FC2ブログ
ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2009年05月28日 (11:29)

原爆症訴訟:「国も早く認めて」がんで他界の姉を代弁

国の原爆症認定に司法は18回目の「ノー」を突きつけた。30人中29人を救済した28日の東京高裁判決。原告団から「99%の勝利」と喜びの声が上がる。しかし解決は長引き、原告30人のうち14人が既に他界した。姉に代わり2度目の勝訴を見届けた妹は「国は早く認めて静かに眠らせてあげて」と訴えた。【伊藤一郎、銭場裕司】

 午前10時、東京高裁101号法廷。稲田龍樹裁判長が主文を読み上げると原告席の弁護団の中から「よし」と声が上がった。判決理由にうなずく原告たち。閉廷の瞬間、弁護士らは「素晴らしい」と言って立ち上がり両手を突き上げた。傍聴席からは一斉に拍手がわき起こった。

 「勝訴」「原告全員救済せよ」。法廷から飛び出した弁護人が高裁前で勝訴判決を伝える旗を掲げると、雨の中約70人の支援者が「やったー」と歓声をあげ、万歳を繰り返した。マイクを握った山本英典・原告団長(76)は「99%の勝利。30人のうち29人が勝利しました。国はこの結果を見て、一挙に政治解決する決断をしてほしい」と訴えた。原告側の中川重徳弁護士は「国は全員救済できないと言っているようだが、裁判所が強烈なメッセージを出してくれた。皆さんあと一歩です」と呼びかけた。

  ◇   ◇

 1審途中の05年、73歳で亡くなった故小西アカネさんの妹、田崎アイ子さん(74)=東京都港区=は、うれしさに涙をこらえながら判決文を聞いた。

 広島に原爆が投下された1945年8月6日、勤労奉仕で外出していた母親は爆心地から約1.5キロで被爆し、翌朝死亡した。爆心地から約4キロ離れた自宅にいた長女アカネさんも割れたガラス片でけがをした。

 まだ13歳だったアカネさんは中学にも通わず、母の代わりにアイ子さんら6人の弟妹を育てた。弱音を吐かず近所から「何でもアカネさんに聞きなさい」と言われる自慢の姉。しかし、アイ子さんは家で頻繁に貧血を起こし寝込む姉を見てきた。

 14年前、久しぶりに広島に帰ると姉は突然「私がんなの」と告げた。肝細胞がん。アイ子さんは原爆症と確信した。あの日、母の皮膚は垂れ下がり、破れた服とくっついてしまっていた。倒壊寸前の家で、姉は服や皮膚を切り取り、水や薬を飲ませて懸命に看病した。近くに避難した弟妹たちには食事を届け、行き帰りに黒い雨を浴びた。

 がんは新認定基準の対象疾病。しかし「爆心地から3.5キロ以内」という壁で認定は阻まれた。わずか500メートルの違い。しかし、アイ子さんは姉と一緒にいた別の妹の髪が抜け落ち、隣の奥さんが大やけどを負った姿も見た。「放射線は確実に3.5キロを超えていた。距離など無意味」と語気を強めた。

 広島市内に入った時期を争っていた原告の竹内勇さん(89)も逆転勝訴した。1審は「入市時期が遅い」としたが、控訴審判決は「(証拠の)絵などから投下日直後に入市したと認められる」とした。

 ◇「予想外の喜び」原告団長
 判決後、原告団は東京・霞が関の弁護士会館で記者会見した。山本英典団長が「心配していたが、こんなに良い判決は予想外でした。非常にうれしいです」と語ると、支援者から大きな拍手がわいた。さらに団長は「被害を狭く、小さくしかとらえない政府に抗議するために提訴した。原爆の被害は体に大きな影響を与え続けている。306人の原告全員が救済されるまで闘いは終わらない」と訴えた。【銭場裕司】

 ◇「ほっとした」広島訴訟副団長
 東京高裁判決を聞いて、広島訴訟原告団の玉本晴英副団長(79)は「うれしい。ほっとした。河村建夫官房長官は、(これまで、東京高裁判決を政治解決のタイムリミットと発言してきた)言葉通りに実行してほしい。裁判の全面終結と原告の全員認定をさらに訴えたい」と語った。【井上梢】

 ◇国が「上告せず」大阪高裁判決
 厚生労働省は28日、被爆者4人を原爆症と認めた原爆症認定訴訟の大阪高裁判決(15日)について、上告しないと発表した。「個別認定の問題で、最高裁で争う法令違反などがない」と判断した。4人のうち1人は肝硬変を患う被爆者で、昨年4月に緩和された認定基準で対象から漏れている肝機能障害が、初めて認定される見通しになった。【清水健二】

スポンサーサイト



トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/1846-de1fd20d
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ