ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年05月20日 (09:13)

中村獅童を突然襲った肺がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40〈dot.〉

初期の肺腺がんが人間ドックによって早期発見されたという歌舞伎俳優の中村獅童(44)。肺がんはがんの中で最も死亡者数が多いとされ、手術数などで実績のある病院選びが大事な要素となってくる。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2017』では、年間手術数を独自調査し、手術数が多い上位病院をランキング形式で掲載。がんや心臓病、脳の病気など計30種類の治療法を取り上げているが、ここでは「肺がん手術」のランキングを最新治療とともに紹介する。
 肺がんは、がん細胞の形態によって「小細胞がん」と「非小細胞がん」に大別され、非小細胞がんにはいくつかの種類がある。肺がんの治療は「手術」「薬物治療」「放射線治療」が主で、がんの種類や病期(進行度)、患者の年齢や全身状態などによって治療法が選択される。原則として、手術の適応となるのは早期の非小細胞がんが主体で、進行がんや小細胞がんは薬物治療や放射線治療が中心となる。

 手術では、がんの位置や大きさ、周囲への広がり方(浸潤)などにより、肺の切除範囲を検討する。肺は、右側が三つ、左側が二つの「肺葉」に分かれており、現在の標準治療は、がんのある肺葉を切除する「肺葉切除」である。ただし、2ンチ以下の早期がんで転移がなく、悪性度が低いがんの場合は「区域切除」などの縮小手術を検討することもある。

 病院の実力を知る上で、「手術数は技術力の指標になる」と、倉敷中央病院の奥村典仁医師は話す。

「手術数の多さは経験豊富な医師のいる証しといえます。ひと言で肺がんといっても手術は千差万別です。手術経験が多いということは、症例ごとに最適な治療法を選択できる引き出しが多くあると考えていいでしょう」

 東京医科大学病院の池田徳彦医師も、「手術数は技術力の高さの目安」と認めつつ、「注意が必要なこともある」と話す。

「特定の病院に手術が必要な患者が集まる地域もあります。さらに、病院によって『手術可能な早期の肺がんが集まる』『進行がんが多い』など傾向が若干異なることもあるため、地域や病院の特徴も考慮する必要があります」

 また、区域切除は肺葉切除より技術的に難しいため、区域切除の件数が多いことも技術力の指標になると考えられる。

「ただし、現在の標準治療はあくまでも肺葉切除です。区域切除の数があまりに多い場合は、適応を広げすぎている可能性があり注意が必要です」(奥村医師)

 肺がんの治療においては、近年、とくに薬物治療が大きく進歩している。従来の抗がん剤に加え、特定の遺伝子変異のあるがんに有効な分子標的薬や免疫療法薬など、新薬の登場により生存期間が延びている。

 放射線治療では、がんにだけピンポイントで照射する体幹部定位放射線治療(SBRT)の普及により、早期の小さな肺がんでは手術と同等の効果が得られるともいわれている。

 進行がんに対しては薬物治療や放射線治療をしてがんを小さくした上で手術をする「術前導入療法」がおこなわれることがある。外科に加え、内科や放射線科などによる集学的治療が実施されていることは、あらゆるタイプの肺がんに対処できる指標になると考えられる。

「肺がんは、発見された時には進行していることも多く、手術できるのは肺がん全体の約3分の1程度。進行がんに対する肺がんチームでの治療は重要です。一方、早期がんに対してSBRTを実施していることは、高齢や持病などにより手術ができない人にも対応できる、幅広い治療の選択肢がそろっている目安と考えていいでしょう。また、新たな治療薬を導入した場合、予期せぬ副作用が起こることも考えられます。副作用の症状や対応法をきちんと説明してもらえるかどうかも重要です。説明がない場合は、確認してもいいでしょう」(池田医師)

 肺がんは高齢者に多く、ほとんどの患者ががん以外の持病を抱えているという現実がある。そのため、「肺がんの治療に加え、持病の治療や管理ができることも病院選びの重要なポイント」と奥村医師は話す。高齢者の手術が多い病院は、持病や術後の合併症に対応できる態勢が整っていると考えられる。

 また、術後死亡率は高齢者になるほど高まるとされ、合併症予防などのリスク管理も重要といえる。

「合併症が少なく死亡率が低いことも、病院選びの指標になるでしょう。術後の合併症や死亡率、在院日数などのデータをホームページで公開している病院もあります。在院日数が短いことは、合併症などがなく、順調に回復しているという目安のひとつになると考えられます」(奥村医師)

【こんな病院は要注意!】
●肺葉切除と比較して区域切除の割合が多すぎる標準治療は肺葉切除であり、区域切除は一定の条件を満たす場合のみおこなわれる。区域切除の割合が多すぎる場合は要注意。

●がん以外の持病の治療や管理に対応できない高齢者はほかに持病のある人が多い。がん治療と並行して持病の治療や管理ができることも重要。

●治療後のリスク管理やフォローが不十分術後の合併症や、薬物治療の副作用への対策も重要。リスク管理の指標として、術後合併症や在院日数などのデータが参考になることも。

<解説者>
奥村典仁(おくむら・のりひと)医師/倉敷中央病院 呼吸器外科 主任部長
池田徳彦(いけだ・のりひこ)医師/東京医科大学病院 呼吸器・甲状腺外科 主任教授

(取材・文/出村真理子)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14396-dbae02d7
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ