ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年05月17日 (20:08)

研究者がSNSで患者と直接交流;がんゲノム解析と生きるための希望 --- 中村 祐輔


MIT(Massachusetts Institute of Technology)のBroad研究所のメンバーがPrecision Medicine (プレシジョン医療)に関する講演をした。あまりにも抑揚のない話し方に加えて、話の内容が、一般的なゲノム解析と分子標的治療薬選択に関する、どこにでもあるような、目新しさのない話だったので、思わず居眠りをしてしまった。細胞株の抗がん剤に対する感受性(効きやすさ)と細胞での遺伝子発現情報を比較したところ、抗がん剤耐性(抗がん剤が効きにくいこと)とMDR(Multi-Drug Resistance)の高発現との関連が見つかったと誇らしげに話をしていた。感心して聞いていた人もいたが、私は心の中で「そんなもん、40年くらい前に見つかってるやないか!」と大阪弁でつぶやいた。

このタンパク質は、薬剤を細胞の外に吐き出す役割をしているポンプのような働きをしており、これがたくさん作られると抗がん剤を効率よく細胞の外に出すため、薬が効きにくくなるのだ。この講演内容レベルの「がんプレシジョン医療」ならば、日本で体制が構築できれば、簡単に追い越すことができるように感じた。

この講演で一点だけ注目したのは、SNSを通した、患者さんとの直接的なコンタクトを行うネットワークである。一般的には、患者―医師(医療機関)-研究機関の関係になっており、患者さんが直接、研究者と連絡を取ってゲノム解析を依頼することはない。しかし、このネットワークでは、研究機関が患者さんと直接コンタクトした上で、医療機関が間に入ってがん組織などを提供し、研究機関がゲノム解析を行い、そのデータを元に、分子標的治療薬の情報(治験を含めて)を提供していると話をしていた。すでに、2000人以上の患者さんと直接SNSで交流をしたとのことだ。この2000人は、全米に広がる992の医療機関を受診しており、721医療機関については、患者さん一人だけだそうだ。最先端の情報を持つ研究者・研究機関が、医療機関の頭越しに、患者さんと交流する新しいスタイルだ。

当然ながら、患者さんには、生きる権利、生きる希望をつなぐ権利がある。情報網が発達している今、欧米での情報は、リアルタイムで日本に伝わる。私が、2年半前にTOPKという分子の阻害剤を報告した際には、「いつ、この薬剤の治療を受けることができるのか」という問い合わせが、日本を含め、世界中から多数あった。生き延びたいと必死な思いの患者さんや、親・妻・夫・兄弟・子供を救いたいと願う患者さんの家族は、目を皿のようにして新しい情報を探っている。残念ながら、医療現場の最前線にいる医師たちよりも、患者さんや家族の方が、最先端の医療情報に接していることが少なくない。

もちろん、「白衣を着た詐欺師たち」は、情報を加工して、自分たちの利益の方向に誤誘導することを怠らない。彼らは、口は上手だし、態度は丁寧で親切なので、患者さんや家族は、マニュアルに沿って治療方法などを淡々と説明する「ロボット医師」よりも心が休まるのかもしれない。

話を戻すが、SNSを利用した医療は急速に広がってくるように思う。この際、「摘出したがんの試料などが、誰に属するか」が大きな議論の対象となる。医師や医療機関は、患者さんや家族ががん試料の提供を求めた場合、それに抵抗することが少なくない。ゲノム解析などによって、新しい希望が広がる可能性が高くなってきている今、患者さんは生きる可能性をつなぐために、自分のゲノムを解析してもらう権利もあるはずだ。

自分のがんの情報を知れば、絶望が希望に変わる可能性が膨らみつつある。漆黒の闇で生きるのは辛い。わずかな灯りであっても、光が見える中で生きることができれば、どれだけ心が救われるだろうか。

心温まる、大きなスケールのプレシジョン医療を是非、日本で実現して欲しいものだと願っている。


編集部より:この記事は、シカゴ大学医学部内科教授・外科教授、中村祐輔氏のブログ「中村祐輔のシカゴ便り」2017年5月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちら(http://yusukenakamura.hatenablog.com/)をご覧ください。
.
中村 祐輔
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14386-75e2ea1a
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ