ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年06月03日 (16:28)

財津和夫が公表した大腸がん 手術数でわかる「いい病院」全国トップ40〈dot.〉

 精密検査の結果、大腸がんであることがわかり、当分は治療に専念することを公表したフォークグループ「チューリップ」のメンバーで歌手の財津和夫(69)。大腸がんは初発だけでなく再発でも、完全にがんを切除できれば治る可能性が高い。技術レベルの高い病院で腹腔鏡手術の導入も進んでいる。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2017』では、年間手術数を独自調査し、手術数が多い上位病院をランキング形式で掲載。がんや心臓病、脳の病気など計30種類の治療法を取り上げているが、ここでは「大腸がん手術」のランキングを最新治療とともに紹介する。
消化器がんのなかで、大腸がんは、胃がんや膵臓がんなどに比べて手術で治せる可能性が高いがんだ。初発の大腸がん患者の約95%が手術によりがんを切除しており、その約80%が5年以上生存している。早期に発見して、がんを完全に切除できた場合、多くが治る。

 大腸は上側にある結腸の場合、比較的に手術が簡単だが、肛門側にある直腸になると血管や神経、膀胱や生殖器などの臓器が隣接するため、手術が難しくなる。さらに骨盤の奥深く、肛門に近い下部直腸の手術には、高い技術が必要とされる。

 最近では大腸がん手術を実施する病院の9割以上が、おなかの傷が小さく術後の回復が早い腹腔鏡手術を導入している。ランキングデータは、開腹手術と腹腔鏡手術の内訳を示す。腹腔鏡手術は手技が難しくトレーニングが必要なため、技量を備えた病院でおこなうことが必須条件だ。開腹手術に比べて病院間の技術差が大きい。病院の技量や方針によって腹腔鏡手術の対象範囲は、(1)早期結腸がんのみ、(2)進行結腸がんと早期直腸がんまで、(3)大腸がん全般とする、など各病院で異なる。

 手術数について、北里研究所病院の渡邊昌彦医師はこう話す。

「人にもよりますが、1人が年間約50例の手術に携わっていれば、一定の外科手術の技術を維持できるでしょう」
また腹腔鏡手術では、指導医としての技量を認定する、日本内視鏡外科学会による技術認定医(消化器・一般外科領域)が参考になる。審査委員長を務める渡邊医師はこう続ける。

「この資格を持つ医師は、腹腔鏡手術を安全・適切におこない、指導できる技量があります。技術認定医のいる病院は高い技術レベルにあると考えられるでしょう。腹腔鏡手術の場合、手術をビデオでも学ぶことができ、全国で開かれる研究会で研修を積んでいます。トップレベルの技術を持つ医師は、都会のがん専門病院に限らず、地方の病院にもたくさんいます」

 技術認定医は大腸以外の臓器でも取得でき、現在、学会ホームページで公開されている。

 がんが進行してリンパ節や他の臓器に転移した場合には、原発のがんとともに手術で取り除く。がんが大きく手術で切除不可能な場合や再発の可能性が高い場合は、手術の前に抗がん剤や放射線治療をおこなうこともある(術前化学・放射線療法)。がんを縮小させて切除する、または再発リスクを減らすのが目的だ。外科と、放射線科や腫瘍内科との連携が重要になる。

 進行がんの開腹手術経験が豊富な、埼玉県立がんセンターの西村洋治医師はこう話す。

「大腸がんの場合、肺や肝臓、腹膜などに転移しても、手術で切除できれば助かるケースがあります。なかには計10回の手術をして元気に暮らしている患者さんもいます。腹膜にがんが散らばる腹膜播種などは手術が困難になるため、経験豊富な病院で相談する必要があります。心臓や肺などに持病があると、がんセンターでは専門医がおらず手術ができないために大学病院に紹介することもあります」

 通常、肛門に近い下部直腸がんでは、がんと一緒に肛門を切除して、おなかに人工肛門(ストーマ)をつくる。最近いくつかの病院では、がんと内肛門括約筋を切除し、肛門を残す手術(括約筋間直腸切除術=ISR)も積極的におこなわれている。ランキングでは、ISRの実績を掲載している。ただし、肛門を残すには次の心の準備が必要だ。
「肛門を残しても、一般に肛門の機能は下がります。術後に便失禁や1日10回程度の頻便が起こることもあり、その後半年から1年くらいの間に排便回数が減っていきます。また、無理をしすぎると、がんを取り残して再発する危険性も高まります。ISRは、欠点についてもしっかりと説明してくれる病院で受けるべき手術です」(西村医師)

「大腸がんの手術は、排尿・排便障害や性機能障害などの後遺症が残るケースもある。手術数も指標の一つですが、術後5年、10年と長く寄り添ってくれ、心から信頼できる医師を選ぶことが一番大切です」(渡邊医師)

【こんな病院は要注意!】
●リンパ節切除についてしっかり説明しない
 進行がんでは、局所再発を防ぐため、徹底したリンパ節切除をおこなうのが日本の標準治療。きちんとした説明があるか要確認。

●治療法のメリットを話してデメリットについて触れない
 腹腔鏡手術、ISR、術前化学・放射線療法など、治療法を決める際にいい面ばかり強調し、デメリットをきちんと伝えない。

●ストーマケアが充実していない
 直腸がんで一時的もしくは永久のストーマをつけても、専門スタッフによるケアが受けられない。

(取材・文/坂井由美)

<解説者>
渡邊昌彦(わたなべ・まさひこ)/北里研究所病院 副院長
西村洋治(にしむら・ようじ)/埼玉県立がんセンター 消化器外科 副部長
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14473-db925bc2
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ