FC2ブログ
ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2008年10月21日 (13:58)

がんのリスク・マネジメント:(14)塩分と胃がん:コホート研究のエビデンス

 世界の胃がんの地域差や時代的変化に注目すると、塩分摂取との深いかかわりが推察されます。しかし、塩分自体には発がん性がなく、単独で胃がんを発生させることはできないとされています。ただし間接的には、高い塩分濃度により胃粘膜を保護する粘液層が破壊され、胃液による粘膜細胞の傷害を助長したり、炎症が起こりやすくしたりすることにより、発がん物質の作用を増強するメカニズムが考えられています。

 そのような環境では、ヘリコバクターピロリ菌の持続感染が起こりやすいということを示す動物実験や疫学研究結果も報告されています。さらに、塩蔵食品の保存過程では、ニトロソ化合物などの発がん物質が多く産生され、それが胃がんのリスクを上げているとも考えられます。

 これまでの症例対照研究やコホート研究などの疫学研究結果(エビデンス)をまとめた世界的な評価では、塩や高塩分食品が胃がんリスクを上げるのはほぼ確実とされています。すなわち、塩分摂取量の多い人たちが、胃がんになる確率が高いことを多くの研究が示しています。ただし、食塩そのものの摂取量は、食品についてのアンケート調査からの正確な推定が難しく、また大規模な研究を数多く実施している欧米では胃がんの発生率が低いために、その関連を調べた結果はほとんどありません。日本人のエビデンスに基づいて因果関係の評価を実施している厚生労働省の「生活習慣改善によるがん予防法の開発と評価」研究班では、塩分・塩蔵食品の摂取が胃がんリスクを上げるのは“ほぼ確実”と判定しました。判定材料となった20の研究結果の1つに、コホート研究があります。その内容を少し詳しく見てみましょう。

 まず、調査開始時に行った食事調査の結果から、食塩の摂取量を算出し、男女約2万人ずつを摂取量で5つにグループ分けし、その後約10年の間に確認された胃がんのリスクを比較しました。すると、男性では、食塩摂取量が多いグループで明らかに胃がんリスクが高く、最少グループの約2倍でした。女性では、明らかな差は見られませんでした。その理由は、1つには女性では胃がんが少なかったこと(症例数が少ないと、統計学的な分析は難しいのです)、もう1つにはアンケートの結果から食塩の摂取量を、特に女性においては、うまく把握できなかったこと(一部の方で、28日間の食事内容をすべて列挙していただく食事記録と比べた場合の妥当性がいま一つでした)があげられます。

 一方、高塩分食品については、塩分濃度が10%程度と非常に高い塩蔵魚卵と塩辛、練りうになどの高塩分食品の摂取頻度を尋ねて、それによって4つにグループ分けして比べると、男女とも、よくとるグループでリスクが2~3倍高いという結果でした。

 そのような食品をよく食べる人は、食塩の総摂取量も高いのかもしれません。それとも、食塩とは独立に、塩分濃度の高い食品特有の作用があるのかもしれません。どちらにしても、日本の食文化とかかわりの深い塩分濃度の高い塩蔵魚介類を控えることは、胃がんのリスクを減らすために、重要であることが確かめられました。

 そういうわけで、胃がん予防の観点からは、特に高塩分の食品を減らすことが重要ですが、総合的な食塩の過剰摂取も高血圧と密接に関連し、その結果、脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めます。日本の伝統的な食事の良いところを残しつつ、薄味に慣れるよう努力しましょう。毎日必ず塩蔵品を食べる人は、次第に回数を減らす工夫を重ね、週1~2回程度に抑える必要があるでしょう。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/712-b0b9c048
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ