ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年05月08日 (10:11)

愛華みれ、“宝塚の教え”でやり遂げた凄絶な「抗がん剤」治療 がんに打ち克った著名人


宝塚歌劇団で花組トップを務めた女優の愛華みれ(52)は、結婚という人生の節目に際してがんと出合ったひとりだ。異変を察知したのは、結婚を前提に交際する男性の両親と、自分の兄・姉を引き合わせたとき。2008年2月のことだった。

 前日から、右の鎖骨あたりの「ピンポン球大のシコリ」が気になっていた。軟らかく痛みもない。深刻に捉えていなかったが、郷里の鹿児島から上京した兄に見せた途端、表情が変わる。

「ちゃんと医者に診てもらったほうがいいよ」

 あとになってわかるのだが、兄は愛華と同種の病になった友人を知っていたのだ。それから専門病院で検査を受けると、血液のがん、悪性リンパ腫と診断される。

 抗がん剤治療が始まったのは4月。副作用がとにかく凄絶だった。

 抗がん剤が注がれる左腕をダンプカーが何度も往復するように激痛が襲い、アイスピックでがんがん突き刺されるような鋭い痛みがひろがって、更に悪いことに、脱毛、強烈な嘔吐と便秘、うつ症状が容赦なく押し寄せる。

「自分が人でなくなるような感覚でしたね。丸太にでもなったような。生きているより死んだ方がマシなんじゃないかなと思ったり」

 それでも治療をやり遂げられたのは、99%落ちると言われたなかで宝塚音楽学校に合格した“諦めない気持ち”だったり、宝塚時代の教えである“辛いときほど笑え”の実践だった。髪の毛が抜けたときも、「高校球児と言われてます」と笑ってやりすごした。

 周期的にあらわれるうつ症状については、スポーツ・マッサージが本職のボーイフレンドの施術が奏功した。加えて、もう1つの特効薬を挙げるなら仕事復帰への情熱だ。所属事務所の社長は、

「夏のミュージカルには間に合わせましょう。治るよ、あなただったら」

 と言った。愛華は、

「すごく心強くて、すごくありがたかったです」

 と振り返っては涙ぐむ。

 8月の公演から逆算して何をすべきかを考えると、それに応えるように立って歩けた。検査数値のうえでは不可能なはずの改善ぶりに担当医は眼を瞠(みは)って、

「公演のチケット、ゲットしました」

 と言った。

「大丈夫じゃなきゃ買わないよね、と。うつで心が折れそうになっていたんですが、みごとに甦りました」

 7月前半まで抗がん剤治療が続いたので、最初は稽古場に顔を出せず、代役が稽古をしたDVDを寝ながら見て台詞を覚えた。

 稽古に行くことができたのは、初日の1週間前。放射線治療は舞台中も継続し、副作用で咳がひどかったけれど、舞台にあがると不思議と止まり、誰よりも元気に芝居をしたという。タカラジェンヌの復帰に舞台の神様が微笑んだようだ。

 翌09年1月1日午前1時1分、婚姻届を出した。愛華は、「がんは2人の愛を試す試練だったかもしれない」と考えている。

 がんをくぐり抜けて、“てげてげ”の境地に辿りついた。つまり、

「鹿児島の方言でいい加減という意味ですが、私は“良い加減”と捉えて頑張り過ぎず、ほどほどの生き方をするようになりました」

特別読物「がんに打ち克った5人の著名人 Part5――西所正道(ノンフィクション・ライター)」より

愛華みれ
1964年生まれ。宝塚花組の元トップ。

西所正道(にしどころ・まさみち)
1961年奈良県生まれ。著書に『五輪の十字架』『「上海東亜同文書院」風雲録』『そのツラさは、病気です』、近著に『絵描き 中島潔 地獄絵一〇〇〇日』がある。

「週刊新潮」2017年2月16日梅見月増大号 掲載
.
新潮社

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14343-8253c6d6
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ