FC2ブログ
ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2008年02月26日 (22:33)

◎がん患者にも希望を 作家・田口ランディ氏講演 北國新聞政経懇話会2月例会

北國新聞政経懇話会二月例会は二十五日、金沢市の金沢エクセルホテル東急で開かれ、作家の田口ランディ氏が「がんと付き合う知恵~小説『キュアcure』の取材を通して学んだこと」と題して講演した。肺がんで余命半年といわれ今年一月に死去した父の介護体験を紹介した田口さんは「日本の医療はがん患者にも生きる希望を与える取り組みが必要。治るか治らないかにこだわり過ぎず、どう闘い、どう生きるかという視点がこれから大切だ」と強調した。講演要旨は次の通り。
 日本では、がんが絶望の代名詞になっている。そう思わせる構造があるからだ。昨年六月、骨折で整形外科病院に入院した父を例に指摘したい。入院して肺に影があると分かったため、私が近くの県立がんセンターへ行き写真を見せると、肺がんだろうと言われた。治療を依頼すると、「骨折の治療ができないから」と転院を断られた。

 実は私も知らなかったが、父はアルコール依存症だった。幻覚症状が出始め、退院を通告された。三十以上の病院に当たったが、受け入れ先はなし。ある人の助言を受け、退院した上で救急車で救急病院に入ったが、そこでも退院か、家族が二十四時間付き添うかだと言われた。

 家族でもそれは無理だ。何とかお願いすると、雇った付き添いを病院は認められないが、家族だと申告すれば可能で、そうした。ここで初めて検診を受けることができた。医師から余命半年と言われた。それも、七十八歳、精神的障害もあるし、もういいのでは、といった感じで。

 ショックだった。余命をどう過ごすかを考えた方がいいと言われても、病院は何も相談に乗ってくれない。どうしたらいいのか。何かしらの代替医療の話でもしてもらえば、まだ頑張れる。しかし、科学的根拠がないから言えないのだ。これが不幸を招いている原因の一つになっていることも分かってほしい。

 病院探しを手伝ってくれる協会の存在を知り、相談し精神病院に転院。アルコール依存症と、それによる認知症は幸いにも一週間ほどで治った。この時点で父はまだがんであることを知らない。悩んだ末、私から告げた。二日後、父に会うと、告知は記憶から欠落していた。絶望に等しく意識が拒否したのだ。

 このころ激痛が始まった。実は日本の医療には痛み止めのモルヒネを適切に扱える麻酔科の医師が不足している問題点がある。私は医師を探し、行き着いたホスピスに父を入れた。そこは末期患者に対して緩和処置はするが、それ以外は患者自身がやるのが原則で何もしない。

 食事が取れなくなり、寝た状態が多くなった父は、ある日、「そろそろお迎えが来たようだ」と体を起こし、遺言を私たちに伝えた。末期患者はいろんな機器につながれ、ぜぇぜぇ言っているイメージがあったが、父は何か植物がゆっくり枯れていくような感じだった。

 ホスピスには随分感謝している。最後の最後には必要だろう。しかし、父のように生きようと思う人が入るのはつらすぎる点も否めない。医者側から何かしら希望の持てるような手助けがあってもよいのでないか。

 科学的根拠はないが、米国で、祈る人の多い患者の治癒率が高いという統計がある。免疫力も治るかもしれないと信じれば高まる可能性があり、そんな話一つで、がんとの付き合い方が違うように思う。末期でも余命何年と見放すのでなく、ケアを考える医療を患者や家族は望んでいるはずだ。
スポンサーサイト



トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/196-4619c96b
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ