ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年10月17日 (00:40)

「酵素ファスティング」やってる!?10日間で3kg減+αの効果とは

アスリートや芸能人が実践していることでも話題のファスティング(断食)。断食とは言っても、水以外一切口にしないストイックな方法ではなく、食事の代わりに酵素ドリンクや野菜ジュース、専用のサプリメントだけで3~5日間程度過ごすというやり方が最近では主流。筋肉が落ちにくく、身体能力も高まることから、ダルビッシュ投手を始めとする野球選手や、横綱白鵬関も取り組んでいるそうなんです。

【写真】「酵素ファスティング」やってる!?10日間で3kg減+αの効果とは

「それなら安心して行えそう!」ということで、筆者(30代・女・お酒好き)が人生で初のファスティングに挑戦。お酒好きな上、春頃から仕事のストレスと暴飲暴食により、心にも身体にも悪いものを溜め込んでしまった状態から、5日間のファスティングを行って実感した効果や感想をご紹介します。

■酵素ファスティングとは?

 ファスティング=断食のこと。といっても、水だけで過ごすわけではありません。今回実践した酵素ファスティングでは、「プロフェッショナルファスティングマイスター(1級断食指導者)」「臨床分子栄養学医学研究会 認定指導カウンセラー」の資格を持つ、株式会社be Organic代表の山岡玲子先生の指導のもと、糖分やミネラルなどの栄養を含む酵素ドリンクを食事の代わりに摂取しながら5日間を過ごしました。梅干しや塩、少量のサプリメントも体調を見ながら適宜摂取していきます。

 ファスティングというとダイエットをイメージする人が多いと思いますが、効果はそれがメインではないんです。山岡先生によれば、食事を摂らないことで消化器官を休められるほか、身体に溜め込んでいた有害物質の解毒と排出、細胞の生まれ変わり、傷んだ臓器の修復を促す効果などがあり、とにかく健康になれるというのです。

「人間の身体はもともと『潜在酵素』を持っているのですが、この潜在酵素は『消化酵素』と『代謝酵素』に分かれます。ファスティング中は、『消化酵素』を使う必要が極端に減るため、ほとんどの酵素を『代謝』に回すことができるのです。そうすると新陳代謝が活発になり、腸内環境を改善したり、傷んだ臓器の修復をしたり、免疫力を増強したりと様々な効果がもたらされます。

 その効果は、海外でファスティングが癌の治療に用いられたり、ドイツでは「断食で治せない病気は医者でも治せない」ということわざがあったりするほど! ほかにも、ダイエット効果はもちろん、アレルギー改善や妊活にも効果があると言われています。」とのこと。

 とにかく健康効果がものすごいのです!

■ファスティング中はもちろん、その前後もお酒は禁止

 ファスティング中は酵素ドリンクだけで過ごしますが、その前後数日間、胃腸を慣らすために「準備食」と「回復食」という食事を行います。山岡先生の「Organic Fasting」では、準備食は2日以上、回復食は5日以上が推奨されています。

 準備食・回復食の主なルールは、動物性たんぱく質や揚げ物は消化吸収に負担がかかるため、肉・魚・卵・乳製品と、脂っこいものは摂らないこと。また、甘いもの(お菓子など甘味料全般)と小麦製品は腸内環境を乱すため食べないこと。お酒も同じ理由でNG!

 食事は、ざっくりとベジタリアンのような感じですね。揚げ物も避けるのでかなりヘルシー。主食は、お米なら玄米や雑穀米を推奨(白米でもOK)、麺類なら蕎麦ならお昼のみOK。玄米や雑穀米、蕎麦はビタミン・ミネラルや食物繊維が白米よりも摂れるのと、血糖値を急上昇させないためだそうです。

 お酒は、準備食に入ってからファスティングを終え、回復食3日目までは一切NG! (Organic fastingの場合)10日間も禁酒したことなんて、恐らくもう10年ぶりです。

 筆者は夫婦ふたりの家庭なのですが、夫婦ともお酒好きで普段は毎晩のように晩酌しているんですよね。それがなくなったこの期間、何だか寂しい夕食タイムに...。夫は「ファスティングする」と言い出した私になんだかつまらなそうな、やや疑わしそうな視線を向けてくる...なんとなく、夫婦の会話も減っていたような気がします。夕食時のお酒を一緒に楽しむことが大事なコミュニケーションになっていたんだなと気づかされました。逆に、お酒がないとコミュニケーションが減るというのはどうなんだろうかと、考えさせられもしましたね(笑) 今後の夫婦関係のためにも良い発見でした。

■ファスティングをして気づいたこと

 ファスティング中は、お腹が空いたら酵素ドリンクを少しずつ飲みながら過ごします。酵素ドリンクを飲むと一時的に空腹感が解消されるので、辛さはほとんどありませんでした! 酵素ドリンクが甘くて好みの味だったのも良かったです。さらに3日目、4日目と日が経つにつれてどんどん身体が慣れていくんですよね。この感覚には感動でした。

 最初にお伝えしたように、ファスティングをすることで体内ではいろいろな良いことが起こるのですが、今回は生活の中で実感として気がついたことをご紹介します。

(1)夜にたっぷり時間ができた

 食事もお酒も摂らないので、夜の時間がすっぽりと空きます。「暇!」と思ってしまうくらいの時間が生まれます。読書や勉強をしたり、お風呂に長く浸かったりと有効に過ごすことができました。ついお酒を飲みながらダラダラ過ごしてしまう人や、資格勉強中の人などにはすごくおすすめです。

(2)とにかくお金を使わない

 食べられないので、基本的に外食の予定は入れません。私の場合、普段は週に1、2回以上外食をする機会がありますが、お酒も飲むので食事代が馬鹿になりません。平日のランチも、外食すれば1000円程度使ってしまいますが、それも0円。スタバやコンビニコーヒーも飲めないのでこの期間は買いません。とにかくお財布を開ける機会がなく非常に経済的でした。

 特に私は今回初ファスティングだったので、運動以外に外出の予定を入れなかったせいもありますが、約10日間ほとんどお金を使いませんでした。
(ただ、酵素ドリンクがちょっと高いんですけどね。)

(3)寝起きが100倍良くなる

 お酒好きの人に多いようですが、私ずっと寝起きが悪かったんです。お酒のせいにしたくなくて「低血圧」だからだと言い張っていましたが、間違いなくお酒のせいですね(笑)

 毎朝、目覚ましのスヌーズ機能を使って30分くらい粘ってから起きていました。
6時にセットして6時半頃やっと起きていたのが、ファスティング4、5日目になるとなぜか5時頃に自然と目が覚めるのです。しかもすごくスッキリ! これは、本当にお酒を飲む生活を見直そうと思いましたね。(恐らく禁酒だけではなくファスティングによる効果でもありますが!)

(4)食事もお酒も心を満たすためのものだった

 食べない生活をしてみて一番に感じたのが、いかに自分が「気分」のために食事をしていたかということ。仕事を終えた帰り道、いつも“お酒を飲みながら食事をする時間“を何よりも楽しみにしていたことに気づきました。

 楽しさはもちろん非常に大事な要素ですが、身体のためには、「本当に空腹なのか?」「本当に食べたいものを選んでいるか?」ということをきちんと見極めることが重要です。お酒も当然のように毎晩飲むのではなく、特別な時の楽しみにするなど、食事の仕方を変えていこう、というきっかけになりました。

■心と身体のデトックスに成功! 期間を置いてまたやりたい

 結果的に、回復食を含めた10日間で2.5~最大3 kgほど減量できました。ひとまわりすっきりできて満足です! 心のほうに溜め込んだあらゆるモヤモヤもデトックスされ、自分に自信を取り戻したような、爽快な気分で終えられました。

 お酒は、友人との約束があったので回復食4日目に再開。気分はファスティングモードが続いていたので、少量で我慢できましたよ。そこでも、楽しさのためにお酒を飲んでいるんだと改めて実感しました。やっぱりお酒は楽しい!

 とはいえ、今回のファスティングで、身体の中にしっかり意識を向けられるようになりました。二日酔いするほど飲んでしまうことも多かった私ですが、これからは身体をいじめるような飲み方はせず、ちゃんと身体を休ませながら大好きなお酒と付き合っていきたいと思います。

 身体が健康になる上、食生活への意識を根底から変えてくれるファスティング、お酒を控えたい方にとても良い健康法だと実感しました。興味があれば、ぜひ試してみてくださいね。

※実践する際には、専門的な知識を持った方の指導を受け、無理な断食などは行わないようにご注意ください。

指導を受けた先生/山岡玲子氏

文/suzuco
@DIME編集部
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/14657-fab0ddd0
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ