜同文書院」風雲録』『そのツラさは、病気です』、近著に『絵描き 中島潔 地獄絵一〇〇〇日』がある。

「週刊新潮」2017年2月16日梅見月増大号 掲載
.
新潮社

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14342-5bc683cc
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ