ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年06月28日 (11:02)

自宅に戻っても寿命は変わらない? 小林麻央さん、最後の1カ月〈週刊朝日〉

小林麻央さんの命を奪った乳がん。最後の数カ月、どんな苦しみと闘って過ごしたのだろうか。

 乳がんの場合、骨や肺などに転移が起こりやすく、痛みや息苦しさといった身体症状が出てきやすい。

「特に骨転移は強い痛みに襲われることが多い」

 と話すのは、長年、在宅医としてがんの終末期医療などにかかわる、新田クリニック(東京都国立市)の新田國夫医師だ。事実、麻央さんのブログには、骨からくる痛みやつらさが包み隠さず書かれている。

「昨日の夜中は久しぶりに痛みのレスキュー(緊急避難的な痛み止め)を飲むために起き上がりました」(4月10日)

 4月22日、麻央さんは入院。輸血や点滴などの治療を受けて1カ月と1週間ほどで退院した。麻央さんは、自宅に帰ることを強く望んでいたと、病院の関係者は証言している。

 医療者がいない環境で過ごすことをためらう患者もいるが、麻央さんの場合、在宅医が薬の量を調整したようで、ブログには「心強い」と書かれている。

 今の在宅のケアについて新田医師は説明する。

「今は病院レベルの緩和ケアが、在宅でも可能。例えば、痛みにはオピオイド(医療用麻薬)を使いますが、飲み薬、貼り薬、座薬、持続点滴などいろいろな投与法があり、患者さん自身が自分の症状に応じて薬の量を調整できます」

 プライベートな空間はベッド周りしかない入院と比べると、在宅医療は、好きな時に好きなことができて、家族にも自由に会える。

「生活の匂い、家族、自分の空間に戻るというのは、がんがあっても“最後まで生ききりたい”という患者さんの意思の表れです」

 と新田医師は話す。ブログでも「我が家は 最高の場所です。(中略)子供達はもうすぐ公園から帰ってくるようです。早く会いたい」(5月29日)と強い思いがつづられている。

 自宅で過ごすことががん患者にもたらす利点は、筑波大や神戸大の研究でもわかっている。病院よりも自宅で過ごしたほうが、生存期間が長く、体に負担のかかる治療をしなくても、寿命は変わらなかったのだ。
「私自身の経験でも、自宅に戻った患者さんのほうが痛みの出方が穏やかでした」(新田医師)

 がんは苦しみながら最後を迎えるという印象があるが、海老蔵さんによると、亡くなる1日前まで会話ができていたという。ブログからは、勸玄(かんげん)君が足をなでてくれたり、麗禾(れいか)ちゃんは痛みを書き込むシートに「私がやりたい!」と手伝ってくれたりと、親子で温かい時間を過ごせた様子が伝わってくる。看護師とともに患者を在宅に戻す支援を行う湘南記念病院乳がんセンター(神奈川県鎌倉市)のセンター長、土井卓子(たかこ)医師は、こう話す。

「症状は確かにありますが、多くは、最後まで意思疎通ができ、やりたいことができる。だから自宅で最後の時間を過ごすことは大切なのです」

 海老蔵さんは会見の席で、涙ながらに語った。

「家族の中で、家族とともに一緒にいられた時間というのは、本当にかけがえのない時間──」

 麻央さんの最期は穏やかだったに違いない。(本誌・大崎百紀、上田耕司、松岡かすみ、山内リカ、吉﨑洋夫、西岡千史)
※週刊朝日 2017年7月7日号
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14602-63808a1e
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。