ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年04月20日 (13:33)

勤労世代のがん死に職業差サービス、管理職で高く

勤労世代の男性の肺、胃、大腸がんによる死亡率は、サービス職や企業・役所の管理職などで比較的高いとする研究結果を、北里大の江口尚・助教、国立国際医療研究センターの和田耕治医師(いずれも産業保健学)らがまとめた。
これらのがんは男性のがん死原因の1~3位で、国が推奨する有効な検診がある。江口さんは「死亡率が高いとされた職業では特に、雇用者や業界団体が検診を受けやすい体制を整え、職場環境を見直すなどの対策に力を入れるべきだ」と話している。




 研究は、厚生労働省による人口動態職業・産業別統計(2010年)のデータを利用。25~64歳の男性の死因と、死亡時の職業を解析した。




 その結果、健康管理が比較的進んでいるとされる工場労働者ら「生産工程職」に比べ、飲食や美・理容、介護業界などで働く「サービス職」では3種のがんの死亡率は3~4倍、「管理職」は2~3倍。「農林漁業職」のほか、ITや医療関係などを含む「専門技術職」も約2倍と高かった。




 なぜこれらの職業で死亡率が高いのか、今回の解析では分からないが、江口さんによると、幾つかの原因が推定できる。




 例えば、夜間のシフト制勤務は過去の研究でがん発症との関係が指摘されているが、飲食関係などでは夜間勤務が多い業態も珍しくない。




 管理職は1人当たりの部下が増え、現場と管理を両方任される「プレーイングマネジャー」化が進みストレスが高まっており、農林漁業では個人事業主が多く、大企業のように健康管理が行き届かないなど、職業に固有の事情がありそうだという。

2017年04月20日 (13:09)

小林麻央さんの浪漫飛行とキャンサー・ジャーニー

がんサバイバーの揺れ動く心

4月13日、乳がんで闘病中の小林麻央さんが「浪漫飛行」と題して、揺れ動く自らの心情をブログに綴った。


私は、

なぜここまでにならなければ

ならなかったのかな、

と思うことがありました。

何故、順調に治っていく道では

なかったのだろう、と。

小林麻央オフィシャルブログ KOKORO.より
キャンサー・ジャーニー

米国のがん患者は、自分たちの「がん体験」をしばしば「キャンサー・ジャーニー(がんの旅路)」と表現する。 ひょっとして、がんかも知れないと思ったとき、医師に診断を告げられた時、治療室に向かう時、自分のベット上で目覚めることができた時、家族の心配そうな顔を見た時、体調が思わしくないのに、外にはいつもと変らない風景が広がっているのに気づいた時と、その都度、サバイバー達の心は揺れ動く。

無事に治療が終わり、体力を回復していく過程でも、再発に対する恐れは長い間、頭の片隅に残る。期待通りに治療が進まずに、不安に押しつぶされそうになることもある。それでいて、ふと、笑っている自分に気づいたりもする。

がんサバイバー達は、苦しみ、楽しみ、出会い、喜び、落胆などを抱えながら、日々、山あり谷ありのキャンサー・ジャーニーへと歩みを進めていく。

立ち上がる力

常に心に葛藤を抱えたサバイバーにとっては、家族の支えだけでなく、信頼し、安心して話しができる医師がいることが心の大きな安らぎになる。しかし現実には、米国でも特に進行した治癒不能ながんについての対話は、医師、患者の双方にとって簡単なことではない。

最近発表された研究結果によれば、多くの末期がん患者が自分自身の予後(病気の予想される経過や結果)を十分に理解していない。

調査に参加した178人の末期患者のうち、主治医と過去および最近、予後について話し合ったと答えた患者は13%にあたる24人だけ。18人は最近だけ、68人は過去に話したことがあるだけと答え、残りの68人(38%)は、予後に関して医師と話し合う機会を持ったことは一度もないと答えている。

しかしワシントン大学医学部腫瘍学教授のアンソニー・バック医師は、「多くの人は困難な事態から立ち上がる力を持っていて、闘う覚悟ができるとその力を発揮します。そのためにも、医師と患者は意思疎通が必要です」と言う。

米国国立癌研究所(NCI)では、予後に関する医師と患者のコミュニケーションをテーマとする動画シリーズを公開しており、海外のがん情報を発信するJAMTが日本語字幕をつけている。

動画の中には、末期がんを患っても、安心して話せる医師に出会い、予後を受け止めながら今日を生き続ける患者が登場する。はじめて予後について知らされた時に怒りや失望を感じた患者も、信頼できる医師と対話をしながら、どのような選択肢があるのかを踏まえ、それぞれの目標に向けて生きていく。
NCIの医師は、患者の価値観や優先度は変化、発展することもあるので、医師が傾聴し、患者の価値観に寄り添って対話を続けることが重要だと言う。

今日を生きる

小林麻央さんも、自らの魂の変化をこう続ける。


でも、

いつからか、

私はここまでになる必要があったんだ

と思うようになりました。

そう思えるときの穏やかさは

魂が納得しているのだと感じます。

魂って自分が思っているより

ずっとずっと自分にロマンを

もっているのでしょう。

だから しんどくて寝ているときは

小さい小さい世界に閉じ込められている

みたいに感じますが、

実は逆で、

魂は壮大な浪漫飛行中なのでしょうね。

(前出の小林麻央オフィシャルブログ KOKORO.より)

どんな状態にあっても、小林麻央さんのように自由な魂とともに、今日を生き続けるサバイバー達が世界中にいる。医療従事者は忙しい。でも、どうか、患者一人ひとりに寄り添い、サバイバー達が精一杯生きていくための後押しをしてほしい。

麻央さん、体がしんどいときも、魂の浪漫飛行をしながら、旅を続けてください。そして、がんサバイバーの皆さん、私達もそれぞれの旅を続けていきましょう。こののNCI作製の動画も、ヒントをくれます。

2017年04月19日 (19:23)

子宮がん検診 居住地外での受診もOKに


佐賀県内、今月から

 佐賀県は今月から、居住地以外での医療機関で子宮がん検診を受けられる体制を整えた。「出産したかかりつけ医療機関」や「職場近く」で受診できるようにすることで受診率向上を図る。早期発見・早期治療につなげ、全国平均よりも高い死亡率を下げる狙い。
.

 県健康増進課によると、佐賀県の子宮頸(けい)がんの死亡率(2011~15年)は人口10万人当たり7・9人から13・9人。全国は9・4人から10・0人で高い傾向にある。
.

 県内市町では20歳以上の女性を対象に子宮がん検診をしている。これまでほとんどの市町で住所地の医療機関でしか検診を受けられなかった。
.

 子宮がんの検診率は全体で約50%。毎年受ける人がいる一方で、検診機会を逃し続けてきた人は症状が悪化してから受診するため、死亡率が高くなっている。特に子宮頸(けい)がんは、出産に適した20代後半から40代に多く、若年層に対する個別検診の充実が課題となっていた。健康増進課は「子宮頸がんは早期に発見し治療することで治る。家事や仕事の隙間の時間を見いだし、ぜひ、受診してほしい」と呼び掛ける。
.

 県内の対象医療機関38施設中、33施設で広域検診が可能になる。自己負担額や予約方法は市町ごとに異なる。

2017年04月19日 (19:12)

2度のがん克服した“ドドンパ娘”に徹子が「一発屋」について聞く

19日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に、ミリオンセラーのヒット曲「東京ドドンパ娘」(1961年発売)を歌った歌手の渡辺マリが出演した。

 60代の時、肺がんと口腔がんで2度の闘病生活を送ったという渡辺。一時は歌う事から離れていたが、スタジオで生歌を披露した。

 司会の黒柳徹子(83)は「一発屋…ごめんなさいね。当時は一発屋って言われたんだけど、平気だったの?」と質問。渡辺は「いや、私、申し訳ないけど、歌でずーっという人生って考えておりませんでしたから、一発って言われても何とも思わなかった」とさらりとかわしていた。

2017年04月19日 (18:55)

インリン、子宮がん検診結果シロに「やっと安心」

 台湾出身タレントのインリン(41)が、心配していた子宮がん検診の結果を報告し、「これでやっと安心できます」と心境を明かした。
 インリンは今月6日のブログで子宮がん検診を受けたことを報告。「不正出血など色々と不調があった」と明かし、不安な思いをつづっていた。

 しかし19日に更新したブログで、「子宮頸がんに関しては問題ないみたい」と検査結果を報告した。ただ「炎症あり」との診断もあり、気になって問い合わせたという。「『特別な症状を感じていなければ大丈夫、今後も一年に一度の定期検診を続けてくださいね。』と言われました」と明かした。

2017年04月19日 (18:43)

市川海老蔵が妻を気遣う「まお、温度差大変だな」

歌舞伎俳優市川海老蔵(39)が19日、ブログを更新し、乳がんで闘病中の妻小林麻央(34)を気づかった。
「関東は30度越えたとか…暖かくなるのはいいですね。でも温度差にご用心を。まお、温度差大変だな、そんなこと思うと胸が締めつけられる」(原文のまま)

 海老蔵はこの日、公演「古典への誘い」が開催される、長崎県佐世保市の劇場に入る、午後1時過ぎの段階でブログを更新した。

 海老蔵の更新後の同2時半過ぎに、小林がブログを更新し「息苦しさと変な発汗と痛みと。10日前まで普通に歩けたのに、10歩歩くのもやっとになってしまうのだから」と、体調が悪化したことを報告している。

2017年04月19日 (18:22)

「10歩歩くのもやっと」「一日中横に」 小林麻央、5日ぶりブログで明かした深刻体調


乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が、2017年4月19日に5日ぶりでブログを更新した。

 平均1日1回は投稿されていた麻央さんのブログは、14日の夜から更新がなく、17日夜には、巡業中だった夫の歌舞伎俳優・市川海老蔵さん(39)が「ブログの更新がないと心配してしまう」と書き込んでいた。

■「息苦しさと 変な発汗と 痛みと」

 5日ぶりとなったブログの内容は、麻央さんの体調の悪化を吐露するものだった。

  「ここずっと 一日中横になっている毎日でした。息苦しさと 変な発汗と 痛みと」
  「10日前まで普通に歩けたのに、10歩歩くのもやっとになってしまうのだから」

 最近の健康状態について、麻央さんはこう語る。

 その「10日前」の9日のブログでは、「ここ数日、息切れとしんどさに襲われどうやって乗り切ろうか試行錯誤しています」「しこりをさわると あっちも こっちも大きくなった」と語っている。

 この時点でかなり調子がすぐれない様子だったが、19日のブログでは、上記に続けて、「夜、母に 背中をさすってもらって一緒に泣きました」と述べるなど、辛さがストレートに明かされている。
.

気丈に母への感謝の言葉

 それでも麻央さんは、気丈にこう続ける。

  「悲しい 申し訳ない 悔しい 苦しい たくさんの感情が湧きますが、一緒に泣いたあと残るのは、不思議と 安堵感です。苦しくても ひとりぼっちにはならない」

 そして最後は、

  「お母さん、一緒に泣いてくれてありがとう」

としめくくった。

2017年04月19日 (18:04)

インリン 子宮がん検査問題なしに「やっと安心」 3月から大量の不正出血

 台湾出身のタレント・インリン=旧芸名・インリン・オブ・ジョイトイ=が19日、ブログを更新。子宮がん検診の結果が判明し、炎症はあるものの、問題がないと伝えられたことを明かした。

 ブログで「子宮頸がんに関しては問題ないみたいで『良かった!!!』と思いながらも…『でも炎症ありって書いてあるから何だろう?!』と気になり病院に電話しました」と結果を報告した。病院からは「特別な症状を感じていなければ大丈夫」と言われ、年に1回の定期検診を勧められたという。

 結果が出るまでの2週間は「ドキドキでした」と明かし、「これでやっと安心できます」と伝えた。

 インリンは6日のブログで初めて子宮がん検診を受けたことを明かし、「正直、検査結果がとても心配です…」と、不安な心境をつづっていた。

 ブログによると、3月から大量の不正出血があり、卵巣機能不全と診断され、ピルや薬などを飲みながら治療していたが、微熱が続いたことから、3月30日に病院で診察を受けた。翌31日のブログではそれでも下腹部などが痛いことから、セカンドオピニオンを受診し、子宮内膜症と多嚢胞卵巣症と診断されたことも明かしていた。

 インリンは08年9月にプロレス団体「ハッスル」元社員と結婚。10年7月に第1子男児、13年12月に男女の双子を出産している。現在は台湾在住。

2017年04月18日 (11:34)

乳がん闘病中の藤山直美、座長公演の代演に書面で謝罪「万全の体調でまた」

新橋演舞場の7月公演「七月名作喜劇公演」(3~25日)の製作発表会見が17日、都内で行われ、女優の波乃久里子(71)、浅野ゆう子(56)、俳優の喜多村緑郎(48)、歌舞伎俳優の市村萬次郎(67)らが出席。当初、同公演の座長を務める予定だった女優・藤山直美(58)は、書面でコメントを寄せた。

 藤山は今年2月、初期の乳がんであることが発覚し、座長公演は中止に。この日のコメントではまず「この度は病気と云うプライベートな事柄で7月の新橋演舞場公演を降板させて頂く事となりまして、誠に申し訳ございません。松竹演劇部の皆様、共演予定でした役者さん方にも本当に多大なるご迷惑をおかけすることとなり、お詫び申し上げます」と謝罪した。

 さらに「市村萬次郎さん、波乃久里子さん、喜多村緑郎さん、そして浅野ゆう子さんと、お客さまを喜ばせるプロフェッショナルの方々がご出演されるので素晴らしい舞台に成ると思います」と、代替公演に出演する俳優陣に感謝も。その上で「このお顔ぶれ舞台企画は病気療養中の私にもパワァーを頂く事が出来ます。私も治療に専念いたしまして万全の体調でまた、皆様にお会い出来ます様に頑張りたいと思っております」と、早期復帰に意欲を見せた。

 藤山の代役を演じる波乃は「直美ちゃんはすごく神経を使われるから、お電話なんか差し上げたら、ご病気なのに無理して明るくされるような気がするので、差し控えておりますけど、本当に早く元気になってほしいですね」とエール。親交が深く、共演経験も多い市村は「ご病気と聞いた時はやはり、ビックリしましたけど、まずは体が第一。まだ機会はありますから」としつつ、「もうお手当てもされてるようですけど、『まだちゃんとボインだから大丈夫』って話していました」と藤山さんとの会話を明かした。

2017年04月18日 (11:18)

がん細胞排除の仕組みを解明 北大など研究チーム 予防薬開発に期待


英国科学雑誌の電子版で公表

 北大遺伝子病制御研究所などの研究チームが17日、がん化し始めたばかりの細胞が正常な細胞に排除される仕組みの一部を解明したと発表した。マウスを使った実験で、正常な細胞に取り囲まれたがん細胞の代謝機能が変化したことを確認した。がんの予防薬の開発につながる可能性がある。研究論文は同日、英国科学雑誌「ネイチャー・セル・バイオロジー」電子版で公表された。

【動画】新球場 日ハムに提案 札幌市、月寒ドーム跡と北大

 研究チームの中心的役割を担う同研究所の藤田恭之教授は2009年、がん発生の超初期段階で、がん細胞が正常な細胞層に押し出されて死ぬ現象を突き止めた。ただ、詳しい仕組みは分かっていなかった。

 藤田教授によると、排除されるがん細胞の中では特定の酵素が増加し、糖を分解して細胞を働かせるエネルギーを生み出す「ミトコンドリア」の働きが低下。これに代わって、細胞質では糖を素早く分解する動きが活発化することを確認した。
.
北海道新聞
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

患者を繋ぐRelay for Life

閲覧は動画の真ん中をクリック




末期がん克服の体験談

gan


↑↑クリック↑↑
国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
ガン完全克服掲示板
ガン完全克服チャット
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ