FC2ブログ
ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月25日 (14:45)

がん教育、児童・生徒に

児童・生徒に、がんの正しい知識を教える「がん教育」の取り組みが注目されている。国民の2人に1人ががんになる時代。子どものうちから学校でがんについて学ぶことで、がんの予防や命の大切さを考えるきっかけにしようという狙いがある。(本田麻由美)

患者の体験談で見方変化
 「病院のベッドから夕日に映える桜島が見え、ポロポロ涙が流れました。がんで死ぬのがとても怖かった」

 6年前に胃がんが見つかった鹿児島市の上水流(かみづる)政美さん(60)は、真剣なまなざしで聞き入る35人の児童を前に、告知を受けた時の気持ちをそう話した。

 同市内にある市立伊敷台(いしきだい)小学校(東(ひがし)俊一校長)の6年1組の教室。上水流さんもメンバーとなっている、鹿児島県内のがん患者・家族によるNPO法人「がんサポートかごしま」が、1組担任の村末勇介さんと企画した「いのちの授業」の一こまだ。

 きっかけは、患者・家族らの会合。「子どもたちの悲惨な事件が多すぎる。生と死に日々向き合う私たちが、今を生きる大切さを伝えられないか」といった声が高まった。理事長の三好綾さんは「がんをむやみに恐れないため、正しい知識を早くから学ぶ必要性も痛感していた」と言う。

 以前から、生と死をテーマにした教育に取り組む村末さんに相談したところ、担任からがんに関する知識を学んだ後に、患者から体験談を聞く、「いのちの授業」のプログラムが決まった。同県教育委員会の協力も得て、希望する小中学校で一昨年から実施している。

 上水流さんは、胃がんの手術を受け、1年後に再発した病歴を持つ。この日の授業では、「それでも、家族や仲間の支えがあったから、あこがれの富士登山にも挑戦し、希望を持って生きてます。皆さんも命を大事に、つらいことがあったら、がんのおじさんを思い出して」と、穏やかな口調で締めくくった。

 こうした児童・生徒への授業は、「がんに対する意識を変え、正しい理解を促す一定の効果がある」と、中学生へのがん教育に取り組む東大付属病院准教授の中川恵一さんは指摘する。

 中川さんらは昨年11月、青森県内の中学生105人にがん教育の授業を行った際、その前後で、がんについてのイメージがどう変わるのかを調べた。すると、「怖い病気」と答えた生徒は授業前の81%から授業後は49%に減少。「予防もできる」「早期発見で治る」と答えた生徒は大幅に増え、95%が「家族にがん検診を勧めたい」と回答した。

 伊敷台小の児童も、「がん患者は寝たきりだと思ってたけど、普通の人と同じで驚いた」「人とのつながりで生きる希望が持てると知った。僕も身近な人が病気になったら支えになりたい」などの感想を寄せ、患者への見方が変わっていた。

 中川さんは、「今後、がん教育を広げるには、授業から1年後の意識や、親が検診を受けるなどの行動変化につながったかを検証することも必要だ」と話している。

正しい知識予防効果も
健康的な生活習慣へ導く
 児童・生徒への「がん教育」が、なぜ必要か。記者も委員として参加する厚生労働省の「がん対策推進協議会」(会長=門田守人・がん研有明病院長)でも、熱い議論が交わされている。

 まず挙がるのが、がん予防や早期発見の啓発だ。がんは喫煙などの生活習慣が原因の一つで、教育による予防効果が期待される。また、早期発見・治療で多くの人が普通の生活に戻ることができる。門田さんは「こうした知識を子どものうちから学び、健康的な生活習慣を身に着ける意味は大きい」と言う。

小・中学生の保護者は、がんのリスクが上がり始める40歳前後が多い。学んだことを家庭で話し合えば、親世代の検診受診率の向上につながるとの指摘もある。

 すでに、がん予防は中学生に身近な存在でもある。2010年秋から、中学1年から高校1年の女子生徒は、20~30歳代の若い女性に多い子宮頸(けい)がんの予防ワクチンの接種が公費で可能になったからだ。予防接種には、がんへの理解が欠かせず、がん教育の必要性が高まっている。

 小中学生に限らず、がんへの知識不足は、「がん=死」という固定観念を生み、無用な偏見を助長しかねない。愛媛県で患者会を運営する松本陽子さんは、「患者・家族を苦しめるだけでなく、受診の遅れや、恐怖から適切な治療の選択ができないケースも引き起こす」と指摘する。子どものうちから、がんと向き合うための正確な知識の教育を学校が担えば、こうした事態を少しでも減らす事ができる。

国が今春まとめる第2期がん対策推進基本計画にも、「がん教育の推進」が盛り込まれる見込みだが、一部の自治体はすでに、独自の取り組みを進めている。東京都豊島区では、児童・生徒・保護者へのがん教育の推進を掲げた条例を昨年4月に施行。区教育委員会が、国立がん研究センター研究員の片野田耕太さんらと、子ども向け教材を開発している。香川県も昨秋、県条例を制定、年齢に応じた教育内容の検討を始めた。

 ただし、現場からは、「カリキュラムは現状でも過密で、授業時間を確保できるのか」といった声も上がる。親ががんだったり、自身が小児がんだったりする子どもへの配慮も必要で、全国で実施するには課題も多い。

(2012年1月25日 読売新聞)

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://ganexit.blog91.fc2.com/tb.php/9902-2ebf6b6f
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。