ガン完全克服マニュアル

当ブログはガンを克服するための最新治療法を全て掲載しています。
ガンの部位別に適した治療法のわかる国内最大級の完全データベースです。

2009年1月28日より、新しく掲示板と、病院評価ランキングを追加しました。 どんどん活用して下さい。


癌部位別検索
■脳腫瘍            ■胃癌             ■膀胱癌

■食道癌            ■小腸癌            ■腎臓癌 

■咽頭癌            ■直腸癌            ■リンパ腫     

■喉頭癌            ■大腸癌            ■メラノーマ

■舌癌              ■十二指腸癌         ■白血病       

■耳下腺癌           ■結腸癌            ■脂肪肉腫

■甲状腺癌           ■肝臓癌            ■骨腫瘍     

■肺癌              ■胆管癌 

■胸膜中皮腫         ■膵臓癌

■小細胞肺癌         ■卵巣癌

■扁平上皮癌         ■子宮体癌

■乳癌              ■子宮頸癌

■炎症性乳癌         ■前立腺癌

 

 

癌治療法検索

■凍結療法           ■WT-1療法            ■アバスチン 

■ラジオ波            ■HF10ヘルペス療法       ■サリドマイド

■ハイパーサーミア      ■アデノウイルスベクター

                    ■テロメライシン          その他治療法

                    ■Gendicine            ■フコイダン療法

特殊抗がん剤治療法     ■Rexin-G             ■アロマターゼ阻害剤

■カフェイン併用化学療法  ■Advexin             ■イルソグラジン 

■血管内治療                                ■シメチジン

■クロノテラピー                              ■COX2-阻害剤

                                         ■マクロライド療法 

                   放射線治療             ■ゾメタ

免疫療法             ■重粒子線              ■骨セメント療法          

■NKT免疫細胞療法     ■陽子線

■樹状細胞療法        ■4次元照射            癌の疼痛対策

■丸山ワクチン          ■ノバリス              ■神経ブロック        

■蓮見ワクチン                             ■オピオイドローテ

■BCG療法

日本生化学大会で発表された新しい癌治療法SOLWEED

↓最近話題の全ての癌に対して効果のある新しい治療法は下をクリック↓
フコキサンチン
↑多くの方がガンを克服したと話題の抗癌成分です↑

2017年05月26日 (20:38)

がん治療と仕事の両立へ 国立がん研究センターがアプリ調査開始

 がんと診断された患者の治療と仕事の両立が進むなか、国立がん研究センター(東京)は26日、患者の仕事の生産性や生活の質を評価し、治療や働き方の改善につなげる調査研究を始めた。iPhone(アイフォーン)向けアプリ「がんコル(QOL)」を使い、患者に体調や仕事についての質問に回答してもらい、生活の状態を把握。1年後を目標に、中間まとめを発表する。

 がんの治療は患者によって異なり、生活に与える影響も個人差が大きい。研究は、少なくとも400~600人の患者にがんの種類、手術や抗がん剤、放射線といった治療内容を選んでもらい、患者の生活に治療が与える影響を調べる。研究結果は自宅での副作用管理や、職場での配慮の仕方を検討する材料として役立ててもらう。

 比較する対象として健康な人のデータも集めるが、特に働きながらがんの治療をしている患者の協力を求める。アップル社が運営するiPhoneアプリ提供サービス「App Store」から「がんコル」をダウンロードして利用を開始することで、調査対象となる。

 がんセンター中央病院肝胆膵内科の近藤俊輔医師は「臨床現場では抗がん剤が効いたかどうかは見るが、家での様子や労働状況は見ていない。治療が患者を幸せにしているかを図る指標となるようにしたい」と話している。

2017年05月26日 (20:11)

「がん征圧」ポスター 沖縄県立芸大・勝森さん全国最優秀 ドキッとシンプルに検診呼び掛け

 がん検診の受診を呼び掛ける「第5回がん征圧ポスターデザインコンテスト」(日本対がん協会主催)で、県立芸術大学3年の勝森彩香さん(21)=那覇市、大阪市出身=の作品が最優秀賞に輝いた。タイトルは「この人は嘘(うそ)をついています」。ドキッとするような言葉とシンプルな構図で、審査員の心をわしづかみにした。県関係者の最優秀賞受賞は初めてという。

 作品では「自分のことは自分が一番分かってるから」と話す角刈りの男性に対し、「この人は嘘をついています」と一刀両断。勝森さんは「検診に行かない頑固な人が言いそうなせりふを考えた」と話す。

 日本対がん協会によると、全国の学生53人から計65作品の応募があった。

 朗報に勝森さんは「作品を見て『自分も検診に行かなきゃやばい』と思ってくれたら成功」と話した。作品はポスターとして約5万部製作され、9月から全国の自治体や病院などで張り出される。コンテストでは、那覇情報システム専門学校2年の赤嶺嘉朗太さんの作品も優秀賞に選ばれた。
琉球新報社

2017年05月26日 (19:55)

「がん患者は働かなくていい」三原じゅん子氏にヤジ

 受動喫煙防止対策をめぐり、厚労省案と自民党の対案について議論が行われた今月15日の自民党厚生労働部会で、がん患者の立場を考慮した対策を求めた三原じゅん子参院議員に対し、「(がん患者は)働かなくていい」という趣旨のやじが飛んでいたことが、21日までに分かった。

 三原氏は、子宮頸(けい)がんの経験を持つ。関係者によると、このやじを飛ばしたのは、過去にもやじや失言が取りざたされた男性議員だという。

 この日の部会は、報道陣に非公開で行われた。

 出席者によると、三原氏は部会で、がん患者の就労支援の重要性や、がん患者が望まない受動喫煙への配慮を訴えた。男性議員のやじが飛んだのは、この直後だったという。

 三原氏は部会後、自身のブログに「怒り!」と題した文章を掲載。「様々な意見があって当たり前です」とした上で、「何を言ってもいいということとは違います」「残念ながらあまりにも心ないやじに、私は心底怒りで震えました」と、怒りの思いをつづった。

 三原氏は「皆様のいのちを守る、健康を守るために受動喫煙防止対策法は厳しくすべきと思う」と、自身の立場を表明。がん患者の就労環境にも触れ、「就労を続けることや新たに働く場を見つけるのも困難な場合もあります」「好きなところで働くという選択が許されないほど現実は厳しい」と指摘。「やっと見つけた職場が喫煙可で煙モクモクの中ではたまったものではありません」とも述べている。

 政府は、病気の治療と仕事を両立できる環境の実現を目指している。昨年成立した改正がん対策基本法も、患者が仕事を続けられるよう企業に配慮を求めている。今回のやじは、政府の方針にも逆行する内容だ。

 一連の流れを受けて、全国がん患者団体連合会も18日付で、「がん患者の尊厳を否定しかねない」とする抗議文を発表した。

 15日の部会では、屋内は原則禁煙とする厚労省案と、表示をすれば喫煙を認める自民党の対案をめぐり、議論が対立。2020年には東京五輪・パラリンピックが行われるが、08年の北京五輪以降、五輪開催国の飲食店は屋内禁煙に規制されており、厚労省案はこの流れに沿ったものだ。

 ただ、自民党内には厚労省案への反対も根強く、対案も、厚労省案から後退する内容だ。塩崎恭久厚労相は16日、「今の案のままというわけにはいかないだろう」と述べ、厚労省案の緩和を示唆したが、今回の心ないやじ問題は、議論の行方にも影響しそうだ。

2017年05月26日 (19:10)

市川海老蔵、支える側の決意「そこには常に愛がある」

がんのため闘病中のアナウンサー小林麻央(34)の夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が26日にブログを更新、病と戦う家族を支える側としての思いをつづった。

海老蔵はこの日、麻央の姉・小林麻耶(37)がブログにつづった「たくさんの人に支えられて前に進むことが出来ています。私も助ける側にまわれるよう、強くなります。優しくなります」という言葉にブログで反応。「マヤちゃんのブログにもありましたが、支える側としては支える側はより元気に強靭になり支えなければならない! という私の考えです」(原文ママ)と胸中を告白した。
.

 ここ数日、食事を摂るのにも苦労する麻央のためスープ作りを始めたり、飲み込めない錠剤を肩があがらなくなるまでくだいてあげたりと、看病の様子を報告している海老蔵だが、その語り口調は明るく、「元気無くなるわけにはいかないし落ち込む暇もない、前向きに何事も取り組むことを日々学ばさせていただいております。日々に感謝」と理由を説明。妻に向けるように「そしてそこには常に愛がある」と締めくくっている。
.

 麻央は昨年6月に乳がんを公表。その後、肺や骨などにがんが転移していること、ステージ4の状況であることなどを発表した。公表時点では通院治療ができるまでになっていたが、昨年12月に再び入院。今年の1月末に退院したが、4月に再び短期間入院。先日のブログで海老蔵は「日々の愛するものへの心配や不安でどうやら呼吸できてなかった、、無酸素状態が多く過ごしていたようです…よって身体が疲れていたみたい」と明かしていた。(西村重人)

2017年05月25日 (14:56)

(朝鮮日報日本語版) キム・ウビンが「鼻咽頭ガン」 現在は治療を優先


俳優キム・ウビンが、ガンのため化学療法と放射線治療を受けている。

 所属事務所サイダスHQが24日、公式資料を発表して「キム・ウビンは最近、いくつかのスケジュールをキャンセルしたが、実は少し前に異常な兆候を感じて病院に行ったところ、鼻咽頭ガンと診断された」と伝えた。

【写真】りりしいキム・ウビン=釜山映画祭

 さらに「幸いにも手遅れではない状態だったので、現在は化学療法と放射線治療を始めている。治療への専念を優先して、再び健康な姿で戻ってくる予定なので、早く治ることを祈っていただけるよう希望する」と伝えた。
.

 キム・ウビンが治療を受けている「鼻咽頭ガン」とは、頭や首の辺りに位置し、息をするときには空気の通り道になり、食事のときは口から食道へと至る通り道になる部分の粘膜にできた悪性の腫瘍のこと。

 鼻咽頭ガンは、患部が奥深くにあって構造が複雑で、手術自体が容易ではない部類に属するため、手術よりも放射線治療が優先されており、早期発見がきわめて重要なガンだ。

2017年05月25日 (14:41)

小林麻央さん、父の愛情感じたお干菓子差し入れ

歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が24日、この日2度目のブログ更新で父が見舞いに訪れたことを報告した。
麻央さんは、鮮やかな干菓子の写真を掲載し「なぜこんなに色鮮やかなお干菓子を選んだのだろうと珍しすぎて、考えてしまいました。きっと食べられないかもしれないし、見るだけでも明るい気持ちになって欲しかったのかな」と父の思いを想像した。

 さらに「それとも、色鮮やかな七五三やお雛まつり、父にとって一緒に遊んでた小さい頃の私を思い出して買ったのかな…。そんなことをあれこれ思っていたら、父の愛情を感じました。勝手な想像ですが」とつづった。

 そして「小さい頃から私と父は、仲が良かったけれど、病気になってから、父が、時々するどうしていいかわからなそうな態度に、気付けなかった深い愛情を感じます」と記していた。

2017年05月25日 (14:22)

小林麻央、「寝落ち」でブログ更新できず 「眠くて 眠くて」の理由

乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が強い眠気のせいで、いわゆる「寝落ち」をしてしまい、前日はブログ更新ができなかったと明かした。

 2017年5月24日昼、麻央さんは「眠たい」と題してブログを更新。前回更新は22日夕で、23日も更新するつもりだったが、眠気が邪魔をしたようだ。

■「定時に貼る痛みどめテープ」を増やす

 24日のブログによると、麻央さんは前日から「定時に貼る痛みどめテープ」を増やした。その影響で

  「眠くて 眠くて」

という状態になり、前日23日はブログが更新できなかった、と説明した。

 勿論、ブログ更新は毎日行っているわけではなく、最近では、5月19、20日にも更新を休んでいる。ただ、23日は更新するつもりはあり、ある程度は文書を書いていたようだが、

  「最後の公開ボタンに行き着く前に/寝てしまうという…」

との状態だったことを報告。いわゆる「寝落ち」をしてしまった、というわけだ。

 ブログの最後は、慣れてくれば「徐々に眠さも落ちついてくるそうです」と締めくくっている。

 麻央さんの直近更新(22日夕)のブログによると、麻央さんは、酸素吸入器の装着感をよくするため、「鼻の中にワセリン」を塗った。また、夫の歌舞伎俳優、市川海老蔵さん(39)は22日夜更新のブログで、麻央さんの名前は出していないものの、錠剤の薬を「飲み込めないらしく、粉々に」砕いた写真を載せていた。

2017年05月25日 (14:02)

闘病中の小林麻央、薬を変えて「便秘が減りました」

乳がん闘病中の小林麻央(34)が、薬を変えてからの体調の変化を明かした。

 麻央は24日にブログを更新し、「痛みどめの定時の貼り薬、飲み薬から変えて、便秘が減りました!」と報告。その一方で眠気を強く感じるようになったと明かしたが、同時に「人によって、薬は合う合わない、効き目が強い弱い、作用の出方、違います。眠気に慣れない方もいると思います。なので、私が経験していることが、皆さんにも当てはまるということは全くありません」と注意を促した。
自身もかつては他人の薬の効果などが自分に当てはまらないことに「同じ苦しみと闘う癌患者なのに、羨ましく思ってしまったり、逆に申し訳なく感じてしまった」という。そうした経験を経て「自分は、自分だけの性格の癌と闘わなければならない。そう思って、私はいつもいます。本当に自分の身体はオリジナル」との思いをつづった。

2017年05月25日 (13:56)

女優シン・ミナ、恋人キム・ウビンのがん公表に「治療をきちんと受けられるよう手助けしている」

韓国俳優キム・ウビン(27)が鼻咽頭がんと診断され、治療中であることが公表された。そんな中、恋人で女優のシン・ミナ(33)は所属事務所を通して「治療をきちんと受けられるよう手助けしている」との立場を示した。
去る24日、キム・ウビンの所属事務所サイダスHQは「キム・ウビンは先ごろ、複数のスケジュールを消化する中で、健康異常を感じて病院へ行ったところ、鼻咽頭がんと診断された」と伝えた。加えて「幸いにも初期段階で治療を始めることができ、これにより現在は薬物治療と放射線治療を始めた。治療に専念し、再び元気な姿でお会いする予定だ」と説明した。

 キム・ウビンの鼻咽頭がんのニュースにネットユーザーらは残念な思いを隠せずにいる。「はやく完治し、作品に戻ってくることを願う」、「がんばって」、「かっこいい姿で戻ってきて」など応援の声が寄せられた。

2017年05月25日 (13:31)

難病ALSのiPS研究 抑制可能な抗がん剤発見

体の筋肉が動かなくなる難病、ALS=筋萎縮性側索硬化症の進行を既存の抗がん剤で食い止められる可能性のあることを京都大学の研究チームが発見しました。

 京大iPS細胞研究所の井上治久教授らの研究チームは、運動神経に異常が起きて体の筋肉が減り、動けなくなる難病ALSの進行を抗がん剤の「ボスチニブ」が食い止めるのに有効であることを突き止めたということです。井上教授らによりますと、ALS患者のiPS細胞から作った神経細胞に既存の薬剤など約1400種を投与した結果、この「ボスチニブ」で進行を遅らせる効果を確認できたといいます。

 「白血病の抗がん剤ですし、安全性等もどれくらいの濃度が脳に到達するのに必要か、現段階でわかりませんので研究が今後とも必要」(京都大学iPS細胞研究所 井上治久教授)

 井上教授は10年以内に実用化を目指したいとしています。
毎日放送
トップページ

トップページに戻る

↑↑↑癌に関する新しいニュース記事はこちらのページから見れます。(毎日更新)

ブログ検索
調べたい「単語」を
入力して下さい
最新の記事
各種ニュース

カテゴリー
相互リンク
お問い合わせ
相互リンク、各種広告依頼に関するメールは【こちら】から
※エビデンスの無い治療法は掲載できません


運営元
シンシアnet
厚生労働省への声

日本の医療を変えるのは、あなたです

厚生労働省への要望は【こちら】から

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ

Appendix


ご挨拶

当サイトは、癌治療に関するあらゆる情報を完全にデータベース化しております。
基本的に毎日更新しておりますので、ページ左の「トップページに戻る」をクリックして下さい。

また運営維持費として、随時広告を募集しております。
免疫食品などの広告であれば、医学博士、研究機関などの各種論文、試験結果などの提出をお願いしております。
こちらで根拠などを総合的に判断しての掲載となりますので、ご理解お願い致します。

末期がん克服の体験談

gan


↑↑上のバナーをクリック↑↑
末期がん克服者の声を多数掲載!!国内最大のe-bookランキング1位!!


当ブログに掲載されたノウハウだけでなく、西洋医学、遺伝子療法、東洋医学、民間療法などを全て含めた治療で癌を克服された方の専用ページ
RSSフィード
アクセスランキング
当ブログにアクセスを送って頂ければ
自動でランキングに反映されます。

ブログパーツ